手足口病にかかった子どもの口の周り

はじめに

手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱(プール熱)は毎年夏に流行する、小児が多くかかるウイルスが原因の感染症です。今回は、この中の手足口病とヘルパンギーナを取り上げます。

I.手足口病

手足口病は例年夏にはやる感染症ですが、今年は5月の連休明けあたりから少しずつ増え、2019年8月6日には1週間の患者数が4万人を超えるという、過去10年で最多の報告数となりました。手足口病は、通常は重篤な疾患ではありませんが、まれに脳炎や髄膜炎になることがあります。原因はコクサッキーA6、コクサッキーA16、エンテロ71、エコーウイルスその他10数種のウイルスとされていますが、その年によって変わります。この疾患は90パーセントが小児に発症しますが、成人に発症することもあります。成人の方が症状が重いことが多いといわれています。

1. 手足口病の特徴

症状 
手足口病は、3〜5日間の潜伏期のあと、発熱、口腔粘膜、手(主に手のひら)、足底や足背などの四肢末梢に、直径2〜3ミリの小さな水疱(すいほう)性の発疹が出現します。発熱は38度程度が多いと言われています。ただし、原因となるウイルスによって症状は多少異なります。今年主に流行しているコクサッキーA6による手足口病では、水疱は少し大きく直径約5ミリ程度のものが多いとされています。また、水疱が生じる部位も四肢末梢に限らず、前腕、時に上腕、大腿からでん部、まれに体幹にもできることがあり、水痘と鑑別が必要なこともあります。ただし水痘のように痂皮(かひ)を形成することは普通はありません。まれにあっても点状の小痂皮(かさぶた)です。熱が39度以上になることもあります。さらにこのウイルスでは数週間してから、爪が脱落する場合があるという特徴があります。

また、エンテロ71による手足口病では、時に重篤な髄膜炎や脳炎の発症を見ることがあります。東南アジアでは多数の死亡例の報告がありますが、日本でも1997年に大阪でエンテロ71感染と関連が濃厚な小児の死亡例が3例報告されています。

感染経路、感染力
感染経路は飛沫感染、接触感染です。接触感染の一部として、便中に排泄されたウイルスが口から入る(糞口感染)もあります。感染力は比較的強いとされています。感染しても症状が出ない不顕性感染もあるといわれています。症状は1週間で治まりますが、排泄物の中に1カ月ぐらいウイルスが排出されるといわれています。

手足口病は、学校保健安全法において、「学校において予防すべき感染症」として個別に規定はされておらず、流行の阻止を目的とする登校(園)停止は有効性が低く、不顕性感染や症状がなくなってからのウイルス排出期間が長いことからも現実的ではないと考えられています。原因ウイルスがいくつもあるため、一生のうちに複数回かかる人もいます。

2.予防

感染経路には接触感染や糞口感染もあり、手洗いは予防として大切です。上述したように排泄物の中に1カ月ぐらいウイルスが排出されるといわれているので、おむつ替えのときやよだれにも注意が必要です。タオルの共有も感染のもとになるので気をつけなくてはなりません。ワクチンはありません。

3.感染した場合の対策・治療

特別な治療法はなく、まれに強いかゆみのあるときは発疹に対して抗ヒスタミ ン薬が含まれる軟膏などを使用する場合もありますが、通常外用薬は使用しません。口腔内病変は痛みを伴い、食事がとれなくなり、脱水を起こすことがありますので、刺激のない薄味の食べ物にし、水分が不足しないように注意する必要があります。特に乳幼児では脱水となり、点滴が必要になる場合があります。通常、発熱に対して解熱剤投与が必要になるようなことはそれほど多くはありません。発熱が続きはき気・嘔吐、頭痛が認められるときは髄膜炎や脳炎を疑う必要があります。

ヘルパンギーナは口の中に症状が出る(出典:Shutterstock)

II.ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナも手足口病と同じく、夏に主に小児の間ではやる感染症です。90パーセント以上は5歳以下の小児に発症しますが、大人もかかることがあり、大人の方が症状は強く出ることが多いと言われています。原因は主にエンテロウイルス属であるコクサッキーA群ウイルスです。

1.ヘルパンギーナの特徴

症状
2〜4日の潜伏期を経て突然高熱が出て、引き続いて咽頭痛があり、口腔内、とくに軟口蓋から口蓋弓の部分に周囲が赤く中央が水疱性の1~5ミリ程度の発疹が現れます。この小水疱はやがて破れ、痛みを伴います。疼痛(とうつう)のために哺乳や食事ができず、脱水になることがあるので注意が必要です。熱は2〜4日で下がります。高熱が出るため、解熱剤が必要なことがあります。合併症はまれですが、無菌性髄膜炎や急性心筋炎の報告があります。 

感染経路
飛沫感染の他に、水疱の内容物や便から排泄されたウイルスに接触することにより、感染します(接触感染、糞口感染)。

2.予防

手洗い、咳エチケットの順守が一番の予防です。口(呼吸器)から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排出されるので、よだれやおむつ替えのときにも注意が必要です。ワクチンはありません。

3.感染した場合の対策・治療

特別な治療薬はありません。口内炎の疼痛が強いときや高熱が出たときは解熱鎮痛剤を使用することもあります。口の痛みのため、飲食ができずに脱水となることがあるため、刺激のあるものは避けて、喉越しの良いものを摂取するようにします。

手足口病と同じく、ウイルスの排出は症状が治まってからも続くので、急性期のみの登校登園禁止が厳密な意味で流行の抑制にならないため、学校保健法による出席停止の扱いにはなっていません。欠席者が多くなり、授業に支障が出る場合などは、学校長が学校医と相談して第3種学校伝染病として扱いをすることもあるとされています。なお、第3種学校伝染病の出席停止については、「伝染の恐れがないと医師が認めるまで出席停止にすることもある。」ということにはなっています。

(了)