災害時は、たがいに寄り添う心が大切。画像は水没した被災地で被災者を背負って移動する陸上自衛官/東日本大震災時の亘理町で(出典:Wikipedia)

一昨日は、あの忌まわしい東日本大震災から6年の歳月を迎えた日だった。この場をお借りして最愛のご家族やご友人を亡くされた方々に心より哀悼の意を捧げます。 筆者が長年任務に就いていた米軍を辞めるきっかけとなったのが、この大震災であると言っても決して過言ではない。ふと、30数年に渡り米軍で受けてきた教育や訓練を、一人の日本人として日本へフィードバックすることによって何か貢献出来ることがあるのではないかという思いが芽生えた日でもあった。あの時に思った感覚は今でも鮮明に思い出すことが出来る。

『備えていたことしか、役には立たなかった。備えていただけでは、十分ではなかった。備え、しかる後にこれを超越せよ。整備局の熟練した職員こそ、究極の「備え」である!』

これは、某省庁の方が、3.11の教訓として残した名言である。 筆者はこの言葉の究極の意味するところは、「災害時に戦える“人材育成”」であると断言する。つまり、それはこのシリーズでも繰り返し強調しているように、災害時に対応するのは一人ひとりの人間がチームとして機動力を発揮できるかという事だ。対応力を高めるためにはどうすれば良いのか!?

それは、正しい知識と技術をチームで実践するための体系的な仕組みを整備し、教育と訓練を繰り返し行うことでしか解決できないと思っている。内閣府のデータでも、津波被害においては、訓練をするかしないかで13%の被害者が減少するとされ、例えば、南海トラフ地震では、津波想定被害が23万人生じるとされている。

ならば、教育訓練を徹底すれば、「23万人×13% = 2.76万人」のかけがえのない命が救えるといえる。 このデータが示すように少しでも多くの人命を守るためには、微力ではあるが、「教育訓練」の仕組みが整備できるよう、今自分が出来ることを精一杯貫こうと決心した日だった。

そんな中、今回の第2章「災害心理学」の内容は、全シリーズの中でも、より多くの読者の方に読んで頂きたいと思っている。

■災害心理学

日本は戦前戦後を含め、過去にありとあらゆる種類の災害を経験してきた。ある意味、ここまでの経験をした国は希少かもしれない。読者の中にも過去に大きな災害に遭遇した方はいると思う。しかし、大多数の人が大規模災害の未経験者ではないだろうか?

今回の連載では、災害の体験者は過去の記憶と照らし合わせて被災者または救助者としての感情の変化を整理し、体験者でない方は擬似被災者として災害時に及ぼす心理的影響を予習していただきたい。また災害対応にあたる自主防災組織、自衛消防組織やボランティアの方々のためにも、事前に救助者としての心理的影響を予習していただきたい。

助ける側、助けられる側、双方に及ぼす精神的、身体的影響を解析することにより、事前知識として対応策を知っていれば特殊な状況下の現場においても、個人として、またチームとして、どのように対処すればよいかの助けになるだろう。災害対応を的確に実践するにはチームプレーが求められるが、特に混乱する災害現場において、人間の心理は“人との関わり”が大きなキーワードとなってくることを忘れないでいただきたい。

それでは災害時の精神的トラウマ、チームとしての安定、被災者と向き合う姿勢をひもといていこう。

 【発災直後の心理的影響】

過去に発生した様々な大災害を被災者の観点から見ていくと様々な発見がある。まず、過去の災害の生存者からの様々な証言と犠牲者に見られる共通しているパターンをいくつか例として紹介していこう。

2001年9月11日午前8時46分、飛行中にハイジャックされたアメリカン航空ボーイング767が世界貿易センターのノースタワーに衝突した。9・11全米同時多発テロ事件の序章である。そのときタワー内にいた生存者の心理状態はどうだったのであろうか。

飛行機が時速784kmでビルに衝突し4つのフロアーが一瞬で消えたのだから、当然その衝撃は小さなものではなかったはずだ。しかし後に生存者を調査して分かったことは、階下への避難行動を取るまでに平均6分かかり、40%が脱出する前に私物をまとめたり電話をしたりコンピューター作業をしていたということだ(犠牲になられた方の数を加えるともっとこのパーセンテージは増えるはずだ)。

なぜ人は命の危険が目前に迫っているときにこのような行動を取るのだろうか?雑誌「火災予防工学」に掲載された論文には次のように書かれている。「人は火災の時、よく無関心な態度を取り、知らないふりをしたり、なかなか反応しなかったりした」。1980年11月に発生した栃木県の川治プリンスホテル火災、2003年に韓国で起こった地下鉄火災や2012年5月に発生した広島県の福山ホテル火災がそれを如実に物語っている。

