2020年5月16日(土)午後6時26分、ロサンゼルスのダウンタウンにある327 E. Boyd St.で構造物火災が発生しているとの通報を受け、LAFD(ロスアンゼルス市消防局)が出動した。

指令から4分以内に先着隊が現場到着したところ、1階建ての商業ビルから煙が立ち上っていることを覚知した。早朝で、営業していなかったため、消防士がエンジンカッターを使って、店舗のシャッターを開け、屋内への放水と進入準備を行った。

空気呼吸器の面体を着装し、1階部分の屋内消火活動を開始すると同時に、はしご車隊と後着隊を屋上に向かわせ、垂直ベンチレーション(火点直上排煙を行うための開口部作成)を行い、屋上の活動隊員が、消火活動を続けているうちに、突然、黒煙の量が増え、甲高い音が聞こえてきた。

建物内部から、大きな爆発音が聞こえ、屋上の消防士達は火災状況の変化を察知し、活動環境が急速に悪化したため、屋根上で指揮を執っていたキャプテン ビクター アグアイアー氏が、「メーデー、メーデー、足下から巨大な爆音が聞こえたため、退避する」という至急報を入れ、無線を終えた瞬間、予め緊急避難ルートとしていた、はしご車に飛び乗って急いで逃げるよう、11名の全隊員に指示し、自分は最後に脱出した。

その直後、次々に大爆発が発生し、はしごを使って屋上から降りてきた消防士を包み込むような大規模な火の玉が発生した。焼け付くような熱はヘルメットを溶かし、防護服やフードを燃やし、はしご車の電気ケーブルは火炎による高熱のため油圧が急激に上がったためか動作不能となり、消防車両の塗装は燃えて膨れ上がり、剥がれ落ちた。

このような危機に直面しながらも、キャプテン ビクター アグアイアー氏は、全身火傷を負いながら、屋根上の活動隊員が全員避難するまで、「First In -Last Out(最初に現場進入して、最後に退出すること)」を貫き、一番最後に避難したことが、現場指揮者の鏡だと世界の消防関係者から賞賛されている。

 

ロサンゼルス市消防局の広報官、キャプテン エリック・スコット氏によると、爆発燃焼発生後、高さ約20メートル、幅30メートルの激しく燃えさかる火煙の中をくぐり抜け、はしご車を使った脱出時に消防士12人がやけどを負い、ロサンゼルス郡USC医療センターに救急搬送されたと、メディアへ現場速報を伝えた。

 

また、救急車で搬送する前に脱着した消防士のヘルメットは、火炎の高熱で溶けて変形し、防火衣は黒焦げて破けた状態、空気呼吸器も面体やホースが溶けて、元の形が分からない状態だったため、爆燃により、80キロワットの熱量(約1000度)を緊急退避した消防士たちが、曝露してしまったことが予測できると語った。

火災当日、16日夜の時点で、4人の消防士は「3度熱傷」のため集中治療室で治療中で皮膚移植などの可能性、2人は気道熱傷のために人工呼吸器を使用しながら体のやけどを治療中、他の5人の消防士は上半身に軽度や重度までさまざまなやけどを負っているという。

LAFDの医療責任者であるマーク・エクスタイン博士は、あれだけの火炎の中を緊急脱出した映像を見ても分かるように、ヘルメット、防火衣、手袋、空気呼吸器などの個人装備は、焦げて使えなくなったが、しっかりと隊員の命を守ってくれたと語った。

ブタンガスの危険性

爆発が起きた建物は、SmokeToke(https://www.smoketokes.com/)という、ブタンガスを使った麻薬のような嗜好品(吸引すると、脳を麻痺させ、眠気、めまいを生じさせる)を販売している会社の倉庫。今回は、特に麻酔作用があるブタンガスを使って大麻草の成分を抽出した大量の大麻ワックス(ハッシュオイル、ブタンハニーオイルなど呼び方はさまざま)に引火したという情報もあり、消防が爆発の詳しい原因を調べている。

この大量に燃焼したと思われるブタンハニーオイルは、大麻から高誘導性の化学物質THCを抽出して作られる非常に強力な濃縮物。このオイルを蜂蜜状にして専用カートリッジに入れ、フルーツなどの香りを付け、パイプのような喫煙具、気化器や気化ガス発生器などの器具を使って吸引する。

