近年、世界的に大規模な洪水や地震、竜巻などが連続して発生し、人間はもちろんペットや家畜、野生動物、動物園の管理動物なども被災。それらの動物の救助対応を消防が中心となって行っています。

大規模災害時でなくても、例えば高速道路で馬を輸送中のトラックが横転してハンドラーであるドライバーが意識不明の場合などでは、現場に駆けつけた消防士や道路公団職員が複数の馬、豚、牛が高速道路上で逸走しないように、さらに走行中の車と衝突して大事故にならないように、2次災害を予防する必要があると思います。

今回は、ペットよりも大きな動物たちのレスキュー方法をご紹介いたします。

転倒した馬のコントロールの方法

次の動画では、馬の頸椎(けいつい)部分を膝で体重をかけて押さえて頭突きされないようにするほか、救助者は胸を張った状態でマズル(口輪)を片手で押さえることなど、まずは救助者の身の安全を教えています。とてもわかりやすいですよね。


「Managing the head of a prone horse」(出典:Youtube)

現在イギリス消防長会では、本格的な消防士のためのアニマルレスキュートレーニングプログラムの会合が開かれています。この場合のアニマルとは、犬や猫に限らず、馬や牛、羊や山羊などの家畜、そして動物園で管理されている動物が逸走して事故に遭ったり、または、土砂に埋まったり洪水で流された場合のレスキューなども含まれています。

■アニマルレスキューのトレーニング概要
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/86277/Appendix_F_Animal_Rescue_Practitioners_Forum_leaflet.pdf

現時点で決まっているトレーニングコースは下記の3つです。

AR1  - アニマルレスキュー1
救助者として、アニマルレスキュー事件へ出動し、現場対応するかもしれない消防士や獣医に適した内容。

AR2  - アニマルレスキューレスポンダー
動物の救助を行うことが期待されるチームの一員になるためのものであり、技術だけでなく、さまざまな動物の取り扱いを教えます。

AR3  - アニマルレスキューインストラクター/スペシャリスト
クレーンやリフト、他機関との合同レスキューを行うなど、高度な動物の救助の技術を教えているコース。


上記は日本の消防士も受けることができますので、もし、管轄内に牧場や家畜関係の施設がある場合は、役に立つと思います。

災害現場でどうやって動物たちをコントロールするのか?

下記の4つのビデオは、災害現場でどうやって動物たちをコントロールし、消防士たちも安全に活動できるかを紹介しているビデオです。かなり長いですが、とても参考になると思います。


「Livestock Emergency Response- Part One: Handling」(出典:Youtube)


「Livestock Emergency Response- Part Two: Loose Livestock‬‬」(出典:Youtube)


Livestock Emergency Response- Part Three: Responding to Accidents(出典:Youtube)


Livestock Emergency Response- Part Four: Scene Security(出典:Youtube)

ビデオにもあるように、基本的に意識不明の馬を移動させる方法は下記の通りです。幅5〜10cm、長さ10m〜20mほどの繊維スリングを使うことが多いようです。なお、引っ張る人数は最低でも6名から10名は必要だと紹介されています。

■後方に引っ張るときのスリングのかけ方(布などで目を守ること)↓

■前方に引っ張るときのスリングのかけ方(布などで目を守ること)↓

■浮かして引っ張るときのスリングのかけ方(布などで目を守ること)↓

■横に引っ張るときのスリングのかけ方(布などで目を守ること)↓
※前足、後ろ足の付け根に均等に引っかけること

 

大型動物の救助活動中に気をつけなければならないこと

馬や牛などの大型動物の救助活動中に気をつけなければならないことは、次の7つです。

1、    蹴られないこと(横たわっていても蹴られることがあります)
2、    下敷きにならないこと
3、    頭突きされないように気をつけること
4、    しっぽではたかれないこと
5、    かみつかれないこと
6、    設定したロープや機材が外れて飛んできてもよけられる位置にいること
7、    被災動物の仲間や母馬などからの攻撃を避けること


アニマルレスキューでもICS(インシデント・コマンド・システム)を用いることで、現場活動がスムーズに行き、また、安全管理も徹底されます。

下記のイラストは、馬に限らず、基本的なアニマルレスキューのフォーメーションです。

 
 

また、大きな声や機械音などで被災動物を緊張させたり、暴れさせないことも重要なポイントです。

いかがでしたか?

今回は、ペットから大きく外れて、家畜レスキューになってしまいましたが、事前に知っておくことで、これからも起こり続ける災害に安全、かつ、適切に対応し、人間はもちろん、動物たちも救助していただきたいという思いから、書かせていただきました。

今年3月22日、愛知県瀬戸市の乗馬クラブからシマウマが脱走し、最終的には麻酔が効いた状態で池に入ってしまい、溺れて死んでしまいましたが、もし、事前に関係者がアニマルレスキューの計画や訓練など、本気で実践的な方法で行っていれば、確実に助けられたと思います。

もちろん、シマウマの捕獲作戦に参加された獣医や警察官の方々もシマウマの死によって、心苦しい思いをされていると思いますが、このシマウマの死を無駄にしないためにも、その場の対応ではなく、すでに海外に存在する理にかなった訓練を受けて、助かる命を助けるための技術を身に付けていただきたいと心から思います。

■投げ縄の仕方と練習方法:

「How to Throw a Rope, Lasso‬‪‬ Roping‬」(出典:Youtube)

■マズルの結び方:

「Emergency Quick Release Halter」(出典:Youtube)

もし、大型動物の救助訓練などを受けてみられたい方はいつでもお気軽にご連絡ください。事前コーディネートおよび現地通訳もいたします。

(了)



ここにご紹介したコンテンツは、私がインストラクターとして所属している2つの団体、アメリカ最大のペット救急法指導団体であるPetTechのThe PetSaver™ Program、そして、消防士のためのペット救急法指導団体、BART(Basic Animal Rescue Training)ら出典しています。

PetTech
http://www.pettech.net/

BART(Basic Animal Rescue Training)
http://basicanimalrescuetraining.org/

BARTのブログで紹介されました。
http://goo.gl/ZoJoX6

ペットセーバー:
http://petsaver.jp

(了)