川治プリンスホテル火災は、大浴場と女子浴場の間にあった露天風呂の解体工事の際、作業に使っていたガスバーナーの火花が浴場棟に燃え移った。火災報知器のベルが鳴ったが、従業員は確認もせず、「これはテストですから御安心下さい」という館内放送を流し、結果、宿泊客や従業員ら合計45名の死者を出した。

韓国地下鉄火災は、自殺願望の男が飲料用ペットボトルからガソリンを振り撒いて放火し火災となった事件だ。火災発生時、地下鉄の指令センターは状況を正しく把握しておらず、火災報知機が誤作動したと思い込み運転中止措置を取らなかったことが被害を大きくし、192人の死者が出た。

記憶に新しい広島県の福山ホテル火災は、7人が死亡した。建築基準法および消防法に違反した建築物を使用し長年営業していた上、行政側も見過ごしていたことが被害拡大を招いたとされていたが、2013年5月に総務省が発表した火災原因調査結果によると、消火器および屋内消火栓設備を用いた消火活動が行われていないこと、第一発見者による通報および有効な避難誘導が行われていないことが明らかになっている。

これらの火災は事業者側による責任も重大だが、生存者と犠牲者の命運を分けた違いは何だったのだろうか?

私達人間は、異常な事態が発生した時に無意識のうちにいくつかの「心のメカニズム」が働くことが明らかになってきている。心理学者はそれを“正常性バイアス”“集団同調性バイアス”“エキスパートエラー”などと呼んでいる。

それぞれの詳しい解説は専門書に任せるとして、このような心理的働きにより現実を否認したり、「みんなでいれば怖くない」的な根拠の無い感覚に陥り、避難を先延ばしにしたり、誰かの言葉を鵜呑みにして犠牲になるパターンがとても多い。犠牲者のすべてがこうした心理に陥っていたと言う気は毛頭ない。最初から適切な避難行動をとりながらも逃げ切れなかった方もおられるだろう。

しかし、大切なことは、災害時において起こりうる様々なバイアスを個人個人が理解することにより、瞬間的に自分自身の頭のスイッチを災害モードに切り替え生存するためのアクションにつなげなければならないということだ。

2005年にニューオリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」では、人口の約80%が嵐がやってくる前に脱出したが、脱出しなかった20%の人たちの大部分は「それほどひどい嵐だとは思わなかった」と回答している。命を繋げる行動を起こすには“動機付け”が重要であるということの教訓といえる。

これらの生存への行動を阻む要因を排除するにはどうすればよいのだろうか? 我々一人ひとりが正しい知識と訓練を重ね“勇気の心”を持つことが唯一の解決策ではないかと筆者は思っている。避難行動や生存へのアクションを起こすことを躊躇してはならない。

最近は毎日のように小さな地震が頻発しており、「また地震か」というような“地震慣れ”の感覚が前述の“正常性バイアス”や“集団同調性バイアス”を増長させる。小さな地震も良い訓練の機会と捉え、読者の皆様には自らが率先して家族や職場の仲間をリードし、命を守るためのアクションを起こすための勇気あるリーダーシップを発揮してもらいたいと思っている。 

【被災時の心理的影響】

発災直後の衝撃的なフェーズを経過した後の被災者の精神的なダメージやストレス障害は、下記に掲げるさまざまな要因から起きる。

・被災者自身の個人的喪失(例:肉親や家族、知人の死、家屋の倒壊、職場の倒産等)
・近隣の方との共同作業(生活)によるストレス
・傷ついた家族、近隣住民、友人、同僚への手当て
・悲惨な光景を見ることによる心理的負担
・非日常的な慣れない生活・作業パターン
・安全・安心に対しての不安


このようなことが原因で起きる精神的なダメージは、生存者にとってごく自然な反応であることを理解する必要がある。自主防災組織やボランティアなどに従事している方々は、助ける側の立場として、生存者に長期間にわたり影響を与える精神的トラウマを自分のものとして引き受けてしまう傾向があるため、このような二次的な犠牲に陥らないためにもチームメンバーの精神的な影響を注意深く観察しなければならない。心理的ダメージを受けると、精神的・身体的に次のような兆候が見られる。

