東日本大震災で浸水した仙台市 ( 出典:America's Navy http://www.navy.mil/ )

我が国に大きな歴史的傷跡を残した2011年3月11日の東日本大震災から早くも6年が過ぎようとしている。私達はあの災害から何を学んで教訓とするべきなのか?

ジャーナリストのアマンダ・リプリーはその著書「生き残る判断、生き残れない行動–THE UNTHINKABLE–」の中で聖アウグスティヌスの言葉を引用している。

「この恐ろしい大災害は、終わりではなく始まりである。歴史はかくのごとく終わるのではない。大災害は歴史の新しい章を開くのである」

災害を単なる悲劇として終わらせるのではなく、人間が本来持つ適応能力を最大限に発揮し、未来の子供たちのために正しい準備を始めるのが私達に課せられた大きな責務だ。日本列島はどこかで大規模地震が発生すると概ね2~18年の周期で東日本から首都圏、首都圏から西日本と、連動して新たな地震が発生することを歴史は証明している。

政府の地震調査委員会の長期予測によると、30年以内に大規模地震が発生する確率は南海地震が約60%、東南海地震が70~80%となっている。また、首都直下地震については、2007年時点で今後30年間に南関東における直下型地震(M7前後)が発生する確率を70%と推定していたが、東京大学地震研究所の研究チームは、東日本大震災により発生確率が高まり、2012年時点から「4年以内で概ね70%」と発表し、話題になった。

一方、被害予測に関しては、2013年3月に中央防災会議が南海トラフに関して死者32万3000人、経済被害220.3兆円と算出。首都直下地震では死者約1万1000人、経済被害で112兆円という数字が出ていたが、東京都が被害想定を見直し、都内だけで最大9700人の死者が出るとした。

これらは全面戦争に相当する甚大な被害規模と言える。まさしく日本の存亡に関わる危機が目前に迫っている中で我々の準備は万全なのだろうか? また自然災害のみならず近年複雑化する国際情勢の中で懸念されるテロ災害に対してはどうだろう? 9.11やボストンで起きた爆破事件のように残念ながらテロのターゲットとなり易いのは一般市民や企業である。

しかしながら「これらの問題は国が解決してくれるだろう」「いざとなったら警察・消防・自衛隊が助けてくれるだろう」というような幻想に近い楽観主義の方が多くいることに愕然とする。大規模災害が発生すれば地元の警察や消防、消防団も同時に被災する。また交通網の遮断により、被災地域外からの救助も物理的に困難な状況になる。

災害対応には標準化された“教育と訓練”が必要

東日本大震災では緊急消防援助隊が発災から現場に入るまでに14時間24分かかっている。つまり被災者は一時的に孤立無援の状況に陥る。孤立無援とは交通網の遮断のみならず、食料、水、医療、電力、通信、居宅などのあらゆる生活インフラも含んでいる。

災害においては、自助・共助・公助が基本となるが、“人を助けたい”という善の本能が2次的被害を生むケースもある。1985年に発生したメキシコ大震災の時には近隣の人を助けようとした一般市民の方が100人以上犠牲となった。同様に東日本大震災では消防団員254人、民生委員54人の方々がその尊い命を奪われてしまった。災害と戦う上での“引き際”を訓練されていれば防げたのではないかと思うと悔しくてたまらない。

今、我々日本国民は知恵が試されている。いかにして自分と家族の身を守り、地域社会または企業の一員として災害時にどのような貢献ができるか真剣に考え行動に移さなければならない。

それでは何を考え行動に移せば良いのか?

その答えの1つが標準化された“教育と訓練”である。国は国土強靭化を掲げ多額の防災予算を計上しているが、残念ながら実情はハード面の整備に重点を置いた公共事業のばら撒きともとれる様相を呈している。なぜもっと教育・訓練などのソフト面に主眼を置かないのか大きな疑問を持っているのは決して私一人ではないだろう。

私はアメリカ国防総省指針の元、消防の任務に就いて約30年の間、米陸軍の現場最前線で複雑化する災害対応の変遷を学んできて気が付いたことがある。それは私も一般市民の方と何も変わらない一人の人間ということだ。手が4本、目が4つ付いてるわけでもない普通の人間である。何が言いたいかというと、災害に対応するのは例えプロである警察・消防・自衛隊であっても人が対応するということだ。

