福祉避難所を示す案内

前回に続き、2019年7月24日に行われた東京都立矢口特別支援学校の「福祉避難所開設訓練」について報告します。

特別支援学校での福祉避難所開設訓練
https://www.risktaisaku.com/articles/-/18782

この訓練には、一般社団法人福祉防災コミュニティ協会のメンバーも見学に参加しました。その中から重要なコメントを紹介します。

(1)良かった点
・教室の引き戸の溝に車椅子が引っかからないように養生テープを貼って段差を無くしたり、引き戸が動かないように養生テープで留めるなど、これまでの経験が活かされていた。
・コーンなどで導線をうまく作っていた。

(2)課題
<受付>
・受付の机はもう少し増やして複数で対応できるようにしたらよい(人員的に難しいのだろうか)。
・受付で、聞き取りをしたり、情報提供があったときに書き留めた紙をまとめて入れるボックスがあればよかった。
<情報関連>
・室内で指示する際にハンドマイクを使用していたが、後ろの方は声が割れていて聞きにくかった。また早口だと聞きとりにくいことがあるので、ゆっくり話すように気を付けていただけるといい。
・本部などから指示があるときは、全員で静かにすることを徹底しないと、指示を聞きもらす可能性が高い。
・無線だけで情報共有したりするのは限界がありそうだと感じた。
<トイレ>
・テント式のトイレは女性用のみで、男性は簡易トイレとマンホールトイレを使うとのことだったが、福祉避難所を利用する人たちが利用できるか不安を感じた。
<部屋>
・発達障がいの方の避難部屋が、戸棚やキャビネットで囲われていたが、余震等で倒れそうで心配だった。
・福祉避難所となる部屋では、ビールケースと板を使ったベッドの準備が行われたが、ここに寝たり座ったりするのは痛いので、段ボールベッドの導入を検討してはどうか。
・福祉避難所の他の部屋は、白いパーテーションで区切り、床に段ボールを2枚引いてあったが、教室には普段使っていると思われるマットがあったので、それを活用する方がいいのではないか。
・視覚障がい者を受け入れる部屋も、白いパーテーションで区切られていたが、軽いものなので一人で動くときに危ないと感じた。本当にパーテーションが必要か検討をしてはどうか。

(3)今後の訓練に向けての提案

福祉避難所開設のため養生テープを段差に貼る

・大災害時には、在校する大勢の児童・生徒に加え、帰宅困難者、一般避難者、要配慮者などが殺到する。福祉避難所の開設においては、発災直後の混乱をどう収めるかが最大の懸念材料なので、混乱状況を想定しての訓練を検討してはどうだろうか。
・「発災後3日目に大田区から福祉避難所の確認連絡」が入る想定となっている。しかし、熊本地震の益城町の障がい者支援施設では、町からの開設要請は入らず、避難者約100人が駐車場に押し寄せ、1週間以上も食事を提供し続けた例がある。そこで、発災後、区から連絡がない状況下で、帰宅困難者、一般避難者、要配慮者などが押し寄せてきたら、どのように対処するかを決めておくことが重要である。
・「震度6弱で校舎に大きな被害無し」と想定されている。しかし、首都直下地震の被害想定では、都区部はおおむね震度6強以上で、何らかの被害が発生してもおかしくない。その意味で、被害で使えない建物や部屋を想定して、建物点検、施設利用の見直し協議などの活動を入れてはどうだろうか。
・以上のような、発災直後の混乱、建物・室内などの被害などを想定すると、あちこちに想定外の事案(要員・情報・空間・物資などの対応資源の不足)が発生する。このとき、その情報受発信・分析・方針・指示出しなどにおける本部の統率力や現場の判断・対応力が重要になる。こうした本部・現場の情報訓練を訓練メニューに盛り込んではどうだろうか。
・大田区の福祉担当部局や地域のサポート隊、社協などからのボランティア、協力いただけそうな企業などとも連携し、より実践的な訓練を目指してはどうか。
(4)福祉避難所開設の準備
「福祉避難所利用計画書」を作成してはどうか。例えば、次のような項目である。
・避難者用の受付場所・滞在場所、帰宅支援ステーション利用者用の受付場所・待機場所
・相談室、医療救護室、けが人の休養場所
・感染症患者のスペース(必要に応じて)
・汚物集積所
・給水場所、物資配給場所、炊き出し場所、救援物資搬入場所
・一般避難者向けスペース(椅子席など)
・トイレ掃除、ごみの分別・回収のルール
・特設公衆電話の使用時間とルール
・ペットの飼育のルール
・食料配給時のルール
・相談室の場所と開設時間

なお、実際の福祉避難所の開設・運営では、細かい課題が数多く発生します。このとき、ルールに固執することなく、その時々の状況に応じて柔軟に対応することが大切。矢口特別支援学校の福祉避難所開設訓練は、多くの教職員、地域住民、行政が参加した模範となる訓練であり、来年度の取り組みが今から楽しみです。

(了)