茨城県古河市の鮭延寺(けいえんじ)にある熊沢蕃山夫妻の墓(提供:高崎氏)

日本初の「山川掟(やまかわおきて)」

「緑のダム」(森林の水源涵養機能)に関する肯定論、否定論、疑問視論などが出され論じられて久しい。そこで今回から数回にわたり、江戸期から近現代までの日本の治山・治水思想とその実践について考えてみたい。それは森林が洪水防御に役立つのかとの大問題とリンクする。

江戸時代初期から中期(17世紀中期~18世紀初期)にかけて、森林の乱伐や開発が進み、その結果森林が荒廃して農民の生活を脅かした。各藩の儒学者や地方巧者(じかたこうしゃ、土木技術者)は森林保護の重要性を説いて回り、幕府は強力な森林保護政策を打ち出した。承応3(1654)年7月、名君の誉れ高かった岡山藩主・池田光政(1609~1682)の領地は古今未曾有とされる大洪水に見舞われた。「承応3年の備前の大洪水」である。水死者156人、餓死者3684人に上った。大水害は過剰な乱開発のツケとされた。

備前・備中(現岡山県)には中国山脈に端を発する、東から吉井川、旭川、高梁(たかはし)川の3大河川が、多くの支流をあわせて瀬戸内海に流入していた。3大河川は上流から肥沃な土砂を運んでくるので、対岸の児島との間の海は浅く干拓に最適の土地であった。これに目をつけたのが豊臣秀吉を支えた藩主・宇喜多秀家で、その後入城した池田氏は干拓事業を大いに進めた。干拓は進み、沖の児島は半島となった。中国地方有数の美田が誕生した。

だが干拓が進めば進むほど、河川の水はけが悪くなり数日間大雨が降っただけで洪水が発生する<洪水常襲地>となった。この頃、藩主池田光政に見出されて藩の執政になったのが儒学者・熊沢蕃山(ばんざん、1619~1691)である。蕃山は光政を支え、水害復旧工事と飢餓対策に奔走する。彼は干拓や山林開発に懐疑的となり、名著「大学或問(だいがくわくもん)」で「近年山荒れ川浅くなって国土が荒廃しているのは、不用意な開発の結果である」として新田開発を停止すべきだと主張した。

幕府は新田開発万能主義の弊害に気づいていた。寛文6年(1666年)2月、日本で初めて治山治水を説いた注目すべき法令を発令した。久世大和守、稲葉美濃守、阿部豊後守、酒井雅楽守の4老中連名で出された法令は、「山川掟」という3 カ条からなる簡明なものだった。

一、近年は草木の根まで掘り取り候ゆえ、風雨の時分、川筋へ土砂が流出し、水行き留まり候ゆえ、今後は草木の根を掘り取ることを禁止する。
二、川上左右の山に木立がなくなりたる所々は、当春より木苗を植付け、土砂が流れ落ちざる様にする。
三、川筋河原等に開発された田畑は、新田畑はもとより古田畑であれども、川に土砂が流出する場合は耕作をやめ、竹、木、葭(よし)、萱(かや)を植え、新規の開発を禁止する。

「掟」は、新田開発の急展開に伴う乱開発によって土砂流出や大洪水の頻発を背景に定められた。山(森林)と川は一体のものとして人々の暮らしの中に存在し、川の問題は即ち山の問題、山の問題は即ち川の問題であった。山と川の間にどれだけの田畑が作れるか、またどれだけの人々が生きられるかは、山と川の大きさや形など、地形や気候に規定されていた。

蕃山の墓のある鮭延寺。蕃山は古河藩に幽閉され他界した(提供:高崎氏)

熊沢蕃山の治山・治水策

「大学或問」(第五条)の「治水策」のうち、川除(かわよけ、河川改修)・築堤について蕃山の所論をみてみよう。自己の体験に基づいて、方法を具体的に述べており示唆に富む。川除の方法は、岡山城下、旭川の度重なる氾濫を防ぐため、蕃山が指図して実践したものである。その具体的手法については説明がなく「予がいひたる様に全はなけれ共、大形にはしたりし故、其の後数度の大雨にて水出たれ共、城下つつがなし。此の跡を見ば、其の道に器用なる人は心付事も可有か」と成果を述べているに過ぎない。次に、築堤については、旱害(「大旱に日損」)に備えて大池をつくった経験に基づいた叙述である。

