防災士シンガーの歌声

好評につき第2弾! ということで、またまた防災ライブを開催しました。

ありがたい事に、今回も阪急交通社さんのご協力の下、旅こと塾の一環でやらせていただきました!(実は2020年1月6日も新春お笑いSHOWでお世話になります ※満員御礼)

来たくても来られなかった方のために、ライブの内容を紹介させていただきます。今回は前回のアンケートの声を反映させ、1時間半という限られた時間の中で、防災漫才というより防災トークとして、災害対策を紹介しました。

もちろんオープニングアクトはそのまま、防災士シンガー・佐々木ゆかちゃんに素敵な歌声を披露していただきました。

歌声を披露してくれた佐々木ゆかちゃんとトーク

このイベントのものではありませんが、YouTubeにも上がっておりましたのでリンクさせていただきます。


防災士シンガー 佐々木ゆか 「明日へ」防災ソング  日テレ「そらフェス」2019.6.1(出典:YouTube)

備蓄とマイ・タイムライン

さて、今回のライブの内容は

1.防災トーーク
(1)地震対策
(2)備蓄
(3)防災ポーチ
(4)マイ・タイムライン

2.マイ・タイムライン作り

3.スペシャルトーク
避難所へ行ってみて
ゲスト:木曽さんちゅうさん

(1)地震対策は家の中の対策→
家の耐震を調べておくこと、すべての家具に転倒防止対策をすること、布団に寝そべって、落ちてくるもの、倒れてくるものがないかを確認すること。

ここでのポイントは、一気にやろうとすると心が折れてしまうので、まずは寝ている時の安全確保をしようということ。

(2)備蓄は備蓄食材について
これもまた我が家の場合の事例。
水は1週間分(家族の人数分)
食料は3日分準備しています!

水は給水所もすぐに開設されるとは限らないということや、どのように取りに行くのかを考えた時に、家で準備している方が楽なので、我が家では多めに準備しています。

食料に関しては、

■ポリ袋で調理するポリCOOK(Start Kitchen・ポリCOOK代表のブログ)
http://pan-koubou-s.blogspot.com/2018/06/cook_9.html

■災害時に役立つ乾物、「食の防災訓練」を暮らしの中に(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/SDI201905101864.html

これらを学んだ事で心にゆとりができ、旦那がレトルトを食べてしまった、カップラーメンがなくなったといちいち焦らなくなりました。

また、災害時における栄養のとり方を意識するようになったことは、とても大きな自身の進化です!

リストがあった方が準備しやすいと思うのでこちらも参考にどうぞ。

■東京都が推奨している日常備蓄(東京都ホームページ)
http://www.koho.metro.tokyo.jp/2018/11/10.html

(3)防災ポーチに関しては、さまざまなご紹介する機会をいただいてますので、こちらをリンクさせていただきます。

■防災士芸人が持ち歩くポーチの中身を公開!意外なものが災害時に役立ちます(ESSE online)
https://esse-online.jp/trend/134192

何のために、どのような理由で持つのかを意識したときに、準備するものが変わって来ると思います。なので、自分にとって必要なものを考えて作る事をお勧めします! 例えば、コンタクトレンズ着用の方はケースや消毒液があると便利です。

(4)マイ・タイムラインについては動画を見ていただきます。

【字幕入り】マイ・タイムラインで逃げ遅れゼロ~洪水からの自分の逃げ方を考えよう~(出典:YouTube)

2.そして、逃げキッドを使ったマイ・タイムライン作りを体験してもらいました!

木曽さんちゅうさんは東京都足立区の避難所での事を赤裸々にお話しくださいました

避難した芸人の体験談

ここまでは、これまで学んできた防災の総括、人に伝えたい初歩的な部分を笑いを交えて伝えるという今後も行っていきたい事なのですが、

ここから、なんといっても今回のメイン、

3.スペシャルトークとして、ゲストの木曽さんちゅうさんを迎えて、大いに盛り上がりました。

木曽さんは前回の防災ライブを見に来てくれたのですが、マイ・タイムラインを初めて作成し、早めの避難が大事だと感じ、翌日台風19号時に、実際に家族で避難所避難した芸人さんなのです(木曽さんちゅうhttps://ja.wikipedia.org/wiki/W%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3)。

私も防災に携わり2年半経ちますが、自身が避難した経験はないのです。やはり、経験された方にお話をうかがうことがとても参考になります。

木曽さんに聞きたかったことは山ほどあり、

・避難所に行くと決めた理由
・どうやって行ったか
・どんなところだったか
・どんな風に過ごしたか
・何が準備できていたか
・何を持って行ったか
・持って行ってよかったもの
・有れば良いと感じたもの
・ニュースは見られるのか
・解散の合図はあるのか

などなど、たくさんの質問を考えていきましたが、とても楽しい展開になってしまい、全ては聞くことができなかったのですが、印象に残っていることが2つありました。

一つは避難所へ向かうまでに、パパ友とつながっているグループLINEが、情報交換のツールとして、とても役に立ったということ。

そしてもう一つ、翌日の晴天にホッとして、片付けをせずに避難所を後にする方が多くいたということ。

木曽さんは中学生の長男さんと一緒に、避難所でのお手伝いも経験されたそうで、そういった視点から気づかれた事を訴えるように、真剣だけど楽しく伝えてくださいました!

エンディングでは芸人ならでは、次回出演の告知なども。私たちも年末年始の舞台や、2020年1月1日放送予定の特番「今夜くらべてみました」元日3時間スペシャル(日テレ系)の出演予定をお知らせしました

とてもボリューミーなライブになりましたが、芸人さんの軽快なトークによりあっという間の楽しい時間で、防災が学べて良かったと多くの方がアンケートに書いて頂いていました!

前回来てくださった方には、進化しているという言葉もいただき、励みになりす。

自身でも防災は学び続けていきます!翌日「ぼうさい学校」そなエリアに、講演を聞きにいきました!齋藤朝子先生と

次回の開催が叶うなら、被災地ボランティアで活躍されている芸人さんなどをお招きして、当時の様子や、被災地の様子もうかがいたいと考えています!

2020年も真摯に防災を学びながら、楽しくお伝えしていけるよう、精進して参ります!

防災ライブ終わって飛び出し、「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」(テレ朝系)の前説に呼んでいただきました。

今年も防災士赤プルの記事にお付き合いいただきありがとうございました! 良いお年をお迎えください!

(了)