出典:http://www.samatters.com/situational-awareness-starts-with-the-size-up/

アメリカの消防士の日常的なイメージトレーニングとしてサイズアップ訓練(活動判断訓練)がある。サイズアップ法訓練は火災防御活動だけではなく、交通事故、土砂災害、地下鉄事故など消防士達が現場活動するあらゆる事故に対して使える訓練法である。

その火災バージョンが下記のビデオ。


出典:YouTube/CFD Training / Height and Construction SizeUp

サイズアップ訓練の手法は下記の通り

1、各建物の映像を約10秒間観たあと、映像を止める。
2、建物の構造による排煙箇所の選別
3、消火栓の位置と各種消防車や救急車の停車位置、必要な消防車の台数を判断。
4、風向きや隣接建物や樹木の種類を判断し延焼方向を判断。
5、建物内への進入方法や進入箇所、ドアの破壊器具の選定判断。
6、要救助者の救出方法と搬出後の救急処置スペース判断。
7、消火隊員・救助隊員の合理的な配置

できる限りの活動判断をそれぞれが隊員が1人1分以内で具体的に発表する。

あまり気づかないのが風向きの判断方法や樹木の種類による延焼の危険判断だ。もみの木や松など、油分を多く含む樹木が風下方向にある場合は、隣接建物への放水と同時に樹木への放水も効果的だと思われる。

さまざまな視点や考えを持ったすべての隊員が発表し、ホワイトボード等にまとめて書き出す。その後に再び建物を見て、皆で最適な消防活動を話し合う。その際に理由、改善案、検討案、注意点などを挙げていく。

一番若い隊員から発表することで小隊全体のレベルアップした点を知ることができる。また小隊長以下、すべての隊員が小隊長になったつもりで発表することで、指揮、統率を含めた現場活動判断能力が育つ。また小隊長は各隊員のレベルを知ることができ、安全管理にも生かすことができる。

そして次の違う構造の建物の映像を見ながら、同じ訓練を繰り返す。

このサイズアップ訓練のルールは、活動判断は行うがひとつの固定した戦術や答えなどを決めてしまわないことが前提。理由は答えをたくさん挙げることにより、臨機応変な対応力を向上させることが目的だからだ。

また、延焼方向を知るために旗や木の葉を見て風の方向を判断したことなど、普段気づかないことを現場で生かせるような発見をし、隊員間に与え合うことも重要。現場到着後それぞれがどのように動くかを自動的に判断。双方向的に意見を出しあって活動を合理化し、救命活動や延焼阻止などをスムーズにすることを目的としている。

次のサイズアップ訓練映像は、指令センターへの通報内容の確認や建物構造の判断、応援要請の必要性判断、危険物の有無、呼吸器着装の位置、隊員ごとの消火活動の手順、要救助者の検索優先順位判断などを含んだアドバンス的な内容である。


出典:YouTube/CFD Training /SizeUp Complete Report March 2017

サイズアップ訓練に使うビデオは内部映像資料としてアーカイブ化され、活用することも可能。火災関連の場合は映像や写真を撮影しやすいため、訓練ビデオを作成しやすい。

出典:http://www.commandsafety.com/structural-anatomy/combat-fire-engagement/

重要なのは訓練の進行役のファシリテーター役である。できれば、小隊の中堅的隊員がサイズアップ訓練に用いる映像とコンテンツの作成から関わり、ファシリテーターとしてのポイントを事前につかんでおくこと。

いかがでしたか?

日本の災害事情を考えると、大地震による化学物質関係プラントや燃料所蔵所などの複合大火災を想定した災害対応訓練として、このサイズアップ訓練を採用できるかもしれない。

たとえば、「台風下 (10月頃)の午後9時頃、テロリストが機内警備が十分でない外国籍の航空機をハイジャックして、 石油や高圧ガスのタンクヤードが隣接するコンビナートエリアに墜落させ、強風によって複数のタンクに延焼。近くには工場夜景見学ツアーに来ていた160名の外国人観光客がいるもよう」という複合災害のケースだと検討しなければならない幅が広がり、事前にどのような予防や対策が必要なのかといった、ワークショップを通じて得られる成果物が多そうな気がする。

このシナリオの発想は下記のマニュアルからヒントを得た。

■川崎市に大地震が起きた日/企画・編集/川崎市総務企画局危機管理室
http://www.city.kawasaki.jp/170/cmsfiles/contents/0000083/83589/BousaiEhon.pdf


■川崎臨海部コンビナートの安全対策 ~ コンビナートの災害予防対策・災害応急対策 ~
http://www.city.kawasaki.jp/840/cmsfiles/contents/0000048/48740/_combinato_pamphlet.pdf

それでは、また。


一般社団法人 日本防災教育訓練センター
代表理事 サニー カミヤ
http://irescue.jp

(了)