「堤は自然の山のごとく、土はかたくし、荒手(堤の両端の岩の根元を切り抜いてつくる水抜きのこと)は天然の流れのごとくする時は、いか成大雨洪水にも、破損することなし」と前置きして、底入れ(注:浚渫)、水抜き、堤の材料の厳選と築き方を詳細に述べている。「工事のために十分に費用と時間をかけよ」と主張している。

続いて「大学或問」(第十条)の「治山策」は「森林対策」である。治山は蕃山の政治思想の根源に触れるものである。それだけに蕃山の所論は「大学或問」でも精彩あるものの一つとなっている。論調は第十条の「諸国山林茂り川深く可成事(なるべきこと)」に見える。冒頭に「山川は国の本也」と掲記されており、蕃山の「治山治水」に関する基本思想が示されている。蕃山著「祝義外書」では「山川は天下の源なり。山又川の本なり」と記述している。

蕃山によれば、乱世となって山が荒廃し川が浅くなった場合、それが元通り回復するには150年ないし200年はかかるが、「仁政にては百年の間には本の山川に戻るべし」ということになる。これを前置きとして具体的方策が述べられてゆくが、そこでは仁政による天下の借金の解消、蓄積された余剰米を資本とし、労働力としては在地の困窮農民および集団移住農民をこれに当てることを提案し、留山や入会山林の経営に言及する。

森林保護と神社建造中止

さらに植林の種類に触れて、松山の害を説き(ただし地味によっては松山に適した地域のあることも認めている)、水の保持力の強い杉・ヒノキの植林を勧める。治山の真髄としている。彼は言う。「松にかかりたる雨露毒なる故に、下木下草も生ぜず、田畑に落入てあしし。其の上松山には、夕立雨もおこらず。吉野金剛山、其の外の太山共の伐あらしたる峯谷には、杉ヒノキの実をまかすべし。東国北国、其の外にも杉ヒノキの実多き所ありといえり。其の道に器用なる者に命し給はば、彼に付き是に付き、山は程なく茂りなん。杉ヒノキ並に雑木、山々に多くば、夏は神気盛に成て、夕立度々すべければ、池なくとも日損なかるべし。山しげりて山谷より土砂を出さずば、川は一水一水に土砂海に落てふかく成べければ、洪水の憂もなかるべし。富有の大業を生ずる事あげてかぞへがたし」

神社仏寺の建立をはじめ、国々の城中、武家屋敷、江戸の諸屋敷、諸国の在郷町の作事等、材木を必要とするものが多い。大きな需要にいかに対処するかが問題となるが、これについては「大道行はるる時は山の木を切らでも、材木の事かけざる積もりあり」とし、ここでは神社・仏閣の建立について問題点を指摘する。

神社の方では、まず「原廟」(同じ神を祭るためあちこちに社を立てること)の弊害を挙げ、山が昔のように復するまでは、「天照皇(大神)は伊勢山田ばかり、八幡宮は宇佐ばかり、春日は奈良ばかり(下略)」に限定し、「諸神社あらたに作り直す事をやめて、其の末社のたたみたる木を以て修理のみせば」材木は使いきれないほどになる、と提言する。

産土(うぶすな)の神の場合も同様で、大和国(やまとのくに)の場合ならば春日・三輪・竜田・生駒等をそれにあて、「原廟のみにて本社の神なき所には、一国の社稷(しゃしょく、朝廷)の神を立て、たたみたる原廟の神をうつし、寄せ神のごとくする」方法ありとする。過激な自然(山林)保護策である。

蕃山が政治的手腕をふるった備前の地は備前焼の産地であり、また海浜は製塩の盛んに行われたところである。その燃料として火力の強い松の木は欠くべからざるものである。と同時に、燃料にあてるため乱伐されて裸山となった花崗岩質の山においては、松しか生えないという備前の特殊条件を蕃山は熟知していた。

「集義外書」において、「焼物」と「塩浜」の害を指摘している。蕃山自身は数箇所で松の植栽を行ったことが伝えられている。実践家蕃山は「緑のダム」(森林の水源涵養機能)の概念を経験とその成果で感じ取っていた。「山川は国の本也」である。蕃山の墓は茨城県古河市の鮭延寺にある。(次号では明治期以降の治山・治水策を検討する)。

参考文献:「洪水論」(高橋裕)、「熊沢蕃山の研究」(宮崎道生)。

(つづく)