津波に破壊された田老地区の防潮堤(提供:高崎氏)

二重防潮堤は住民を救えなかった~田老地区~

2011年の東日本大震災と大津波は、青森県から千葉県までの太平洋沿岸を中心に甚大な被害をもたらした。死者・行方不明者は2万人近くに上る。日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者が1万人を超えたのは戦後初めてのことであった。

被災現場を取材した際のノートや写真などから、忘れがたい事象を記しておきたい。今日から見れば、いずれもメデイアによって報じられよく知られた情報である。だが悪夢のような被災現場を歩き回った者として、惨状だけでなくその教訓をも書き残しておきたいのである。

岩手県宮古市田老(たろう)地区は津波の常襲地区である。その珍しい地名については、津波が何度も襲い水田が荒れ果てて「田が老いた」という由来や、繰り返し津波を受けたため恐ろしさを知る老人だけが生き残り「多老」と呼ばれ、それが「田老」になったという由来が語られている。(「天災と日本人」畑中章宏)。

慶長16(1611)年の慶長三陸地震津波、明治29(1896)年の明治三陸津波、昭和8(1933)年の昭和三陸津波と、記録に残る大津波のたびに、田老地区は壊滅的な被害を受けた。明治三陸津波の後には、危険な地帯の全集落を高台に移すことが計画された。だが移転の効果を疑問視する声も多く、海辺に近い平地に再び集落が造成された。昭和三陸津波後にも、内務省と岩手県による復興案は集落の高台移転だったが、当時の田老村長らは防潮堤の建造を柱に据えた復興策を選んだ。

1934年に建設工事が開始され、太平洋戦争を挟んで1966年に最終的な完成をみた大防潮堤は、総延長2433m・高さ10mのX字型の二重防潮堤で市街を城壁のように取り囲む壮大なものだった。X字型の二重防潮堤は世界的にも珍しく「万里の長城」の異名をとった。1960年に襲来したチリ地震津波では、三陸沿岸の他の地域では犠牲者が出たが、田老地区に押し寄せた津波は3.5mの高さにとどまり巨大防潮堤に達することはなかった。

その後、田老地区で被害がほとんどなかったのは、防潮堤の効果だったと報道されたことにより、巨大防潮堤は海外の津波研究者らにも注目されるようになる。昭和三陸津波から70周年に当たる2003年3月3日、田老は「津波防災の町」を宣言した。

「…私たちは津波災害で得た多くの教訓を常に心に持ち続け、津波災害の歴史を忘れず、近代的な設備におごることなく、文明と共に移り変わる災害への対処と地域防災力の向上に努め、積み重ねた英知を次の世代に手渡していきます。…」。

悲劇はその後に起きた。東日本大震災に伴う大津波は、午後3時25分に田老地区を襲った。「万里の長城」と称された海側の防潮堤は約500mにわたって一瞬で倒壊し、市街中心部に侵入した津波のため市街地は壊滅状態になった。死者・行方不明者は、同地区の人口4434人のうち200人近くに及んだ。「万里の長城」を信頼しすぎたためとの指摘も出された。「長城」は敵の侵入から住民を救ってくれなかった。田老地区では震災後、防潮堤の修復と共に高所移転を中心とした復興事業が進んでいる。津波で3階まで壊滅的被害を受け廃墟と化した「たろう観光ホテル」(6階建て)が、震災遺構として保存されることになった。

巨大な普代水門(提供:高崎氏)

巨大堤防と水門、村を救う~岩手・普代村~

大津波で壊滅的被害を受けた三陸沿岸の中で、岩手県北部に位置する普代(ふだい)村は高さ15mを超える巨大防潮堤と水門で守られた。(以下、「読売新聞」(2011年4月4日付記事)を参考にする)。村内での死者はゼロ。計画時に「高すぎる」と批判を浴びたが、当時の村長は「15m以上」と譲らなかった。

「巨大防潮堤がなかったら、みんなの命もなかった」。太田名部(ふとたなべ)漁港で飲食店を経営する初老の男性は、高さ15.5m、全長155mの太田名部防潮堤を見上げながら語った。津波が押し寄せた日、店にいたこの男性は防潮堤に一気に駆け上がった。ほどなく巨大な津波が港のすべてを呑み込んだが、防潮堤が食い止めてくれた。防潮堤の上には港内で働く約100人が避難したが、足元が濡れることもなかった。

普代村は昆布やワカメの養殖の漁村で、人口約3000人は岩手県内の自治体では最も少ない。海に近い狭隘な普代、太田名部両地区に約1500人が暮らし、残る村人は高台で暮らしている。普代地区でも高さ15.5m、全長205mの普代水門が津波のエネルギーをはね返した。

普代水門には津波の高さを示す表示が(提供:高崎氏)