つまり一般市民でも正しい教育と訓練を受けて知恵を得れば災害時に貢献できることがたくさんあるということである。助けられる側から助ける側へ考え方をシフトするだけで大きな力を発揮できるのは明白である。一人ひとりの災害対応能力を向上させ、プロのレスポンダーが現場に来るまでの数日間を生き延びる知恵と能力を磨くことでポジティブな防災が実現できれば、本当の意味での国土強靭化につながると確信している。

しかし、ここで強調しなければならないことがある。それは人間一人では何もできないということだ。特に災害時においては家族、近隣住民、自治体、企業の単位でチームとなり一丸となって対応しなければ困難を乗り越えることはできない。チームプレーの総力戦で命をつなげなければならないのである。そのためには、緊急時の対応方法を標準化し、多くの人々が共通の認識として捉え、運用していくことが必要である。

本シリーズでは、一般市民、そして組織の従業員一人ひとりの生活に密着したところから学びを浸透させていき、ファーストレスポンダー(※)としてポジティブな防災を実現できるように導いて行きたい。リスク対策.comの読者の皆さんに災害に対応した機動力について何らかのヒントを提供できれば深甚である。

※ファーストレスポンダーとは事故や災害が発生した時に初動対応に当たる公設の警察・消防・自衛隊・海保の職員を総称している呼び名である。

以降、下記の連載予定で進めて行きたい。

《連載予定項目》
1.災害準備編:

 災害時の特徴を学び、真に準備しなければならない事は何かを理解する、特に自己の安全管理の重要性を理解する。

Ⅰ.危険の種類を認識
Ⅱ.地域、健康、人、インフラへの影響を分析
Ⅲ.防護行動
Ⅳ.災害準備の計画
Ⅴ.訓練参加の重要性

2.災害心理学編:
災害時に人間が陥り易い傾向とパターンを心理学的に解析し、それらを克服するための理論と、チームを守る上で心構えを学ぶ。

Ⅰ.災害時における人間が陥りやすいバイアス
Ⅱ.要救助者、救助者双方の災害時におけるストレス
Ⅲ.災害時のストレスを軽減する方法
IV.チームとしての心構え

3.チーム編成編:
災害時にいかに効率よくチームを機動させ情報共有しながら対応していくかの基本的な学び。(インシデント・コマン・ドシステム)

I.ICSとは?
II.チームワークの重要性
III.記録のための書式

4.個人用保護具(PPE)編
災害対応する上で、いかにPPEが重要であるかを理解する。

I.個人用保護具の種類
II.安全管理
III.個人用保護具の正しい装着及び脱着

5.火災防護編:
安全な初期消火を実践するための学び。

Ⅰ.火の化学を理解する
Ⅱ.自宅、職場、近隣での火災危険
Ⅲ.状況判断
Ⅳ.可燃性危険物
Ⅴ.消火方法
Ⅵ.安全管理

6.災害ファーストエイド編:
 平時のファーストエイドと違う災害時特有の応急手当を実践するための学び。

Ⅰ.災害時特有のファーストエイド
Ⅱ.4人の“殺し屋”
Ⅲ.気道確保、止血、ショック、クラッシュ症候群への処置
Ⅳ.要救助者の処置に対する優先順位
Ⅴ.衛生管理
Ⅵ.要救助者のアセスメント
Ⅶ.応急救護所の設置
VIII.その他のファーストエイド

7.捜索・救助編:
危険が伴う捜索救助活動における、より安全で確実な捜索救助を実践するための学び。

Ⅰ.短時間で多くの要救助者を救出
Ⅱ.状況判断
Ⅲ.基本的な救助技術
Ⅳ.基本的な捜索技術
Ⅴ.瓦礫を取り除く方法
Ⅵ.要救助者を安全に救出する方法
Ⅶ.救助者の安全管理

8.危険物・テロ災害編:
化学薬品、生物剤、放射性物質、爆発物などを用いた特殊災害を見極め、それに対する正しい対処を実践するための学び。

Ⅰ.テロの定義を理解
Ⅱ.ターゲットになりやすい場所を理解
Ⅲ.テロ事案に対応する方法
IV.危険物・テロ災害初動対応ガイドブック

9.国民総ファーストレスポンダー化への提言

10.国土強靭化への提言

(了)