国立研究開発法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市)は、耐災害ICT研究センターとユニバーサルコミュニケーション研究所で開発している災害状況要約システム「D-SUMM(ディーサム)」(Disaster-information SUMMarizer)を18日からWEB上に試験公開した。

人工知能を用いて、Twitterに投稿された災害関連情報をリアルタイムに分析し、わかりやすく整理、要約するもの。都道府県単位または市区町村単位でエリアを指定すると、指定エリア内の被災報告を瞬時に要約し、そのエリアの被災状況の概要が一目でわかるよう提示する。重大な被災報告が多く挙がっているエリアから順に表示することで、どのエリアの被害が大きいかがすぐにわかる。

被災報告をタイプごと(地震、道路やインフラの被害、物資の不足など)に分類して、必要とする情報をすぐに見られるようにし、各種救援、避難等を支援する。大規模災害時を想定して試すことができるよう、熊本地震の際のツイートを対象とした「熊本地震試用版」を公開した。

同機構は既に、対災害SNS情報分析システムDISAANA(ディサーナ)のリアルタイム版を2015年から試験公開している。2016年の熊本地震をはじめとする災害で、Twitter上の災害関連情報へ素早くアクセスできる手段として活用されているが、「火災が発生している」「火事が起きている」など、意味的に類似する膨大な被災報告が別々に出力され、被災状況の概要を一目で把握することは困難だった。

同研究の一部は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「レジリエントな防災・減災機能の強化」(管理法人・JST)の支援を受けて実施した。

今後は、実際に救援活動等を行う組織と協力して実証実験等を行い、更なる機能追加や使い勝手の向上を図っていく。

D-SUMMは、パソコンのWebブラウザ又はタブレット端末からhttp://disaana.jp/d-summ/で利用できる。

【基本的な使い方】

①パソコン又はタブレットのブラウザに、以下のいずれかのURLを入力し、D-SUMMのサイトを開く。

http://disaana.jp/d-summ/
(今現在のツイートを要約するリアルタイム版。要約の対象となるツイートは利用する日の3日前から利用日までの最長4日間から選択可能)

http://disaana.jp/d-summ-km/
(熊本地震の際のツイートを要約する熊本地震試用版。要約の対象となるツイートは2016年4月14日から4月21日までの8日間から選択可能)

②Twitter上の被災情報について要約の対象としたい自治体(都道府県又は市区町村)をメニューから選択する。

③要約の対象としたいツイートの発信時間帯を指定する。

④「エリア毎に要約」「カテゴリー毎に要約」「地図表示」のいずれかのボタンをクリックして、被災状況の要約を表示する。

 

「エリア毎に要約」のボタンを押した場合

図4は、エリア毎に要約した場合の表示例。この表示は、熊本地震試用版のサイトを開いて「熊本県」をまず選択し、熊本地震の本震から12時間後までに(4月16日1:30から13:30まで)発信されたツイートを対象として要約した場合。D-SUMMのサイトを開いて最初に指定した自治体が都道府県の場合は、その都道府県下の市区町村毎に被災状況を要約して表示する。図2の場合は、最初に「熊本県」を指定しているので、熊本県下の自治体、つまり熊本市、阿蘇市、南阿蘇村等の市町村毎に被災状況を要約している。

最初に指定した自治体が市区町村の場合は、その中にある地域毎(字、集落毎)に被災状況を要約する。

自治体、字、集落等は、重要な被災報告が多い方から順に並べて表示。図4の場合は、熊本県全体を最初に指定して要約しているので、重要な被災報告の多い、熊本市、阿蘇市、南阿蘇村、益城町が順に並ぶ。各エリアの要約としては、被災報告のカテゴリー毎(災害、ライフライン、救助、建物等)に被災報告が整理されて表示される。こうした表示法により、どのエリアの被害が相対的に深刻であるか、どのエリアで、どのような被災報告が出ているかを短時間で把握することができる。

