BCPを、企業の成長戦略につなげる取り組みが始まっている。

経済産業省は、「事業継続等の新たなマネジメントシステム規格とその活用等による事業競争力強化モデル事業(グループ単位による事業競争力強化モデル事業)」として、BCPを運用するための事業継続マネジメントシステム(BCMS)を、単に災害に備えるだけでなく、企業経営の差別化として、成長に結びつける試みを進めている。

大災害などの緊急時において、早期に復旧し、製品サービスを止めずに提供できるように事業継続力を高めることは、消費者や企業が今後、取引先を選別する上で、他社より優位に立つための重要な要素になる。同事業の現場を取材した。

 

グループ全体でBCMSを構築 
7月3日、都内の会議室に、大塚製薬のグループ会社や日立製作所のひたちなか総合病院とその関連団体など、病院医療機関で事業継続マネジメント・システム(BCMS)の導入を目指す企業グループが集まった。 

経済産業省が進める「事業競争力強化モデル事業」の概要や今後の進め方を説明する第1回キックオフミーティング。各グループは、「川上から川下まで物流も含めた医療供給体制を整えることで地域住民からも安心してもらえる医療グループを目指したい」(製薬グループの担当者)、「複数に点在する医療・福祉拠点がそれぞれBCMSを構築することで、競争力を強化したい」(医療法人の担当者)など、BCMSの構築によってグループ全体の価値を向上させることを目的に掲げる。 

経済産業省の事業競争力強化モデル事業は、2013年1月に閣議決定された補正予算に計上されたもの。東日本大震災以降、特に国内企業においては、被災時でも事業が継続できるようにするBCPやエネルギー管理が共通の課題になっていることから、これらの課題に対する取り組みとして、BCMSの国際規格「ISO22301」や、エネルギーマネジメントシステム(EnMS)の国際規格「ISO50001」に基づいた計画の策定や演習の実施などを同省が支援する。 

支援の対象は、地域や業界、サプライチェーンなどのグループ。運営事務局であるコンサルティング会社が、ISO22301やISO50001のマネジメントシステム規格の導入をサポートし、各グループはこれらの規格を戦略的かつモデル的に取り組むことで、単に災害に強いというだけではなく、組織力や事業競争力、ブランド力の向上を目指す。

7月3日のキックオフミーティングでは、経済産業省認証課の関口訓央課長補佐(当時)が事業の概要を説明した後、運営事務局であるニュートン・コンサルティングの副島一也社長がBCPやBCMSの枠組みや、構築に必要な作業について解説した。 

副島氏は「一般的なBCP策定・運用に対する作業割合を見ると、文章作成に8割の時間を割いて、残り2割のうち1割を演習、1割を維持・継続に充てるなど計画作りに大半の時間を割いているケースがほとんど。しかし、理想としては、文章作成は2割でもいいので、演習に4割、維持・継続に4割を割き、PDCAサイクルを回し、継続運用することが何より大事」と語った。 

続いて会場全体で災害時の対応シミュレーションを実施。地震編、水害編、新型インフルエンザ編の3編に分け、それぞれ3~4のシナリオを運営事務局が提示し、それについて、各グループが、どう対応するかを話し合った。 

当日の最後の作業は、グループごとに簡易のBCMSの計画を構築すること。グループとして日頃取り組んでいる事業について、関係する利害関係者(ステークホルダー)を洗い出し、BCMSの基本方針を決定し、さらに事業を支える重要業務を洗い出し、目標復旧時間を決めるなど、参加者は意見を交わしながら、配布された分析シートにグループ内で合意された結果を埋めていった。 

※災害対応シミュレーションと簡易BCMSの作成については、やってみよう災害対応シミュレーションやってみようBCMS(簡易構築)で詳しく紹介。

 

参加28グループの概要 
経済産業省の事業競争力強化モデル事業に参加するグループは28グループ。このうち、BCMSとEnMSの両マネジメントシステムに取り組むグループは、イオンや清水建設など8グループで、BCMSだけに取り組むグループは、大塚製薬や早稲田大学、日立製作所のひたちなか総合病院、リコーなど16グループ。EnMSだけに取り組むグループは、ダイキン工業やパシフィックコンサルタンツなど4グループとなった。 

