海外でも大人気♪折り紙で食器づくり(画像提供:そなエリア東京)

夏のレジャーといえば、いつもはアウトドアを紹介する私ですが、今回はインドアの人も楽しめる いまどきの防災館についてのご紹介です♪

夏休み、親子でお出かけをしたら、日本らしさ満載の防災館に出かけてみませんか?各地にたくさんありますので、2回にわけてご紹介します♪
 
先日、東京臨海広域防災公園そなエリア東京で講演した時、海外からの見学者で大盛況でした。いろいろな国の方が入れ替わり立ち代わり入館されていて、写真の様に6台ものバスツアーとか!いま、海外旅行者にこの防災館、大人気なのですって。

■東京臨海広域防災公園「そなエリア東京」
http://www.tokyorinkai-koen.jp

そなエリア東京にて。この日もバスや人がひっきりなしに訪れていました。(画像提供:あんどうりす)


人気の理由を、そなエリア東京管理センター長の丸山浩司さんに聞いてみました!

りす:昨年、そなエリア東京で講演した時に「修学旅行生が増えたな」と感じたのですが、今年は外国人観光客がブレイクしている気がします。どんな国の方がどれくらい増えたのでしょうか?

丸山さん:中国からは5年間で10倍、韓国からは5年間で3倍、3年間で1.5倍増えています。そして今年に入ってからは今までいらっしゃらなかった欧米諸国の方も頻繁に入館されています。

りす:海外の方はどんな情報を見てご来場くださっているのでしょうか?

丸山さん:ガイドブックでも紹介されているというだけでなく、SNSでも来館された方が紹介しているので、それを見て興味を持ってくださっている方も多いと感じます。当館は無料なので、足をのばしてみようと思いやすいこともあるようです。

りす:なるほど。来場された方が「いいね!」と思ってくださるのは一番の広告なのですね♪ここは駅からも近く、無料ですものね。ところで、ご来場された方はどの展示に惹かれているのでしょう?

丸山さん:避難所での段ボールを再現したエリアや、折り紙の食器作りやビニールでの三角巾作りなど、体験型の人気が高いです。揺れの体験を希望される方もいらっしゃるので、東京消防庁などの施設をご紹介しています。

りす:そなエリア東京といえば、「東京直下72時間ツアー」や地震のCG映像も有名ですが、体験型に興味を持たれているのはなぜなのでしょう?

丸山さん:日本に住んでいる人にとって馴染みのあるタワーや住宅街などでの地震の映像は、海外の人には逆に実感がわきにくいからかもしれません。そもそも地震や揺れるということそのものが未知なので、段ボールの避難所や、折り紙やビニール袋など身近にあるものが工夫により役に立つという発想はとても新鮮に思われているようです。

なるほどー!折り紙は海外でも人気が高いですものね。今後、各地の防災館で、さらしを使っただっことおんぶの実演コーナーとか設けていただいて、一枚布や紙を自在に操る文化の発信源になってほしいな〜なんて思ってしまいました!

さて、海外でも大人気な防災館を、海外の人にだけ注目してもらっているのはもったいないです。ぜひ、親子でも出かけてみてください。

災害の科学的な知見は夏休みの理科の自由研究に役立つのはもちろん、なぜ海外の人に人気なのかという視点は社会の宿題にも役立ちそうです!いろいろな国の人にどこがよかったかインタビューしてみても面白そう!

神戸に行ったら絶対に外せない!「人と防災未来センター」

次に各地にある防災館のご紹介です。神戸に行くことがあったら絶対に寄っていただきたいのが、ここ。神戸市にある「人と防災未来センター」。

(画像提供:人と防災未来センター)

■阪神・淡路大震災記念「人と防災未来センター」
http://www.dri.ne.jp

夏休みのこどもむけの防災未来学校もあります。ペットボトル地震計作りや、手作りラジオの作成は防災に関心がなくても楽しめそう!

夏休み防災未来学校「手作りラジオに挑戦しよう!」(画像提供:人と防災未来センター)

■夏休み防災未来学校2017
http://hitobou.com/event/summer/

そして、なんといってもこの施設の圧巻は、西館4Fにある震災追体験フロアの「1・17シアター」。ダイジェスト映像はこちらでもご覧になれますが、これは是非、館内の巨大スクリーンでご覧いただきたいです。

■震災追体験フロア「1・17シアター」
http://www.dri.ne.jp/kanran/hito/digest.html

西4階大震災ホール(画像提供:人と防災未来センター)

こんな言い方をしていいのかわかりませんが、今まで入った防災体験館で最も怖いと感じたのがこれでした。私が阪神・淡路大震災を体験しているのでトラウマもあるのでしょうが、巨大スクリーンによるスケールの大きい建物が倒れてくるリアルさや、何と言っても音がそのまま再現されているのが本当に怖くて。

起震車での音よりもさらに、体内に響いてくる地震の轟音について知っておいて欲しいです。地震で揺れ始めると、先生や係員の指示に従いたくても声も聞こえない、身動きもとれないことが一番わかっていただける施設です。絶叫型ジェットコースターに乗る勇気があれば、ここも是非!

再現された震災直後のまち(画像提供:人と防災未来センター)

次は阪神・淡路大震災つながりで、北淡震災記念公園にも行ってみて欲しいです。

ちょっと足を延ばして淡路島。「北淡震災記念公園」

■野島断層保存 「北淡震災記念公園」
http://www.nojima-danso.co.jp

淡路島は個人的に玉ねぎを買うためだけに寄りたくなってしまう場所でもあるのですが、こちらの施設は野島断層がそのまま保存されていたり、断層の真上にあるお家がそのまま保存されている、他にはない施設なので、一度は寄っていただくことをお勧めします!

地震の力に圧倒されます (北淡震災記念公園 野島断層保存館)(画像提供:あんどうりす)

写真や映像で見るよりも、この大きさの断層を数分ではなく数秒で動かしてしまう地震の力に圧倒されます。先日、講演のスライドでこの写真をお見せしたら小学生が、びっくりして、「えー」と声をあげていました。断層って何?ということが深く理解できる場所でもあります。触ることもできます。

1995年、阪神・淡路大震災で転倒した家具の再現(北淡震災記念公園)(画像提供:あんどうりす)


また、倒れた家具類の展示物を見ていると、1995年からどれだけ、家具の転倒防止がすすんでいるのだろうか。各地で地震が起こるたび、同じことが繰り返されるのはなぜなのか、考えさせられます。

という感じで、今回は兵庫県メインになりましたが、来週も続きを紹介していきます!

(続く)