現場に到着したら、「もし私の声が聞こえたら、こちらまで来てください!」と声で知らせる(画像出典:wikipedia 東日本大震災被災地で活動する川口市消防局の特別救助隊)

※前編はこちらから 第7章 市民レベルの捜索・救助活動(前編)

■捜索・活動要領

さあ、いよいよ次の手順に従って捜索(検索)活動を始めてみよう。

1) まず現場(建物内外)に到着したら、次のように要救助者へ声で知らせよう。「もし私の声が聞こえたら、こちらまで来てください!」もし誰かが来たら、その人からできるだけ詳細に現場の様子を聞きだすのだ。「他に誰かいるのか?」「どこにいるのか?」など。そして現場の状況に応じてその場で留まらせるか、避難させるかの指示を出す。その際は指示を受ける人の心理状態や様子をよく観察して、簡潔に短く分かりやすい指示を出すように心がけたい。

2)機能的な捜索パターンで行う。例えば多層階の建物であれば下から上または上から下、各階のフロアーでは右壁周り、または左壁周りなど。1つの部屋には6面あることを忘れてはならない。床面、天井面、壁が4面だ。このように、捜索では漏れがあってはならないということを肝に銘じよう(図2)。

 

3)止まって耳を澄ませる。動きながらかすかな音を聞くのは大変難しい。立ち止まり、耳を澄ませて、要救助者の叩く音、声、気配を救助者の五感を働かせて探すのである。現場での騒音が激しい場合などは、周りの作業者の協力を得て、全ての重機や車輌のエンジン等を止めてサイレント・タイムを設ける場合もある。

4)三角法は要救助者の位置がはっきりしない場合用いる手法である。これは3人の救助者が要救助者の音を頼りに3方向からライトで照らしながら検索する手法で、フラッシュライトの光が要救助者の障害物となる物から影ができるのを防ぐ手法だ(図3)。

 

5)救出した要救助者、まだ救出されていない要救助者の記録をしっかりと報告しよう。特に公設の救助隊が現場へ到着した際はこの内容をきちんと伝えることが重要である。

■屋外捜索活動 

捜索活動は建物内だけに限った話ではない。土砂災害、津波災害、台風、雪害等のシチュエーションでは屋外で捜索活動をしなければならないケースが多く発生する。捜索活動に参加するものは、現場指揮官の作戦をよく理解し、どのような目的と戦術で活動を成功させればよいのかチームの一員として自覚して欲しい。屋外の捜索活動には「グリッド方式」「ライン方式」「四分円方式」「ゾーン方式」「スパイラル方式」などの活動要領があるが、ここではよく使われるグリッド方式の解説をする。 

捜索活動を実施するにあたり、最もやってはならないのが、やみくもに戦略もなく捜索することである。まずは捜索する必要がある現場を碁盤の目のように分割し、捜索する場所の優先順位を付ける。次に升目を一つずつ捜索していくのだが、救助にあたる隊員は3mから6mくらいの間隔で横一直線に並び順番に声をかけながらゆっくり前進していく。横の間隔は隊員同士の声が届き、目視できる距離とするので、昼夜、がれきの状況などにより変える必要がある。捜索に漏れがあってはならないし、お互いの活動を安全にするためにも距離は重要となる。上記を鑑みると、碁盤の目の大きさは隊員の人数や現場の状況によって判断する必要がある。全てにおいて重要なのは、「第3章チームの安全を守るICS」でも解説したように、現場のアセスメント(評価)をチームでしっかりと行い、チームとしての活動方針に沿った活動を実施することである。

碁盤の目のようにエリアを分割し、優先順位をつけて升目を一つひとつ捜索していく

1. 要救助者または救助活動の安全環境をつくり出すために物や瓦礫を開放し取り除く活動。
2. 要救助者のトリアージと応急処置。
3. 要救助者をできるだけ早く安全なエリアへ搬送する活動。

これらの活動を行う上で、救助者と要救助者の安全を確保するために安全な活動環境を作り出し、あらゆるリスクを軽減することが重要であるが、いくつかの原則を市民救助隊(Community First Responder、以下CFR)、または民間事業者緊急対応チーム(Corporate Emergency Response Team、以下CERT)メンバーは守るべきである。

• 救助隊の安全が第一(ボランティアや市民レベルが行う救助活動中に2次災害に巻き込まれて死傷するケースが最も多い!)

• 軽度あるいは中程度の損害建物以外の捜索救助活動は実施しない(引き際を決めること!)