<精神的兆候>

・過覚醒(意識が過度にピリピリと敏感になりイライラしている状態)
・自分を責めたり、相手を非難する状態
・狭さく(無意識に自分自身の興味や関心をより狭い範囲に制限しようとする状態)
・進入(恐怖感のフラッシュバックや悪夢を体験する状態)
・無力感•孤独感・疎外感
・情緒不安定•悲しみ・落ち込み・うつ
・否定
・集中力欠如・記憶障害
・人間関係の争い・家族間の不仲

<身体的兆候>

・食欲不振
・頭痛・胸痛
・胃痛・吐き気
・過剰活動
・アルコール・薬物依存
・悪夢
・睡眠障害•疲労感・低エネルギー状態

■チームの安定

繰り返すようだが、災害対応は一人ではできない。あらゆる困難を乗り越え的確なオペレーションを実践するためには、チームとしての力を発揮しなければならないのだ。そのためにも、我々はチームの安定を考える必要がある。

災害が起きている緊急事態において“幸せ”とか“幸福”とか場違いな感覚を持たれる読者の方もいるかもしれないが、米国連邦危機管理局(FEMA)のミッションの中でも人々の幸福感について言及している。

災害対応に従事することにより受ける精神的なインパクトを軽減させるための措置は、被災前、被災中、被災後に渡って実施されなければならない。事前に心理的影響を予習することにより、起こりうるインパクトに対し処理することが容易となる。ストレスマネジメントを学び、感情のコントロールをチームとして意識的に実践することによりチームの安定に繋げるのである。

その第1歩として前述した精神的兆候と身体的兆候を事前に知ることが重要なのである。次に述べるのは精神的身体的ストレスの兆候を軽減さ・せるために積極的に取り組むべき対処法である。

【ストレス軽減法】

・十分な睡眠
・適度な運動
・バランスの取れた食事
・仕事・遊び・休憩の適度なバランス
・人との関わり
・スピリチュアルなものに触れる


このようなストレス軽減法を実践すると同時に、家族や友人たちにも被災者や被災地から帰還してきた救助者に対するケアの方法を伝えるべきである。一方、家族や友人には、相手が話したいときは傾聴し、話したくないときに無理やり話を聞き出さずにそっとしておいてあげる心遣いを事前に理解してもらいたい。

このような一連のステップは基本的なステップであり、事前知識として得ることはとても大切なことであるが、専門的な精神医療の助けが必要なケースも忘れてはならない。

【チームリーダーとしてのストレスコントロール】

ここでは、少し救助者側の視点に立ったところから話を進めていこう。次回の連載で紹介するチームビルディング(インシデント・コマンド・システム)の部分と若干かぶってくるが、ご容赦願いたい。

まず、災害対応にあたる市民レベルの救助隊、自主防災組織、自衛消防組織などさまざまな組織があるが、インシデント・コマンド・システム(現場指揮システム)の原則では、最初に現場に到着した者が現場指揮官としての任務に就くことになる。当然指揮権の委譲は適時行われていくが、誰かが現場の指揮を執らなければならないのだ。もしかしたら、それは読者のあなたかもしれない。

救助者としての本格的な活動に入ると同時に、生存者達の感情的な反応に対処していかなければならない。その際に強調しなければならないのは、現場指揮者が一人で作業責任や感情的なリアクションに相対するのではなく、チームとしてそれらの負担を分散させるということである。あくまでもチームとして対処していくことを共通の認識とし、時には十分な休憩時間を取り、作業内容、作業時間、役割分担を再編成しながら対応にあたるのである。

また救助者は活動中もきちんと栄養補給・水分補給を維持しなければならない。救助活動からチームメンバーを撤退させる場合は、チームリーダーはメンバーに対しハードワークから徐々にライトワークの任務へ移行させながら撤退させるなどの措置を講じた方がよい。

【災害の衝撃から回復まで】

生存者の心理状態は災害の段階ごとにそれぞれ変化をたどっていくので、救助活動に携わる者はそれを理解する必要がある。

衝撃段階:生存者は一般的に冷静な状態で、特にパニックに陥ることも無くしばしば無感情な面を見せる。
思考段階:衝撃段階の直後に続くフェーズで生存者は損害を評価し他の生存者の所在を突き止めようとする。この段階では日常的な社会活動は脇に置き、捜索救助活動など初動対応に協力する傾向が見られる。
救助段階:市民レベルの救助隊、自主防災組織や消防団が現場で活動を開始する段階では生存者は特に抵抗を見せずに救助者の指示に素直に従う。救助者を示すヘルメットやベストなどが必要なのは救助者自身を保護することはもちろん生存者の協力を得るためにも重要な要素なのである。
回復段階:この段階に来ると生存者は救助者と一線を置き、時には怒りや非難を救助隊に向ける場合がある。救助する立場の者はそのことをしっかりと事前に知っておくべきである。