なお、この会社は国際的にビジネスを展開していることから、世界中の卸先などに対し、倉庫で商品の引火による爆燃火災の恐れがあることや、現地消防局への取り扱い報告を促している。が、ブタンガス、プロパンガスやアセチレンガス等の可燃性の気体は引火して火災を引き起こす危険性はあるが、ほとんどの国ではこれらのガスが消防法上の危険物には該当しないということで、大きな課題となっている。

もう一つの課題は、現場建物前で現場活動中の空気呼吸器を着装していても面体を付けずに放水活動をしていた隊員が、大量のブタンガスと大麻の気化ガスを吸引してしまい、活動への支障や二次的な健康被害を被ったこと。

特にブタンガスを吸引することによる健康影響は、中枢神経系(CNS)へのダメージ、心臓発作や低酸素脳症と重篤。特に妊婦が吸引することにより、妊娠27週または30週に高濃度で単回曝露された場合、胎児に重大な脳損傷と臓器の発育不全が起こることも明らかになっている(引用:急性曝露ガイドライン濃度  (AEGL) Butane (106-97-8) ブタン)。

急性曝露ガイドライン濃度  (AEGL)
Butane (106-97-8) ブタン
http://www.nihs.go.jp/hse/chem-info/aegl/agj/ag_butane.pdf

医薬品とブタンガス:埼玉県保健医療部 薬務課 薬物対策・献血担当
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0707/dame-zettai/pharmaceutical-drug-and-butane.html

ガスパン遊びに乱用されるブタンガス等の毒性等に関する調査研究
https://research-er.jp/projects/view/123909

下記のリンクでは、ブタンハニーオイルによる爆発火災における負傷者やその被害の怖さを学ぶことができる。

https://www.youtube.com/results?search_query=The+Shocking+Danger+of+Making+Butane+Honey+Oil+

下記の映像では、オレンジ色の激しい炎が黒煙とともに立ち上る様子が映っているが、炎の大きさや噴出するボリュームと爆燃スピードから考えて、大量の商品に引火した燃焼ガスが爆発限界に達し、一気に爆発燃焼を起こしたことが分かる。


(出典:ONSCENE TV)

 

日本でも昭和の時代から、ライター用やカセットコンロ用のガス、スプレー缶のガスを吸引する遊びは、安価で手軽に手に入るため、主に中高生の間で行われてきた。

鳥取県医師会ホームページの「健康なんでも相談室」のなかで下記の内容を紹介しているが、もし日本で今後、若者向けにブタンガスにフルーツの香りを付けて、かわいくパッケージした、現実逃避を目的とするような商品が販売された場合、簡単に規制できるだろうか?

カセットコンロ用のブタンガスは、近くのスーパーやホームセンター、通信販売でも簡単に購入できる。乱用者によっては住居に数百本の空き缶が転がっており、このような現場に出動した際は、火災の急激な拡大の危険も予測できる。

(引用:鳥取県医師会ホームページ)http://www.tottori.med.or.jp/nandemo/仕事がなく、ライターのガスを吸引している息子

―薬物の快楽は一瞬、さらに、現実をやり切れないものにする―

現在は第三次覚せい剤乱用期で、中学生や高校生の間でも薬物乱用が急増しており、社会的影響は深刻です。この鳥取でも、薬物乱用あるいは依存者が精神科医療機関を受診し、相談・治療することも増えてきました。法律で規制されている薬物は多々あり、酒・タバコ、咳止め薬、鎮痛剤、精神安定剤、ガスボンベのブタンガス等もその依存性が警告されています。量が増えると脳、呼吸器、肝臓などに中毒症状が出ます。

多くは自分を肯定できない居場所のない若者が、仲間に誘われ気分を楽にする目的で、薬物に走ります(図参照)。次第に使用量や回数が増え、自分で中断することも加減することもできなくなり、生活が破綻し社会的信用や健康を損なっていきます。回復を信じ病気として理解し、勇気を出して保健所や県福祉保健部、回復者施設等に相談することです。

警察からも注意を促すブタンガス中毒やガスパン遊びに危険性を伝えるサイトが多く存在する。

(引用:愛知県警)
https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/shounenhikou/yakubutsu/3shou.html

ガスパン遊びの危険性

・麻酔作用
吸入すると脳が麻痺して酩酊状態になります。
幻覚、幻聴、妄想、時には激しい興奮状態を生じます。

・酸素欠乏
ガスを吸入することにより、急激な酸素欠乏を起こします。

酸素欠乏により呼吸停止、死亡する可能性もあります。

・引火・爆発
ガスパン遊びに使用されるガスは引火性が高いので、密室で喫煙のための火などが引火し爆発する事故が起きます。

など。

予期せぬ出来事を予期するためのスキル、「Signal Reading (シグナルリーディング)」とは?

