「たびレジ」誕生のきっかけ

ちょうど20年前ペルーの大使公邸占拠事件,ここから私が在外邦人保護に携わるようになりました。2013年のアルジェリアのプラント人質事件や2016年ダッカ襲撃テロ事件では、政府専用機に乗って現場に駆けつけ、現場で体制を組んで対応しています。

アルジェリア事件を契機として在外邦人への安全対策は大きく動きました。3カ月以上の滞在者で在留届を出している人に対しては情報を伝達できますが、3カ月未満の旅行者や短期出張者については連絡先がわかりません。これをなんとかしなければいけないと考え「たびレジ」を導入しています。

2016年のダッカの教訓を踏まえ,中堅・中小企業の安全確保も急務となりました。そこで、セミナーにも力を入れています。領事局に対する講演依頼は、3年前で年間約15件、2年前は30件ぐらいだったのが、昨年度は100件を超えました。やはり危機管理に対する関心は本当に年々高くなってきていると感じます。

治安情勢をエリア別に見てみましょう。外務省の危険情報を見るとわかりますが、欧州は基本的に安全だと考えています。ただ時折テロが発生していますので、ある程度注意しなければいけません。2016年はニースでトラックを利用したテロもありました。テロの襲撃に巻き込まれてしまうと身を守ることは困難です。リスクをどれだけ下げることができるかが重要になります。

情報収集や発信も大きなテーマです。私たち外務省が得た情報をどう対外発信しているのか。それは外務省の危険情報を見ていただくことが一番です。例えば、欧州は基本的に安全な地域とうたっていますが、フランスではテロに対し「特別な警戒が必要です」、ベルギーには「テロに警戒してください」とあります。フランスの方が脅威度が高いのですが、両者のニュアンスの若干の違いを読み取っていただきたいのです。

東南アジアでもテロが発生しています。特にテロの脅威を感じるのはフィリピンです。危険情報に「事件が発生したダバオを含め南部はもとより、首都マニラを含む全土においてテロの発生に注意する必要があります」とあります。フィリピンには欧米人に人気のリゾート地もあります。ここも気をつけなければならないところで,日本人が誘拐されかけて難を逃れているケースは実はあるのです。誘拐になったら大きく報道されますが、未遂で終わった場合はあまり報道されません。危険情報では具体的な地名を記載して注意喚起していますので是非参考にしてください。

外務省海外安全ホームページの見方について触れましょう。トップページには、中央に世界地図があります。関心がある国をクリックするとまず危険情報が出ます。4つのレベルで地域ごとに安全対策の目安が表示され、自分の関心のある地域の治安情勢がどうなっているのかがわかります。

また、その国の安全に関する基礎データも非常に参考になります。例えば,インドネシアです。左手は不浄とされていますので使ってはいけない、頭は精霊が宿る場所として神聖化されているので、特に子どもの頭をなでるとトラブルの原因につながりかねない、そういったことが書いてあります。

ほとんどの在外公館では「安全の手引き」を作成しています。是非入手してほしいと思います。テロ対策、誘拐、交通事故、自然災害、旅行に対する注意事項等,詳細に掲載されていますので、参考にしていただきたいと思います。

テロに遭遇したら

外務省では全世界のニュースをモニタリングしています。24時間体制で大きなテロ事件や事故、または邦人被害の事件が発生したというようなニュースをモニタリングし、また、各国の大使館・総領事館が事実確認を行って,情報共有を行っているものです。

大きな事件があれば、初動の段階で外務省と官邸を含めた関係者との間で情報を共有しています。そして、1時間以内に在留届と「たびレジ」登録者のメールアドレスに事件発生の事実と注意喚起のメールを発信できるように努めています。このように、在留届、または「たびレジ」の登録をすると、いち早く情報入手できるのです。

主なテロとしては,爆発テロと襲撃テロの二つが挙げられます。爆破テロの場合は、1回目の爆発で人を集め、2回目には、より強力な爆発で多くの被害者を生じさせることもありますので注意が必要です。2回目の爆発は1回目の10~15分後に発生することが多いです。救援隊や警察、マスコミ等、より多くの人が現場に集まってきたタイミングを狙った犯行ですので、1回目の爆発があった場合には,いち早くそこの場所から立ち去ることが一番重要です。

襲撃テロの場合には、テロリストは自動小銃を持って中に入り込みます。現場に治安部隊が到着するのが平均15分間です。従って、襲撃があってから15分間、自分の命を守ることができるかどうか、これが生命のおそらくボーダーラインとなると思います。テロに遭遇するリスクを下げる方法としては、例えば、レストランでは、なるべく2階以上のレストランを使用します。2階まで上がって襲撃するのでは時間がかかりますので、1階部分で殺害が行われるケースが多い。ですから,2階以上にした方がよいというものです。

また、レストランの席のとり方です。一番奥の席に出入口に向かって座ります。なぜかといいますと、通常、テロの襲撃というのは、出入口から入り込みます。それをいち早く、0.1秒でも早く察知することができれば伏せることができるからです。反対に、出入口に背を向けて座っていますとテロリストが入ってきたことがわからないので避けるべきです。

その他にも、退避ルートを予め把握することが重要です。さらには、銃撃から身を守る、遮断するようなものや隠れる場所が近くにあるかどうか確かめることが重要です。

イスラム過激派の行動を見ていますと,欧米人がよく使うレストランを狙っていることが分かります。金曜礼拝の時間帯は注意が必要です。集団礼拝のある金曜日に外で遊んでいる方は異教徒であるとして,ターゲットになりやすいのです。また、独立記念日など多くの人が集まるような日も注意が必要です。

最後に、海外の安全情報の入手方法として「海外安全アプリ」を紹介いたします。2015年7月に導入されたもので,スマートフォンにインストールしますと,全世界の海外安全情報を見ることができます。更に,現地の緊急連絡先,在外公館の電場番号も掲載されており、非常に便利な機能となっておりますので是非とも利用なさってください。
(本記事は2月21日に当サイトが開催した海外リスクセミナーでの講演をもとに掲載したものであり、必ずしも外務省の公式見解でない場合もあります)

(了)