防潮堤は1967年に県が5800万円をかけ、水門も1984年にやはり35億円を投じて完成した。すでに一部が完成し1960年にチリ地震津波を防ぎ、「万里の長城」と称された宮古市田老地区の防潮堤(高さ10m)を大きく上回る計画は、当初批判を浴びた。「無謀な計画、無駄遣い」との批判であった。

同村は明治三陸津波と昭和三陸津波で計439人の犠牲者を出している。当時の和村幸得村長(故人)は被災体験から「15m以上」を主張し譲らなかった。「明治に15m以上の津波が来た」との言い伝えが、村長の頭から離れなかったからだという。

今回の大津波で、岩手県全体では死者・行方不明者が1万人近くに上った。普代村も防潮堤の外にある6カ所の漁港は壊滅状態となり、船の様子を見に行った男性1人が行方不明になった。だが犠牲者は他に出なかった。「和村元村長の頑固なまでの津波防災にかける情熱が村民を救ってくれた」。村人の一人はこう語った。

娘を失った母~大川小学校~

宮城石巻市釜谷地区の北上川河口から約4kmの川沿いに位置する大川小学校は東日本大震災で全校児童108人の7割に当たる74人が死亡または行方不明となった。同小学校の避難誘導には問題があったのか?同校の惨劇にも触れておきたい。「3・11 慟哭(どうこく)の記録」(金菱清編)より引用する。

「<大川小学校で愛する娘を亡くす>  石巻市旧河北町  狩野あけみ
 戻れるものならあの日、3月11日に戻って、あの子達を、あの地震から、そしてあの大津波から守ってあげたかった・・・。
 あの日の朝、いつもの通学路は前の晩の雪でうっすらと白くなっていました。いつもなら誰からともなく『車で行こう!!』という電話が来て『お母さん、みんな車だって。車で行っていい?』と聞いてくるはずなのに、あの日はそんな事もなく、自転車でいつも通り『行ってきまーす!!』と出かけて行きました。私は出勤途中、富士沼の手前で、6年生3人が自転車で走っている姿を見て、『さすが6年生!!もうすぐ中学生になるから頑張っているなあ』と思いながら通りすぎました。それが私が最後に見た、あの子達の姿でした。まさか、もう会えないなんて・・・あまりにも早過ぎて、急な別れでした。(中略)。
そして、『あ~っ!お母さん、愛(娘の名前)怖かったけど、寒かったけど、がんばったよ!!』って帰って来てくれるんじゃないかという小さな望みを抱き、最初の頃は探しました。昼間は釜谷で捜索し、夕方は遺体安置所に行き、遺体確認という生活でした。毎日毎日歩きました。毎日毎日探しました。そして、毎日毎日何体もの遺体を見ました。今思うと、非日常的な日常を過ごしていました。(中略)
なかなか愛が見つからない中、大川小学校の合同慰霊祭が4月28日に執り行われました。49日までにはなんとか、大好きなお家に連れて帰ってあげたいと思って捜索しましたが、見つけて上げる事ができず、でも愛は大好きなんなと大好きな先生達と一緒にいるはず、みんなと一緒に供養してあげられて良かったと思いながら、会場から自宅へ向かって車を走らせていた途中、警察の方から電話が入り「6年生くらいの女の子の遺体が発見されました」との一報。愛かな?愛だったらいいなあ、でも愛じゃないかもしれない・・・。はやる気持ちを押えて、現場に向かいました。
“愛”でした。身に着けていた衣服とベルト、そしてひ左足のミサンガ。“愛”でした。間違いなく“愛”でした。やっと、やっと、大好きなお家に連れて帰る事ができました。発見から火葬まで3日しかありませんでした。それまでの2日間、夫と二人、愛の棺に寄りそい寝ました。愛にいっぱい話しかけました。愛にいっぱい『ありがとう!!』を言いました。たくさんの人が愛のお別れに来てくれました」。

語るべきことばが見つからない。黙祷するのみである。
                 ◇

   詩
 海におねがい
                     亘理・山下小学校 二年(当時)
                     さとう はな
ザブーン ザブーン
青い海
ザブーン ザブーン
広い海
ザブーン ザブーン
やさしい海
おねがいだから もうおこらないでね
おねがいだから もうあばれないでね

ザブーン ザブーン
みんなの海
ザブーン ザブーン
きれいな海
ザブーン ザブーン
楽しい海
おねがいだから もうかなしませないでね
おねがいだから みんなをなぐさめてね      

被災した少女の大津波への恐怖と海へのまなざしに、私は涙を抑えることができない。
(参考文献:『天災と日本人』(畑中章宏)、国土交通省東北地方整備局・岩手県・宮城県資料、読売新聞、河北新報の関連記事)

(つづく)