アメリカの消防現場活動における安全管理の基本の一つに、FPAP : Foresight(予知)、Prediction(予測)、Anticipation(予見)、Prevention(予防)という、活動隊員を最大限に身を守るための「Signal Reading (シグナルリーディング)」を全ての隊員が身に付けるスキルがある。

Signal Reading (シグナルリーディング)を分かりやすく説明すると、「現場から発せられているさまざまなサインを読む」ということだが、出動中に無線で入ってくる火災対象物情報から考えられるリスク、現場到着後の活動環境から考えられるリスク、現場内で体験した、匂い・音・熱・煙の色・異様な屋内環境・違和感など、さまざまな視覚や体感情報をサインとして読み取り、無線で共有しながら、消防活動を安全、かつ最小限のリスクで進めていくためのスキルである。

今回の爆燃火災で、11人の消防士がやけどなどをして病院で手当てを受けているが、いずれも命に別状はないということ。また、火災は2時間後に鎮火させたということが、このSignal Reading (シグナルリーディング)のスキルを培っていた結果であるといえる。

もちろん、今回、出動から現場到着までの現場を左右するゴールデンタイムの間、活動支障となる危険に関する情報を得ることができず、先着隊が現場到着後にとても強い大麻の燃えた匂いを感じ、違和感を覚えたが、気に留めずに通常の火災防御を続行していたという事実はある。爆発後に大量に飛散していたブタンガスのボンベを見るまでは、あそこまで巨大な爆発燃焼は予測できなかったとしている。

今回の火災で、ロサンゼルス市消防局のエリック・スコット隊長は、爆発の様子を「……非常に火炎が高く、そして、広く、エリア全体が雷のようにゴロゴロと音を立てて..….」と説明しているが、今後、さらなる調査により、爆発の真の原因が明らかになるだろう。

テナントであるSmoke Tokes(スモークトークス)社の建物がブタンハニーオイルを製造するための原料供給会社の建物に隣接していたのか、消防士が火災建物の内側と外側で大量に発見した小さなブタンガスの缶を発見したが、どこに・どのように・どのような保管環境で積載されていたのか?が検証される。

この火災はまだ調査中ではあるが、映像で紹介されている無線交信を聞いていると、いくつかの初期評価の教訓を特定できる。

それは、1階部分から最初に入った中隊員が、中の様子について、とっさに「何かがおかしい」ことに気付き、同行していた隊員に緊急避難を命じたことで、過去の火災現場で培った「勘」による行動が多くの屋内侵入していた消防士の命を救ったのではないかといわれている。

現場環境変化の兆候やシグナルを理解することは、脳卒中や心臓発作の兆候や症状に気付く必要があるようなもので、状況に応じて迅速に評価して判断し、かつ行動しなければ状況は悪化するばかりであるため、常に予期せぬ事態を想定しておくかが、いかに殉職予防につながるかを証明した事案であるとも言える。

予期せぬ事態を乗り切るためには、予期せぬ事態に対応する準備をしておくことが必要であり、どのような現場でも緊急事態発生時には迅速に介入して活動を支援するチーム(RIT)は、現場指揮官にとって不可欠な隊である。

現場で至急報が発せられたとき、1人の消防士が倒れたのか、複数の隊員が閉じ込められて、行き場を失ったのか?など、無線から伝えられる数秒の情報を受信すれば、全部の活動隊員の体には一瞬にしてアドレナリンが駆け巡り、事態をイメージした上での感情を管理するのは十分に難しくなる。

さらに「11人の消防士が倒れたという無線情報に対して、どうやって各隊が11人の消防士が倒れていることに気付いて、救出行動に活動のシフト変換を行うか?」という課題を突きつけられる。

現場指揮者は、常に全体像の管理に焦点を当てる必要があるが、メーデー(至急報)が発せられた場合は、一瞬にして全隊員が無線に集中し、危機的な状況に陥っている消防士達の救出に当たるように指示する。

