2015年の鬼怒川決壊の際、茨城県常総市職員は対処に追われた

被災者のPTSD

東日本大震災、鬼怒川決壊、岩手県岩泉町の大水害などの自然災害の現場を歩き、地元自治体や被災者を訪ねて被災体験や生活再建に耳を傾ける時、被災者が時間の経過にかかわらず心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)で苦悩されている事実を知った。PTSDを発症した人がうつ病、不安障害などを合併させるケースも多いという。人生はやり直しがきかない。それだけに心からぬぐえないトラウマは深刻である。

周知のように、PTSDは命の安全が脅かされたり身内を失う出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因であり、著しい苦痛や生活機能の障害をもたらすストレス障害である。症状が出てまだ1カ月を経ていないものは急性ストレス障害である。慢性の心的外傷から抜け出せない人も少なくない。

専門書やインターネット情報によれば、以下の3つの症状が、PTSDと診断するための基本的症状である。

1.精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
2.トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
3.事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック)

被災者(患者)が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、パニックを起こす場合がある。機能の一部を麻痺させることで一時的に現状に適応させようとする。そのため、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、幸福感の喪失、感情鈍麻、物事に対する興味・関心の減退、建設的な未来像の喪失、身体性障害などが見られる。精神の一部が麻痺したままでいると、不安や頭痛・不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。

被災者の心の救済は、被災地の復興事業同様、いやそれ以上に重要視しなければならない。

医学的治癒の方法には薬物療法や精神療法があるという。心理療法のうち、持続エクスポージャー療法はトラウマに焦点を当てた認知行動療法であり、セラピストとの会話を通じて心的外傷に慣れていく心理療法である。国際的に推奨されているとされる。

東日本大震災で過酷な救助活動にあたった消防士の中には、PTSDに苦しむ人も(写真は岩手県釜石市、出典:Wikipedia)

救済者側のPTSD

しかしながら私の関心は、東日本大震災やその後の国内を襲った自然災害での救済者側(国・地方自治体・赤十字などの公的機関が大半)の職員が抱えたPTSDの問題にもある。この問題は被災者に比べて等閑視されてように思えてならないが、深刻な課題であることには変わらない。

取材を続けるうちに、被災現場で行方不明者の捜索や遺体の確保にあたった陸上自衛官、警察官、自治体職員、消防士らの一部が心の傷から立ち直れないことを知った。大津波により壊滅的被害を受けた石巻市を被災から半年後に訪ねた際、石巻地区広域行政事務組合消防団・消防長D氏に面会を求め、隊員のストレス障害や対応策についてうかがった。

D消防長は「今回の大震災を『想定外』」とは考えていない。起こり得る地震であった」とした上で、次のように述べた。

・宮城県では海岸沿いに7つの消防組織がある。沿岸部合計で約1万1000人が死亡・行方不明。うち石巻広域行政の消防管内では約5400人の死亡・行方不明となった。
・津波が被害のすべてだった。地震だけだったら倒壊家屋もほとんど無く、ここまで大きな被害にならなかった。津波が救助活動の手足を奪った。津波に対しての力不足を露呈してしまった。
・地震・津波発生後、390人の職員のうち非番の職員も参集し、被災の当日から全員で救助活動に入った。
・我々の救助はがれきの山などに阻まれて普段の1割も活動できなかったと思う。残念でならない。
・我々はいかなる事故や事件でも被害者を救助しなければならない。泥まみれの遺体は次々にトラックに積み日赤病院に搬送した。
・当広域消防では6名の殉職者を出した。殉死は発災後4日目で明らかになった。

このように振り返った上で、消防署員の心的障害について語った。

・震災後、隊員のうち30人が個別相談(カウンセリング)を受けた。3分の1の職員が涙を流していた。「現場を思い出したくない」との声もあった。
・PTSDに陥った職員が数人いた。彼らは発災から1週間後に発症した。若手の隊員ばかりだった。個別面談すると「無残な遺体を思い出すと現場に行く勇気が出ない」「救出できなかった被害者を思い出すと無念でたまらない」「この仕事は自分には向かない。退職したい」などとうなだれて語った。
・重症と思われる者については、東北大学医学部ケアセンターで個別に相談するよう促した。総務省でもサポートチームを派遣しており個別相談できた。
・悲惨な体験をしたことは、なかなか忘れられない。特に若い職員は我々が何年も掛けて体験したことを、今回の大震災で一度に体験することとなった。

D氏は最後に語った。
「消防署では地獄のような体験をした職員を一人で悩ませないように努めている。無残な遺体を見たり運んだりした隊員に対しては、その思い・感情をチームで共有しカバーしあっている。哀れな遺体はなかなか正面から見られないが、失礼ではあるが『1つの物として見るしかない』と教えている。また『地域で何かがあればすぐ救助に行くのが、自治体消防の役目である。警察・自衛隊もいるが初動が遅い。地元にすぐ救助に行けるのは我々である』とも言い聞かせ職務にプライドを持たせるようにしている」。

<一人で悩ませない>、<職務にプライドを>。D氏の言葉が忘れられない。

(つづく)