□事例:攻めのリスクマネジメントを考える

一部上場企業である製造業A社のリスク担当部署に、Bさんはこの4月に着任しました。

A社ではこれまでリスク担当部署が中心となり、内部統制やコンプライアンス体制の整備、BCP(事業継続計画)の策定などを行ってきました。

近年A社では、社長が「攻めのリスクマネジメント」ということを言っています。というのも、東京証券取引所が規定した「コーポレートガバナンスコード」によって、上場企業の取締役会などの責務として「経営陣幹部による適切なリスクテイクを支える環境整備を行うこと」が決められたため、社長が口にするようになったということでした。コーポレートガバナンスコードは、持続的成長と中長期的な企業価値の向上のための自律的な向上を行うことを企図して策定され、各企業は、中長期的・継続的にコーポレートガバナンスの改善および最適化を図らなければならないとされているものです。

Bさんは「利益を上げて成長するためには、一定のリスクをテイクしなければならない一方、そのテイクしたリスクを適切に管理しなければ予期せぬ損失を招き、企業価値が毀損してしまうから、そのためにリスクマネジメントをしっかり行う必要がある」ということは理解していますが、実際にどうしていいかいまひとつ分かりません。

そんな時、部署の先輩から「これを読んで勉強しておくように」と渡されたのが「グローバルリスク報告書」でした。Bさんはその中のあるページに目が釘付けになりました。それは「グローバルリスクの展望の変遷」というページで、そこには「発生の可能性が高いグローバルリスクの上位5位」と「影響が大きいグローバルリスクの上位5位」が過去10年分並べられて記載されていました。その中の「発生確率が高いリスク」2011年~2013年に予測されていたものが、近年世界的に問題となっているように思えたのです(図1)。

写真を拡大 【図1 発生の可能性が高いグローバルリスクの上位5位:グローバルリスク報告書2019年版】

 

ちなみに、2018年と2019年では以下のようになっています(図2)

写真を拡大 【図2 発生の可能性が高いグローバルリスクの上位5位:グローバルリスク報告書2019年版】

Bさんは、「ここにあるリスクに対して何らかのマネジメントを行うことが、わが社のリスクテイクの判断につながるのではないか?」と思っています。

□解説:戦略的リスクマネジメントのポイント

毎年1月にスイスのダボスで「世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)」が開催されます。ダボス会議は、全世界から政治やビジネスのリーダーが集結し、世界・地域・産業の問題を提起し、世界情勢の改善に取り組むことを目的にしていますが、ここで2005年からリスクの専門家たちが「その年から10年間に顕在化が懸念されるリスク」をまとめたグローバルリスク報告書が提出されるようになりました。Bさんが感じたように、過去に報告されたリスクは、これまで高い確率で顕在化していると言わざるを得ない状況にあり、毎年発表される報告書は、日本企業でも重要な情報として認識する必要があります。

不確実性のリスクは、企業の経営戦略、中長期計画や新規プロジェクト、企業の買収、市場開拓など、企業の未来に関係するリスクが対象となります。「戦略的リスクマネジメント」とも言われ、その概念は「企業の経営判断にリスクマネジメントをフルに活用し、企業価値を創造する」というものです。そのためには、情報収集およびその情報を基に世界情勢や社会環境の変化を読み、常に対応準備を行う必要があるのです。

労働者の低賃金だけを目的に海外に工場を建設し、製造部門を全て海外に移転。それにより長年培った技術力やノウハウが流出してしまい、海外企業との価格競争に巻き込まれた結果、世界の市場を奪われてしまった某製造業の例など、これまでの日本企業では戦略的リスクマネジメントを活用しなかったために多大な損失に発展したケースが後を絶ちませんでした。

□対策:アペタイト、リミット、プロファイルを理解する

「リスクテイク」とは、リスクマネジメントプロセスの一環として単にリスクを低減するだけでなく、リスクを理解し、事業の進展のために必要な場合には「適切に保有する」ことを言います。では「リスクを適切に保有する」ために何を行えばいいのでしょうか?

「リスクアペタイト」という言葉があります。これは「組織の目的や事業計画を達成するために、進んで受け入れるリスクの種類・量」を指します。同時に「リスクリミット…許容できる最大リスクの量(「リスクキャパシティ」とも言う)」と「リスクプロファイル…現時点で保有しているリスクの種類・量」という言葉があります。適切なリスクテイクのためにはこの3つの言葉を理解し、上手に活用することが重要になります。

① リスクリミットは「許容できる最大リスクの量」ですから、通常、リスクアペタイトやリスクプロファイルより小さくなることはありません。もしリスクプロファイルがリスクリミットを超えていたら大問題です。

② リスクアペタイトとリスクプロファイルの大きさを比較してみます。もし、リスクプロファイルよりリスクアペタイトの面積が小さければ、受け入れるリスクの種類・量<保有しているリスクの種類・量となるので、「リスクの低減」が必要になります。

③ リスクプロファイルよりリスクアペタイトの面積が大きい場合には、受け入れるリスクの種類・量>保有リスクの種類・量となるので「さらなるリスクテイクの余地あり」という判断になります(図3)。

写真を拡大 リスクアペタイト・リスクリミット・リスクプロファイルの関係図

 

適切なリスクテイクのためには、自社のリスクアペタイト、リスクリミット、リスクプロファイルがどのような状況にあるのかを理解することから始めてみるのも一考です。
また、積極的にリスクテイクするためには、リスクアペタイト>リスクプロファイルが必須になりますので、リスクプロファイルを小さくする活動(いわゆる「守りのリスクマネジメント」)が重要になるのは言うまでもありません。

今回のリスク:主に経営層・管理職が注意すべき戦略リスク

 

 

(了)