日本自動車輸入組合が6日発表した3月の外国車の販売台数は、前年同月比13.1%減の3万1888台と落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で来店客が減少したことが響いた。昨年10月の消費税増税も逆風となり、6カ月連続で前年実績を下回った。2019年度は前年度比5.1%減の29万2109台で、5年ぶりの前年割れとなった。