• あなた自身の限界を知る(己の体力と気力の限界を知らないことは危険である!活動中にも休憩を取り、水分補給や栄養補給をしながら落ち着いて、健全な精神状態を保ちながら活動すること!)

• 安全手順を遵守する(バディで作業、重量物の取り扱いについては前号参照!)

■てこの原理とクリビング

てこは支点・力点・作用点の位置により三種類に分類され、位置関係により何倍の力を発揮できるのかが変わってくる。重量物の持ち上げには第一種※、移動には第二種※が使用される。 

クリビングは、てこを使用して持ち上げた重量物を安定化させ保持するのに使用。井桁のように組み上げていき、安定化させる。てこで持ち上げただけでは余震や体力の限界が来た時に重量物を安定させ続けるのは困難なので、持ち上げるよりもクリビングで安定させることを念頭に活動する。

※第一種=最も倍力効果が高い。力点を押し下げると作用点には上向きの力が発生する。くぎ抜きやプライヤー、シーソーなどが代表。
※倍力=支点から力点間の距離と支点から作用点の距離で倍力は計算できる。
※第二種=二番目に倍力効果が高い。支点と力点は端に位置し、作用点は中間。力点を持ち上げると作用点も持ち上がる。
※第三種=軽い物を遠くに投げたり、遠くの物を動かしたりするのに使用され、重量物の持ち上げや移動には適していない。

 

■救出方法 

がれきに閉じ込められたり、挟まれた被災者の救出をする前に、圧挫症候群(挫滅症候群:クラッシュ・シンドローム)に留意すること(第6章災害救護(1)参照)。

 

リーダー:状況把握と活動方針の決定。潜在危険(大気の状況や二次倒壊)や目に見える危険の把握と評価、被災者の状況、瓦礫の重量や強度、テコ、テコの支点、クリビングに使用する部材の強度、どのくらい持ち上げれば救出可能か、余震等が発生した際の退出ルート等を決定し周知する。各隊員の配置を決定し、活動全体が見渡せる位置に立つ。

リフター:リーダーに指定された場所に支点を作成し、指定された高さまで、てこで重量物を持ち上げる。

クリバー:リーダーに指定された場所でクリビングを設定する。

医療/救出係:被災者の頭側に位置し、被災者への声かけと、あとどの位持ち上げれば被災者を救出できるのかをリーダーに報告する。 

 

クリビングに使用する部材の大きさや高さに合わせて重量物を持ち上げ、部材を挿入するスペースができたら直ちに挿入する。一度に高く持ち上げようとするのではなく、少しずつ慎重に持ち上げることが重要。決して持ち上げた部材を被災者の上に落としてはならない。重量物の落下は、速度がつくために被災者の状況を救助の前より悪化させてしまう可能性が高い。一般的には2×4や4×4の角材を井桁に組んでいくが、大規模災害下においては機材の入手が困難な場合も考慮しなければならない。米松の場合であるが、2×4や4×4材で組んだ井桁の重なり合った部分の強度は約3tとなる。

■救出方法

重量物の荷重をてこからクリビングへ載せ変え、安定が確認できたら要救助者を救出するのだが、その際に要救助者の体の一部でも重量物やクリビングに接触させてはならない。また、要救助者を引き出すスペースを安全にするため、救助者のつまずき等を防止するために、事前に活動スペースや退出路の瓦礫等を除去することも重要である。現場指揮官は要救助者の状態、救助者のマンパワー、周辺の環境、に応じた救出方法を決定し実施する。なお、非開放性頭部損傷や脊椎損傷の疑いのある要救助者の救出・搬送には細心の注意を払うこと(第6章災害救護(2)参照)。

■まとめ 
ここでは市民レベルによる捜索救助活動について解説したが、まず第一に重要なことは救助者の安全を最優先事項に考えなければならないということである。2次災害で一般市民が犠牲になることは絶対にあってはならないことだ。そのためにはいかに市民レベルといえども最低限のルールを遵守し、正しいサイズアップ(活動判断)を実行し、引き際を理解した活動を実施しなければならない。そして、いざ捜索救助活動を実施する際は「第3章災害心理学、勇気の心と寄り添う心」の中でも触れたように、要救助者の心に寄り添った活動が実施されることを切に願うものである。 

次号は危険物/テロ災害対応について解説する。

参考文献:
・COMMUNITY EMERGENCY RESPONSE TEAM. Basic Training Instructor Guide.FEMA.DHS
・消防業務エッセンシャルズ第6改訂版日本語版

(了)