イオンでは、グループ会社やエネルギー関連会社、自治体、テナント、地域住民、損保会社を含めたグループ全体で、流通業における地域連携防災拠点を核としたBCPおよびエネルギーマネジメントの先進モデルを構築し、競争力の強化を図る。清水建設は、東京都市サービス、シミズ・ビルライフケアとともに、京橋1・2丁目地区など既存都市域での段階的な地域連携によるエネルギー効率化並びに事業継続性の強化モデルを構築する。 

各グループでは、今後、それぞれの事業競争力強化を達成するための目標、計画を定めて、グループ全体の事業競争力・組織力・ブランド力などの強化を図っていくことになる。 
ニュートン・コンサルティングによると、各グループの具体的な取り組みは、適宜、当事業のホームページ(http://www.newton-consulting.co.jp/meti/)で公開されることになるとしている。 

経済産業省は2013年1月閣議決定の補正予算で、同事業費約5億円の事業費を計上している。

 

経済産業省事業競争力強化モデル事業参加グループ 2013年6月1日時点

BCMS&EnMS


 

●イオン株式会社
【取組テーマ】
流通業における地域連携防災拠点を核としたBCPおよびエネルギーマネジメント先進モデルの構築と競争力強化
【グループ構成】
・イオングループ各社
・ガス、電力各社
・自治体、テナント各社、地域住民、損保会社

●石坂産業株式会社
【取組テーマ】
ISO統合マネジメントシステム運用による“経営の透明化”と“自然と地域が共生”する建設
廃棄物の資源化産業を促進するモデル事業
【グループ構成】
・サプライチェーン(12組織)
石坂産業株式会社、エコクリエイティブ株式会社、アイエスエンジニアリング株式会社、フルヤ総業、増田興業、小谷野総業、エコ商品販売株式会社、伊藤興業株式会社、フルサワ建材株式会社、株式会社パルプ運輸、中田、NPO法人くぬぎグリーンネット
※6組織が統合マネジメントシステム構築に取組み、その他組織はカンファレンス[勉強会]などへ参加

●株式会社テクノファ
【取組テーマ】
サプライチェーンを含む総合病院の事業継続とエネルギー削減
【グループ構成】
・埼玉病院
・サプライチェーン
富士フイルムメディカル株式会社、日精医療食品、東邦薬品、MMコーポレーション、ガソリンスタンド、電力会社、など

●河内長野ガス株式会社
【取組テーマ】
河内長野ガス本社・防災支援拠点工事におけるエネルギーマネジメントシステム(ISO50001)導入および河内長野市等との防災協定に基づく産・官・民協働による地域BCP活動の基盤作り
【グループ構成】 
・河内長野市危機管理室
・学識者(紅谷神戸大学特命准教授)
・民間団体・NPO
長野小学校区まちづくり会議、河内長野市社会福祉協議会、かわちながの市民公益活動推進委員会
・KBI計画設計事務所(新社屋設計・監理)
・清水建設株式会社関西事業本部(新社屋設計・建設)

●清水建設株式会社
【取組テーマ】
既存都市域での段階的な地域連携によるエネルギー高効率化並びに事業継続性強化計画(京橋1・2丁目地区における新たなマネジメントシステム規格の導入による地域全体の競争力強化への取り組み)
【グループ構成】
・東京都市サービス株式会社
・株式会社シミズ・ビルライフケア

●大日本スクリーン製造株式会社
【取組テーマ】
半導体製造装置のサプライチェーンにおける事業継続およびエネルギーマネジメントの取り組み
【グループ構成】
・ジェラン、その他60社程度(エネルギー運用
改善:半導体事業関連の重要製造拠点)
・国内グループ会社15社(BCM体制構築:既存の統合マネジメントシステム)

●天神明治通り街づくり協議会
【取組テーマ】
福岡天神明治通り地区におけるエネルギー・事業継続マネジメントシステムの構築
【グループ構成】
・天神明治通り街づくり協議会(MDC)
西日本鉄道株式会社、九州電力株式会社、株式会社福岡銀行、野村不動産株式会社、平和不動産株式会社、西部ガス株式会社、株式会社毎日新聞、など