要約に表示された「建造物が崩落する(38)」のような各項目は、「熊本城の石垣が崩れた」といったツイートからその意味が似通ったものをまとめることで表示される。かっこの中の数字は、その項目の情報源となったツイートの数を表している。更に例を挙げると、「治療・予防・サービスが危うい」といった項目は、「人工透析ができない」「消毒ができない」といったツイートが基になって表示される。各項目をクリックすると、図5に示すように、その情報の基となったツイートを表示したり、それに関係する質問を、NICTが公開している災害に関する質問応答システムであるDISAANAに問い合わせて、更に情報を取得することができる。DISAANAは、D-SUMMよりも確度の低い情報も発見するように設計されていて、D-SUMMが発見していない情報をDISAANAでは発見できる可能性がある。

D-SUMMで要約された項目には、図6の左側の「水を貰わない」の場合のように、「対策」の「対」の字をマルで囲ったマークが付いていることがあるが、報告された被災情報「水を貰わない」に対して、事態が沈静化した、もしくはその事態に対して対策が取られたことを報告するツイートが存在する可能性を示す。例えば、図6の右側は、左側の「水を貰わない」をクリックして表示したツイートだが、上半分が「熊本の友達が水が買えないと言っている」と被災状況の報告であるのに対して、下半分があるスーパーで水が無料配布されていること、つまり、水がない、という事態に対する対策が講じられていることを報告している。こうした対策に関する報告をチェックすることで、救援活動のフォーカスを決定したり、あるいは被災者側からすれば、避難生活で有用な情報を取得することが可能になる。同様に、「矛盾」の「矛」をマルで囲ったマークが付いた被災報告もあるが、これは、被災報告と矛盾している報告がツイートされている可能性を示していて、この報告をクリックすることで、矛盾している可能性のあるオリジナルのツイートを見ることができる。仮に、矛盾した報告がツイートされていれば、元々の情報がデマである可能性がわかるので、情報の信憑性を判断する際に利用できる。

D-SUMMで用いている各種の日本語解析技術は必ずしも完全ではない。実際に避難や救援活動で利用する場合は、元のツイートまで表示して、D-SUMMの解析が正しいかどうかを判断の上、利用する。

「カテゴリー毎に要約」のボタンを押した場合

図7は、最初に熊本県を指定して、熊本地震本震発生直後12時間を時間帯として設定し、「カテゴリー毎に要約」した場合の要約の表示だ。「エリア毎に要約」ボタンを押した場合には、画面左側には自治体の名前が並んだが、「カテゴリー毎に要約」した場合には、被災報告のカテゴリー(「災害」「トラブル」「怪我」「救助」等)が並ぶ。例えば、「救助」の項を見ると、「救助・救出ください」という項目が表示されていて、その横にそのタイプの被災報告が発信されているエリアが「熊本市(49)」「南阿蘇村(9)」「阿蘇市(7)」「益城町(6)」のように、該当する被災報告の数が多い順にリストアップされる。

「エリア毎に要約」の場合と同様に、要約の中の各項目をクリックすると、元のツイートやDISAANAへの質問等が表示される。図7では、実際に南阿蘇村で緊急の救助を求めているツイートを表示している例を示しているが、このような重要な情報をD-SUMMでは数クリックで表示することができる。通常の検索エンジンで、「救助」等のキーワードを入れても、大量の有用でないツイートが表示される。その中からこうした有用なツイートを発見するには、大量のツイートを読む必要があり、短時間での作業は非常に難しくなるが、D-SUMMでは、必要な情報に短時間でアクセスすることが可能になる。


