2階建て家屋やアパートの火災現場で玄関側の開口部からの救助ができず、外壁窓から要救助者を救出する場合、さらに救出後の活動隊員が同じ開口部から脱出する場合、2連梯子を用いると思います。

ただ、2連梯子は基本的に1人ずつしか降りられませんので、複数の隊員が緊急避難しなければならないとき、緊急時の脱出に時間が掛かりすぎます。

それでは、どうやって2連梯子を使って早く脱出できるのか?

今回は、2連梯子からの緊急脱出法とその訓練方法をご紹介いたします。
まずはビデオをごらん下さい。

Firefighter Safety & Survival Head First Ladder Bail (出典:YouTube)
http://www.AllHandsFireTraining.com


下記が具体的なステップです。

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g

ステップ1:梯子の確保。
・基底部がしっかりと地面についていること。
・両方のロック金具が確実に掛かっていることを確認。
・ロープが緩みなく展張されており、横さんに結索固定されていること。
・手すりに梯子を立てかける場合は、手すりの強度も確かめておくこと。

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g

ステップ2:窓枠などの開口部からの脱出
・地上隊員に梯子確保指示を行い、もう1名の地上隊員に着地補助を依頼する。
・縛帯装着の場合は、縛帯の背部を前に持ってくることで引っかかりを減らす。
・フル装備で窓枠に身を乗り出せない場合は装備を脱着して降りる。

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g

ステップ3:横さんの掴み方
・右手が利き手の場合:3段目の横さんを左手順手で掴むと同時に右手逆手で4番目の横さんをしっかりと握る。(左利きの場合は逆)

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g


ステップ4:梯子への乗り移り
・右手逆手で4番目の横さんをしっかりと握ったら、3番目の横さんを握っていた左手を離して、5番目の横さんを握る。練習時には3番目の横さんは赤、4番目は黄色、5番目は青などのビニールテープを巻くのも一つのアイデア。
・重心バランスを取るため、心臓部を右手逆手で握っている側へ体重を移す。

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g


 

 

ステップ5:梯子へ乗り移りながらの回転
・右手をしっかりと持ち、左手を頭側、右手を足側にずらして両足で縦さんを挟む。
・脇を絞り、縦さんと両前腕部が平行になる形で降下準備態勢を取る。
・複数の隊員が降下する場合は、この時点で後続の降下隊員が梯子を掴む準備を行い、構える。

「Head First Ladder Bailout」(出典:YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=liO-AITvn8g



ステップ6:梯子を滑り降りる
・両手は縦さんを持ち、両足で縦さんを挟んで素早く滑り降りる。
・地上隊員は降下隊員着地時の転倒を防ぐ。
・脱出時間は開始から終了まで1人12秒くらいが理想。

■安全管理上の注意事項
・2連梯子の緊急脱出法は緊急の時のみ使用する。
・2連梯子緊急脱出訓練の際は転落予防用確保アンカーとロープを設定する。
・訓練の際、地上隊員は降下隊員のスピードに間に合わせる。
・降下隊員は途中でブレーキをかけたりスピード調整もできるようになること。
・手袋が濡れている場合は手が滑るため肘と膝で縦さんを強く挟むこと。
・地上隊員が降下隊員の着地保護をする際は、降下隊員の縛帯をサポートすること。


下記のリンクで2連梯子を用いた緊急脱出を映像で学ぶことができます。

「RIT SKILLS Ladder Bailout」(出典:Youtube)

なかには、途中で回転せず、最後までヘッドファーストで降りるシーンもあります。


Minneapolis Firefighter Ladder Slide Close Call Window Bailout (出典:YouTube: )
http://www.firefighterspot.com

ミネソタ州では、火災防御戦術マニュアルに現場後着隊が火災建物の開口部に脱出用の梯子を最初から立てかけておき、緊急避難に備えることとしています。

救助大会訓練に比べれば、2連梯子の緊急脱出方法は、とても簡単なですので、装備なし、装備有り、そして、乾いた手袋、濡れた手袋で、それぞれ訓練してみて下さい。

出初め式や防災訓練の新しい救助演技としても使えるかもしれませんね。

それでは、また。


一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
http://irescue.jp

(了)