●特定非営利活動法人環境防災総合
政策研究機構
【取組テーマ】
大水害を受けたタイ国ロジャナ工業団地等における新たなマネジメントシステムを活用した事業競争力強化モデル事業
【グループ構成】
・モデル事業運営事務局
特定非営利活動法人環境防災総合政策研究機構、住金物産株式会社
・検討ワーキング
清水建設株式会社、富士電機株式会社、株式会社住友倉庫、住金物産株式会社、特定非営利活動法人環境防災総合政策研究機構
・有識者アドバイザー

 

BCMS


 ●一般社団法人地域問題研究所
【取組テーマ】
四日市・霞コンビナートにおける効果的な事業
継続力の強化事業
【グループ構成】
・霞コンビナート運営委員会総務課長会議(13社)
東ソー株式会社、コスモ石油株式会社、丸善、石油化学株式会社、KHネオケム株式会社、日本ポリプロ株式会社、DIC株式会社、上野製薬株式会社、四日市オキシトン株式会社、四日市LPG基地株式会社、霞共同事業株式会社、中部電力株式会社、東邦ガス株式会社、BASFジャパン株式会社

●一般社団法人日本金属プレス工業協会
【取組テーマ】
金属プレス業界向け「事業継続マネジメントシステム」の開発および普及による企業競争力強化基盤構築プロジェクト
【グループ構成】
・日本金属プレス工業協会BCMS協議会
委員長学識経験者
委員日本金属プレス工業協会 会員企業
委員株式会社イー・キュー・マネジメント技研
委員プレス機械メーカー
委員安全機器メーカー

●大塚製薬株式会社
【取組テーマ】
大塚製薬株式会社が提供する「医療関連事業製品」、「ニュートラシューティカルズ関連事業製品」の安定供給に関する事業継続能力の向上(ISO22301認証取得)
【グループ構成】
・大塚グループ各社
・主要医薬品卸

●学校法人早稲田大学
【取組テーマ】
地域防災・災害対応のための医療事業継続マネジメントシステムの構築
【グループ構成】
・早稲田大学(理工学術院棟近研究室)
・協力機関
川口市、川口市立医療センター 他 

●株式会社コスモプラン
【取組テーマ】
静岡県東部エリアの医療・介護・福祉連携事業に関するBCMSの確立・導入
【グループ構成】
・医療法人駿東育愛会
・社団法人有隣厚生会
・医療法人社団道仁会
・社会福祉法人育清会
・医療法人社団若和会
・社会福祉法人寿康会

●株式会社日立製作所ひたちなか総合病院
【取組テーマ】
グローバル企業を有する地域の新型インフルエンザパンデミックに対するBCMS官民協働構築モデル
【グループ構成】
・ひたちなか市医師会
・ひたちなか薬剤師会
・ひたちなか市
・ひたちなか保健所
・日立オートモティブシステムズ株式会社

●株式会社百五経済研究所
【取組テーマ】
尾鷲地域を支える中小企業による、地域連携BCMの実現
【グループ構成】
・尾鷲商工会議所
・株式会社伊藤工作所
・尾鷲物産株式会社
・株式会社主婦の店
・株式会社濱周商事
・伊藤石油株式会社

●株式会社堀場製作所
【取組テーマ】
統合マネジメントシステム(IMS)とISO22301の融合による、企業“耐質”強化への取り組み
【グループ構成】
・株式会社堀場エステック
・株式会社堀場アドバンスドテクノ
・株式会社堀場テクノサービス
・株式会社アースカーゴ
・河本化成工業株式会社
・二九精密機械工業株式会社

●株式会社リコー
【取組テーマ】
東日本大震災の記録を力に変える
~サプライチェーン全体でのBCMS活用による競争力強化~
【グループ構成】
・リコーインダストリー株式会社
・リコーテクノロジー株式会社
・株式会社リコー
電装ユニットカンパニー
サプライチェーンリスクマネジメントPG
内部統制室
・サプライヤー各社