また、各活動隊員がどこでどのような活動をどの程度行っているかは、指揮版や活動チェックリストを併用することで、現場活動の進行状況や安全管理を具体的に行うことができる。

オールアメリカで次の現場活動に生かす

米国の多くの消防本部では、下記の活動チェックリストを使用して全体を常に把握し、現場指揮を具体的に行えるように工夫している。


また、メーデーが発せられた際には、下記の至急対応チャートを用いて、具体的な消防士の救出や事態の大きな変化などに対応している。

上記のリンク先の記事を書いたマーク・バシュアー消防長は、読者に下記のことを問いかけている。

1. この記事を読んでいるあなたが所属する消防組織には、現場で消防士が火災建物に閉じ込められたり、緊急事態に陥った際の対策として、上のような至急報の対応手順リスト手順を作成して、車載しているだろうか?

2. 現場活動中の自分自身のリスク管理や他の隊員を救助するために必要なサバイバルレスキュースキルと、至急報の内容を管理するためのインシデントコマンド機能の両方を、無線器を活用しながら実践的な部隊訓練で定期的に行っているだろうか?

3. あなたの所属する消防署は、現場活動時における、PARチェック(活動隊員管理)、RIT(緊急救出チーム)、2-in/2-out(2人の屋内侵入隊員、2人の屋外待機隊員)、至急報の対応手順を取り入れているだろうか?

4. 管内でブタンガスを製造し、大量に保管している倉庫の災害に対する環境は安全か否か、把握しているだろうか? また、量に応じて必要な消防設備を設置しているだろうか? さらに、このような火災の二次災害リスクの高い施設毎の警防計画を作成しているだろうか?

米国の消防では、過去の似たような火災後の対応事例において、指令を受信した瞬間から活動各隊員が安全に帰署するまでの、一連の全てが見直されてきた。

例えば今回の事例では、通報から先着までの8分間、ディスパッチャーが通報者にこの建物の内容物の種類や貯蔵物の量、建物面積や道路状況、避難者状況を把握し、危険性や困難性、対象物の特徴などを各隊に共有したのか?

また、風向きと道路幅、出火場所の高さによるはしごの架梯位置の判断や先着隊が、放水を優先する開口部の特定、進入口と退出口の判断、緊急脱出のための二方向避難、指揮隊や各隊の活動が、迅速に評価・判断・行動された内容であったのか?
など。

米国の多くの消防本部では、現場の安全配慮義務を証明する意味もあるが、活動記録として、通報から全てが音声や映像で記録されている。そのため、実際に活動した全部の隊が、まずは自分たちの動きを検証しながら、功をなした活動、改善すべき活動を洗い出して、活動報告書の初稿(外部向けと内部向け)を作成している。

そして次の段階では、全米消防長会の火災戦術活動部会などで組織されているアメリカ主要都市の消防危機管理担当者が活動報告書を読み、映像を見た上で意見やアイデアを出し合って、オールアメリカで次の同じような火災に対しての戦術を話し合ったり、映像での改善案の紹介や先に進むという体制を構築している。その過程でPPEの改善や着脱の時期の判断、緊急脱出時の手順、現在の火災防御体制のフォーメーションなどを考え、工夫し、改善し、反映するという対応を行っている。

危険な目に遭ったからと言って、次からの現場活動が消極的な活動になる必要はなく、いかに安全に活動し、「隊員を帰りを待っている愛する家族のもとに帰宅させるか?」という「自他への愛の力を形にする=ヒーローイズム」を大事にしているからこそ、米国では消防士をヒーローと呼ぶのではないだろうか。

下記のリンク先では、さまざまな角度から今回の火災の全容を知ることができる。消防関係者には、ロサンゼルス市消防局の広報キャプテンのメディア発表内容や、時系列で起こったリスクへの対応など、いい学びの機会になるかもしれない。

https://www.youtube.com/results?search_query=Los+Angeles+explosion+11+firefighters+injured

●YouTubeを日本語で翻訳で見る方法

1. YouTube画面右下の「CC」をクリック。
2. その右の歯車をクリック。
3. 「Subtitle/CC」を選択後、「English」を選択。
4. 再度「English」を選択後、その下の「Auto-translated」を選択し、「Japanese」または一番下の日本語を選択。

 


一般社団法人 日本防災教育訓練センター
https://irescue.jp
info@irescue.jp