嘉納治五郎像(筑波大学キャンパス)

愛弟子の小学校教育

NHK大河ドラマ「いだてん」に 触発されて講道館創始者・高等師範学校(現筑波大学)校長嘉納治五郎のエピソードを探してみた。その一部を紹介したい(先の連載記事で嘉納論最終回を約束しておきながら破約になったことをお詫びする)。

19世紀末(明治後期)、ヒューマニズムの実践ともいえる「活動主義」「自然主義」の教育を最も早い時期に、理論体系を伴った形で提唱した教育者の一人が樋口勘次郎(1872~1917)であった。「日本教育史」(山本正身)を参考にする。

樋口は長野県諏訪の出身で、明治28年(1895)に高等師範学校を卒業後、同校付属小学校の訓導(エリート教師)となった。当時、高等師範学校を卒業して小学校の教員になる例はほとんどなかった。旧制中学(現高校)か地方の師範学校(現教育系大学)が主であった。だが、恩師・高等師範校長嘉納治五郎の指示もあってこの人事を快諾した。樋口は23歳の青年教師であったが、校長嘉納の期待に応えて教授法の研究と教科書の改良に打ち込み、その成果を「東京茗渓会雑誌」に発表した。樋口の教育法を象徴するもののひとつが、有名な「飛鳥山遠足」である。

明治29年(1896)11月、樋口は師範付属小学校2年生の生徒37人と上野・飛鳥山間往復約6キロを遠足し、自然や地理、産業や博物などの教材を実施、実物に触れさせることを通じて学習させた。当時遠足は学校行事として一応定着していたが、その意義が教授活動との関連で理解されることは稀(まれ)で、むしろ軍事訓練的色彩を帯びた身体鍛錬の手段とみなされる傾向にあった。それに対して、樋口は遠足に教育指導の一環としての教授活動として方法的意義を与えた。非軍事的指導である。このリベラルな発想に樋口の斬新さがあった。樋口の教授実践の試みは、その著「統合主義新教授法」(1899)に一つの理論体系となって結実される。

樋口の教授論の基調として、子どもの自発活動に大きな価値を認めようとするとともに、教授における「統合」を重視する方針が明確に打ち出されている。飛鳥山遠足の活動が、動物学、植物学、商業、工業、地理、地質、人類学、物理学、詩(文学)、修身、作文などの学びを統合するものであることが強調されている。樋口にとって、子どもは単なる教育の客体ではなく、自らの学習を自主的に推し進める「主体」として理解されていたといってよい。児童の豊かな感受性を涵養する樋口の先見性に富んだ教育方針に注目し、大いに支えたのが嘉納であった。

名門・灘中の創設者

昭和2年(1927)10月24日、神戸の旧制灘中学(現・名門灘中・高等学校)は、灘の酒造家両嘉納家や富豪山邑(やまむら)家の篤志を受けて開校することになった。この間、東京高等師範学校長兼講道館館長の嘉納治五郎は生誕地灘での私立中学創設にむけて資金確保や教職員の人材選択に先導的役割を果たし、開校後は顧問に迎えられた。初代校長には嘉納の愛弟子をあてた。

同校の校是には柔道の精神「精力善用」「自他共栄」が採用され、翌3年(1928)4月に開校の運びとなった。灘校教育の基礎を確立したのは、初代校長に招かれた眞田範衞であった。真田は東京高等師範学校の数物化学科を卒業後各地で教職を歴任していた。校長に抜擢された時は、まだ30歳代の若さだった。真田は同校の「教育の方針」を定めるとともに、自ら校歌・生徒歌も作詞した。嘉納は開校時の第1回入学式に列席し、柔道を援用した攻防式国民体育を指導した。柔道は同校の校技である。
                ◇
講道館師範嘉納治五郎は、明治維新と共に途絶えた孔子祭典を明治40年(1907)に復活する。儒学の祖である孔子を祀る慣習は、古代宮中の大学寮に孔子廟が設けられて以来、歴代政権が儒学を国の教学としたことにより近世まで続き、江戸幕府は湯島に孔子廟(聖堂)を建てて学問所としたが、幕府崩壊と共に祭典も中断された。嘉納は哲学者で知友の井上哲次郎、文部官僚伊沢修二、実業家渋沢栄一らとはかり、湯島聖堂において毎年4月第4日曜日に孔子祭典を催す委員会を組織し、委員長として祭典運営に尽力した。嘉納は、近代という新しい時代の人間関係のあり方(礼節)を、なおも中国の哲学・儒教に求めた。嘉納の発想は当時の軍国主義や国粋主義とは縁もゆかりもないことを強調しておきたい。(ちなみに松戸市の八柱霊園の嘉納家墓地は神道様式である)。      