「地図表示」のボタンを押した場合

図8は、「地図表示」ボタンを押した際の要約の例を示している。地図表示ボタンを押すと、これまで操作していた画面では、カテゴリー毎の要約が表示され、さらに、新たにタブが開かれて、そこに地図を表示する画面が表示される。新規タブはポップアップとして扱われることが多く、またポップアップが制限されていることも多いので、地図表示を実行するためにポップアップを許可すること。この例の対象ツイートは、これまでと同様、熊本地震の本震から12時間分、つまり、4月16日1:30から13:30までに発信されたもの。画面左側には、被災報告のカテゴリー(「災害」、「トラブル」、「怪我」、「救助」等)がリストアップされている。各々のカテゴリーには、チェックボックス(白い四角)が左横に付いているが、それをクリックすると、該当するツイートに関係しているエリア毎に、地図上にツイート件数の大小を表すグラフと、ツイートの件数そのものが表示される。チェックボックスをもう一度クリックすると、地図上の表示は消える。グラフは、カテゴリー毎に色分けされて表示される。どのカテゴリーにどの色が割りられるかはチェックボックスをクリックした順序で決まる。例えば、図8では、画面左上に表示されているように、「災害:火災」に赤色、「救助」にオレンジ、「道路(の被害)」に黄色、「建物(の被害)」に緑色が割り当てられており、例えば、南阿蘇村周辺では救助要請(オレンジ)が出ているものの、道路の被害(黄色)や建物、インフラの被害(緑色)も出ているため、救援活動を行うには通行可能な道路を確認するなど、入念な準備が必要なことがわかる。また、広い範囲で建物の被害が報告されているが、火災の報告は一部地域に集中していることも分かる。また、図8は、地図中のグラフの一つをクリックした直後の画像であり、吹き出しで、グラフでカウントされているカテゴリーが表示されている。それらのカテゴリーをクリックすると、被災報告の抽出元のツイートが表示される。

地図表示ボタンを押した直後は、「災害」というカテゴリーのチェックボックスがクリックされた状態で地図が表示され、地震、水害等の自然災害そのものに関する報告の件数等が赤いグラフで表示される(図3右下参照)。上で説明した例を表示するためには、まず、「災害」というカテゴリーのチェックボックスをクリックして一旦表示を消し、上で述べたカテゴリーのチェックボックスを一つずつクリックする必要がある。

各カテゴリーには+の記号がチェックボックスの横にある(図8左側参照)。これをクリックすると、カテゴリーの更に詳細な分類がリスト中に表示される。例えば、「災害」の横の記号をクリックすると、「災害」カテゴリー内の更に詳細な分類(例えば、「地震」「津波・高潮」「氾濫・決壊」「土砂災害」「火災」)等がリストアップされる。図8では、「災害:火災」を赤色で地図中に表示したが、これは、「災害」カテゴリーの表示を一旦消去した後、その詳細な分類の一つである「火災」に関してチェックボックスをクリックして、地図中に表示している。また、+の記号をクリックすると、−の記号に変化します。この−の記号をクリックすると、表示された詳細な分類が閉じられ、元の表示に戻る。

【DISAANAとD-SUMMの違い】

図9は、NICTが2015年に試験公開を開始した対災害SNS情報分析システムDISAANAと、今回試験公開するD-SUMMの違いを説明している。熊本地震のような規模の災害になると、DISAANAのエリア検索モードでは、膨大な被災報告が出力される。しかも、それらの被災報告は、場所毎に整理されていないため、例えば、各市区町村等を一つずつ指定して調べる必要があった。D-SUMMでは、このような煩わしさを解消し、ボタン一つで、県下の市区町村毎に要約を作成することができる。これにより、どこで何が起きているかを把握することが短時間で可能になる。また、カテゴリー毎に要約することで、要救助者等の発見も非常に容易に行える。

一方で、DISAANAは、特に、質問応答モードで「熊本県で何が不足していますか?」のように質問を入力した場合、D-SUMMの提示する情報より確度の低い情報まで発見するように作られていて、特に重要な情報はDISAANAでも質問を入力し、検索するのがよい。また、D-SUMMで提示された情報をクリックすると、DISAANAへの問い合わせができるリンクが提示されるが、それらも、そうした目的での活用を考え、提供しているものとなる。

(了)