●協同組合松江流通センター
【取組テーマ】
流通センターにおける事業継続マネジメント体制の確立による企業ブランド力の向上
【グループ構成】
・外部委員会
中国経済産業局(予定)、島根県:商工労働部中小企業課、松江市:防災安全課、交通局・ガス局、企業支援団体:島根県中小企業団体中央会、金融機関:株式会社商工組合中央金庫、山陰合同銀行、有識者
・個社BCP策定グループ
株式会社シマカ、島根ペプシコーラ販売株式会社、新和設備工業株式会社、株式会社松文オフテック、株式会社藤忠、株式会社山京、裏辻産業株式会社、山陰クボタ水道用材株式会社、シンセイ技研株式会社、中手商事株式会社、株式会社松屋
※共同組合BCPおよび事務局BCPの策定も合わせて実施する

●公益財団法人岡山県産業振興財団
【取組テーマ】
晴れの国 岡山BCPブランド化による経営革新チャレンジ事業
【グループ構成】
・岡山BCPブランド化・経営革新チャレンジ事業協議会
・岡山県産業振興財団
・メンバー企業
自治体単位BCP検討グループ(瀬戸内市、瀬戸内市商工会、横山製網株式会社、オーエム機器株式会社、瀬戸内市等の企業(5社程度を募集))、建設業BCP検討グループ(天野産業株式会社、株式会社奥野組、笠岡市等の企業(5社程度を募集))

●公益社団法人東三河地域研究センター
【取組テーマ】
事業競争力強化を目途とする「三河湾明海地区産業基地」のBCP体制の推進・モデル事業
【グループ構成】
・公益社団法人東三河地域研究センター
・三河湾明海地区産業基地運営自治会
・明海地区防災連絡協議会
・豊橋技術科学大学
・有識者

●東京海上日動リスクコンサルティン
グ株式会社
【取組テーマ】
自治体(高知県)主導による地元企業群の事業継続マネジメント強化への取り組み
【グループ構成】
・高知県 BCP策定推進プロジェクトチーム
・協力企業・グループ 株式会社サニーマート

●特定非営利活動法人危機管理対策機構
【取組テーマ】
「日-タイお互い様成長戦略」
~国内、海外(タイ)と連携してお互いに協力し合えるクラスターを形成し、成長戦略と連動して事業継続力を強化するモデル事業~
【グループ構成】
・ライスバレーグループメンバー組織
・サムライグループメンバー組織

●沼津市建設事業協同組合
【取組テーマ】
ISO22301による沼津市建設事業協同組合の事業継続力向上と事業競争力強化に関する事業
【グループ構成】
事業協同組合員企業16社が、下記の部会を構成し推進する
・技術安全部会
・総務部会
・企画厚生部会

●富士瓦斯株式会社
【取組テーマ】
首都圏のLPガス販売事業者による大規模災害時のグループBCP策定プロジェクト
【グループ構成】
・コア・グループ
富士瓦斯株式会社、株式会社田島、東京燃料林産株式会社
・コンソーシアム
10社程度を募集し、コンソーシアムとしてのBCMSを構築

 

EnMS


●一般社団法人プロジェクトデザイン
センター
【取組テーマ】
積雪寒冷地におけるエネルギーマネジメントの標準化・産業化による地域競争力強化モデル事業
【グループ構成】
・札幌市環境局環境都市推進部
・株式会社東洋実業
・一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構

●ダイキン工業株式会社
【取組テーマ】
ダイキン工業株式会社滋賀製作所のエネルギーマネジメントシステム構築による電力削減(生産弾力性向上)と省エネ推進
【グループ構成】
・ダイキン工業株式会社
滋賀製作所
堺製作所
・関連会社(2社)
・サプライヤー(4社)

●千葉エコ・エネルギー株式会社
【取組テーマ】
東京大学工学部と千葉大学の連携による、教育機関におけるISO50001を用いたエネルギーマネジメントシステム導入モデル事業
【グループ構成】
・国立大学法人東京大学工学部
・国立大学法人千葉大学

●パシフィックコンサルタンツ株式会社
【取組テーマ】
日本鉄鋼業界のエネルギーマネジメントシステムの確立と日本型エネルギーマネジメントシステムの戦略的国際展開事業
【グループ構成】
・日本鉄鋼連盟
・JFEテクノリサーチ株式会社
・日鉄住金総研株式会社

 

やってみよう災害対応シミュレーション

やってみようBCMS(簡易構築)