嘉納治五郎像(講道館前)

サンテル事件で弟子破門

嘉納が愛弟子を破門にするというエピソードが残されている。柔道とプロレスの対立(嘉納門弟<破門>事件)を紹介しよう。<サンテル事件>である。

事件は大正10年(1921)に起きた。嘉納の「柔道とは心身の力を最も有効に使用する道である」という定義は、やがて<精力最善活用>へと発展していくが、柔道界にはこの定義に対して批判する者も出て来た。その一人が嘉納の愛弟子であった岡部平太(1891~1966)である。福岡師範を卒業した岡部は、教員生活の後、大正2年(1913)4月に東京高等師範学校体育専修科に入学した。5月には嘉納の勧めで講道館に入門し、春の講道館の紅白試合では5人抜きをして即日2段に推薦された。その後学生唯一の4段という破格の強さを発揮した。

大正6年(1917)、高等師範研究科(今日の大学院)に進んでこれを修了し、嘉納の勧めでアメリカのシカゴ大学とペンシルベニア大学に留学して体育全般と体育原理を学び、最後の半年をハーバード大学で世界体育史を修めた。在米中、陸上競技やレスリング、硬式テニスの選手としても活躍した。彼は頭脳明晰であっただけでなく各種のスポーツにも秀でていた。

大正9年(1920)、高いレベルの大学教育を受けて帰国した岡部は、恩師嘉納邸の一室に住み、旧帝国ホテル内に在った大日本体育協会へ通った。それは、母校東京高等師範の体育講師に迎えられるまでの暫定措置であった。だが嘉納との決裂の日が来る。

翌年、アメリカからプロレスラー、アド・サンテルが来日し講道館に挑戦状を突きつけた。嘉納はサンテルの対戦に応じるという返事をしてしまった。これを聞いた岡部は嘉納を止めさせるため、嘉納と長時間に及ぶ激論を闘わした。彼は、アメリカ留学中にプロレスラーと練習して実態を知っており、柔道が彼らプロ(商業主義)に利用されることに反対したのである。

結論が出ないまま、岡部夫妻は嘉納邸を飛び出してしまった。嘉納も一度は岡部の反対論に怒った。が、熟慮の末岡部の忠告を受け入れて、もしサンテルと試合をすれば破門にすると館員に伝えた。しかしながら、早大の庄司彦男3段が大正10年3月6日、靖国神社館内の相撲場でサンテルと試合に臨み、途中肩を攻められて危なかったが、引き分けに終わった。岡部は恩師嘉納を怒らせた結果、約束されていた高等師範の椅子を諦め、また柔道関係に職を求めることも断念せざるを得なくなる。岡部は講道館の「破門者」となった(嘉納は弟子を破門することを嫌ったのだが)。その後、岡部は日本のスポーツ指導者として活躍し、アメリカンフットボールなどの紹介をし大きな足跡を残した。
                        ◇
<余禄>

(1)嘉納は明治36年(1903)8月、須磨子夫人、嘉納塾生4人などを同伴して富士山の夏山登山に挑戦している。時に44歳。30歳を過ぎた須磨子夫人はなかなかの健脚で、体験記を「富士の道芝」(私家版)として刊行している。古典文学への教養を感じさせる流麗な雅文の中に和歌がうたわれている。登頂成功時の歓喜をうたった和歌を紹介しよう。
「女とて 言ひなおとしそ 富士が嶺 剣のみねも 登りはてにき」
同書には「女子登山者への注意」も末尾に記されている。

(2)嘉納は明治44年(1911)手賀沼湖畔の千葉県我孫子町南作(当時)の通称天神山に別荘(「臨湖閣」)を建設し、翌年広大な農園(嘉納後楽農園=現我孫子市白山)を購入した。別荘から見下ろす手賀沼を「安美湖(あびこ)と名付けている。大正3年(1914)年には西側隣地(「三樹荘」)に甥の民藝運動提唱者で宗教哲学者の柳宗悦・兼子夫妻を呼んだ。柳は知友の文学者志賀直哉・武者小路実篤らを我孫子に誘い、「白樺派」の文人たちの活躍の場となった。

嘉納は群馬県長野原町の温泉街近くにも別荘を建てた。現在の八ッ場(やんば)ダム建設現場の中の一角である。今日、いずれの水辺の別荘も残されていない。我孫子市では近く嘉納の立像が旧別荘地に建立される予定と聞く。

参考文献:「嘉納治五郎」(講道館)、「日本教育史」(山本正身)、「気概と行動の教育者 嘉納治五郎」(筑波大学出版会)、講道館及び筑波大学附属図書館資料。

(了)