災害時の食事で一番困るのは幼児と高齢者です。阪神・淡路大震災では、乾パンが硬くてのどを通らないということで、高齢者は水に浸して食べました。熊本地震では幼児の離乳食がなかったため、栄養士さんが鍋に米の粉を入れ野菜ジュースで溶かして加熱し、流動食にして食べさせました。災害時は水と熱源がなく、肝心の食べ物が手に入りにくい状況になります。どうすればよいでしょうか? 皆さんご一緒に本気で考えましょう。

9月1日の防災の日は、皆さんどんな取り組みをしましたか? 私の住む兵庫県芦屋市では芦屋大学のキャンパスを借りて総合防災訓練が行われ、テーマ別に29のブースを作って市民と対話をしました。食の分野では、「災害食グランプリ」が防災安全協会の企画で行われ、多くの人でにぎわいました。

災害時に高齢者や乳幼児が食べられるもの

屋外テントも設置しました。ここは私の出番です。せっかくの機会なので、私は「『食』・水がない~配慮のいる乳幼児、高齢者への対応」というテーマでのワークショップを開催し、熱も水も使わないで離乳食、高齢者食を作る方法を提案しました。それは、市販の離乳食やおやつ類を備蓄しておき、いざ災害というときには水と熱を全く使わずに食品同士を組み合わせるやり方です。参加者に実際に作っていただく体験コーナーも設けました。

この体験コーナーでは、1)普通の大人向け、2)乳児向け、3)幼児と高齢者向け、の3つのジャンルを用意し、訪問客にはそれぞれに自作自演で挑んでもらいました。家族連れの場合、父親は1)へ、幼児と母親は2)へ、祖父母は3)へ、とそれぞれ分かれて位置についていただき、1回目が終わったら選手交代。災害時さながらの気迫を感じることができました。ここで基礎問題を会得して、応用問題は自宅で挑戦してほしいと考えています。災害は応用問題ですから……。災害食への関心の強さが伺われました。

流動食の作り方実験 

 

※赤枠は液体ミルク

では、読者の皆さんにも、基本編の作り方をご紹介しましょう。
まず、ドラッグストアで、幼児用の食べ物の中から“主食”になりそうなものを選びます。さらに、スーパーで子どもたちが普段食べているおやつも加え、合計13種類としました。これに2つの液体を室温で加えて流動食を創ります。1つは今年5月わが国で初めて発売された江崎グリコ(株)の液体ミルク商品名「赤ちゃんミルク」、2つ目は果汁です。
詳しい作り方は以下の通りです。(実験日:2019年8月11日 室温26℃、実験者:筆者、中学生、高校生3名)

1) 備蓄食品に赤ちゃんミルクを加えた場合
・食品を粉末にし、赤ちゃんミルクを注いで離乳食を作ります。

 

【作り方】
備蓄食4グラムをチャック付きビニール袋に入れ外からたたいて砕きます。手のひら、ジュースの缶の背中でこすってもいいです。粉状になったら容器に入れ、室温のまま赤ちゃんミルクを食品の重量の約6倍、25ミリリットル注ぎ、スプーンで混ぜ5分間待つと、なめらかな流動食に変身します。

13種類で試した結果、4つのタイプに分かれました。
1. 甘すぎるもの(ただしおやつにするなら適当)
2. 硬すぎて戻りにくく、時間がかかるもの(カップラーメン、ただし粉末にすれば早く戻る)
3. 粘り気が少ないもの(ボーロ、クッキーなど。ただし食品のグラム数を多くすれば適当)
4. 生でんぷんのため、加熱しないと食べられないもの※要注意(そうめん、うどん)
でした。

しかし、そうめん、うどんを除いた他の食品は全体的にミルクの味が引き立ちまったりしておいしい。最もおいしかったのは「ハイハイン」(亀田製菓)でした。味が控えめで味わい深く粘りも程よく、口当たりが滑らかで良好と評価されました。参考までに使った食品を表示しておきました。

和光堂の「米がゆ」はでんぷんをアルファ化(煮えた状態)した後、粉末にしてあるので、室温の液体で溶かすことは問題ないとのことです(お客様相談室からの回答、2019年9月5日、奥田)。

2) 備蓄食品に市販100%果汁缶を加えた場合
・上記と同様の食品に、果汁グレープフルーツジュース(神戸居留地)を注ぎ入れて離乳食を作ります。

 

※赤枠はグレープフルーツジュース

【作り方】
備蓄食にグレープフルーツジュース25ミリリットルを加え、5分間放置した後試食しました。ジュースの味が前面に出ていたので、各自の好みのジュースを選ぶことをおすすめします。

結果は1)と同様でした。特にハイハイン、亀田製菓が優しい味で粘りも程よく、離乳食に最適でした。

以上、離乳食について述べましたが、高齢者についても同様に考えることができます。今回試した食品のほとんどは高齢者用ではなく幼児用ですが、高齢者にそのまま流用できることが分かりました。例えばハイハインを上記のように流動食にすれば、えんげ(嚥下)困難な高齢者、食べ物がのどにつかえて飲み込みにくい高齢者、災害時の混乱で入れ歯を見失った高齢者にふさわしい食べ物です。サジですくって舌に乗せるとそのまま飲みこむことができ安心安全な食事に早変わりします。

大人向け、乳幼児向け、高齢者向けの食事体験

さて、当日の体験コーナーでは、3つの場面を行いました。

【普通の大人向け】

 

アルファ化米(アルファ食品)五目飯のパックを各自1つずつもらい、パックを開け野菜ジュースを注ぎ入れ、サジで撹拌(かくはん)し、チャックを閉めて60分置いておく。各自試食して、残りは持ち帰りました。
・材料:アルファ化米(アルファ食品)100グラム 
・加える飲料:野菜ジュース(カゴメ)190グラム
・時間:60分以上

【乳幼児向け】

 

1. 液体ミルクを各自試飲する。
2. ビスコを袋に入れて砕き、液体ミルクを入れ混ぜて流動食を作り、試食する。
・材料:ビスコ(グリコ)1枚 ※小麦アレルギーの場合、米粉クッキー(尾西食品)1枚の半分(4グラム)
・加える飲料:赤ちゃんミルク(グリコ)25ミリリットル
・時間:3分

【高齢者向け】

 

ハイハイン(亀田製菓)を袋に入れ、砕いて粉末にする。容器に入れて自分の好みの飲み物を注ぎ、サジで混ぜて流動食を作り、試食する。
・材料:ハイハイン(亀田製菓)2枚
・加える飲料:4種ジュース(オレンジ パイナップル、りんご、グレープフルーツ)の中から1つを各自選択 25ミリリットル
・時間:3分

訪問客は皆さん、「おいしかった」と満足そうに話していました。

芦屋大学で開かれたこのイベントには全体で約500人、そのうち、このワークショップ・体験コーナーに参加してくださったのは約250人で、子連れや高齢のご夫婦の方もいらっしゃいました。参加者同士の対話も生まれ、皆さまには目新しい貴重な体験になったと思われます。

災害時は水がない、硬い食べ物は受け入れられないなど困難な状況に直面します。身近な市販品を使って液体ミルクや好みの飲み物を注いで流動食を作る工夫をしてみてはいかがでしょうか。

(了)