【危機的精神状態】

対処する人々の経験値や能力からも違いはあるが、災害現場で下記に述べるような過酷な場面に遭遇したり個人の能力を超えた作業に従事した場合、本人やチームが望まない結果をもたらすことも考慮に入れなければならない。

・自分自身または他人に及ぶ生命への危険
・重傷者との遭遇
・自分を含む近隣の家や価値の喪失
・家族や友人の安否が不明で連絡が取れない状態


このような状況に陥ったときに人はあたかも別人のように振る舞い、決断力や記憶力が鈍る場合がある。また身体的にも健康を害することがあったり、一時的あるいは長期に渡って対人関係がうまくいかなくなったり性格の変化をもたらすこともある。このような心理的影響がもたらす望まない結果に対し、過剰に反応してはならない。助ける側の思惑とは関係なく起きてしまうものだと心得ることが基本である。

■ 寄り添う心

災害現場において事態を安定化させることとは、生存者の心理状態を安定化させることでもある。以下の順序で行うとよい。

・よく観察し生存者の反応レベルを見る。特に他人へ危害を加える要素があるかないか判断する。
・負傷していない生存者に協力を仰ぐ。例えば物品の仕分けや、何か建設的な仕事を与える。
・家族、友人、聖職者などと接触させる。
・生存者の話をよく聞いてあげる。
・生存者に“寄り添う心”を持って共感する。
・タッピングタッチ(指先を使って軽く弾ませるように肩や頭をたたくことでリラックスさせる手法)を施す。

【良きリスナーであること】

カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの中で「傾聴」というのがある。人の話をただ聞くのではなく、相手の立場に立って注意深く、丁寧に耳を傾けることだ。自分の聞きたいことを聞くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”態度で生存者に接することが重要だ。

・よりよく生存者の気持ちを理解するために、相手の立場に立つこと。過去の経験を参考にしたり、さもなければ、生存者がどのように感じているか想像する。ただし聞き手が完全に生存者の感情をそのまま受けないよう注意が必要になる。
・相手の言葉自体ではなく意味を汲み取る。また非言語的会話、例えばボディーランゲージや表情と口調に注意を払う。
・相手に自分が理解していることを示すために、相手が言ったことを少し言い換えてリピートする。このことにより、よりコミュニケーションが深まる。※まれなケースではあるが、生存者に自殺や精神病の兆候がある場合は医療専門家のサポートが必要である。

【禁句】

一見相手にとって慰めの言葉と勘違いし、よく言ってしまうフレーズを下記に挙げる。

・「よく分かります」同じ経験をしない限り、ほとんど我々にはわかることができない。
・「気を落とさないで」生存者は気を落として当然であり、気を落としていい権利を持っている。
・「あなたは強いから大丈夫」生存者は強いとは感じていない。立ち直れるかどうかさえ疑問に思っている。
・「泣かないで」泣いてもいいのだ。
・「それは、神の意志です」相手を怒らせるかもしれないことを言うべきではない。
・「不幸中の幸いだよ」不幸か幸いかは生存者自身が決めることであって他人から評価されるものではない。
・「大丈夫、すべて良くなるから」すべて良くなるかどうかは生存者の価値観によるもの。我々には分からない。


このような言葉は決して使わないでいただきたい。間違って生存者を怒らせるような発言をしてしまった場合にはしっかりと謝罪するべきである。

【まとめ】

過酷な状況にある災害現場において人は様々な場面に遭遇し、様々な感情が交錯する。今回の連載では人の心理状態の変化を整理した。助ける側も助けられる側も事前知識として頭に入れておくことにより、いざというときの力になるだろう。個人として人と関わり、チームとして人と関わり、救助者として人と関わり、被災者として人と関わる。そのためには一人ひとりが積極的に“勇気の心”を持ちリーダーシップを発揮し、“寄り添う心”を持って人と接することが大切なのである。

次回の連載では、いかにチームとして機能すればよいか、また、いかに関係各機関と連携を取ればよいかを、米国のインシデント・コマンド・システムを参考にしながら解説していく。

参考文献
・COMMUNITY EMERGENCY RESPONSE TEAM.Basic Training Instructor Guide.FEMA.DHS
・生き残る判断生き残れない行動-大災害・テロの生存者たちの証言で判明  アマンダ・リプリー著
・人はなぜ逃げおくれるのか-災害の心理学  広瀬弘忠著
・人は皆「自分だけは死なない」と思ってる  山村武彦著
・市民救助隊養成講座テキストブック

(了)