コロナで不安な状況でも、明るい情報発信に躊躇なく取り組むことが必要(写真:写真AC)

危機時には明るい情報を発信してはいけないのでしょうか。そんなことはありません。生き残るために、声を上げる発想も必要です。今回は、広げたい情報についてどう発信したらよいかを解説します。

広報と広告は異なることに注意

危機時には、ダメージコントールとして、悪い情報を最低限にするマネジメントにより企業を守ります。次の段階はリカバリーコミュニケーションとして、できるだけ平時の情報に戻していく段階となります。企業イメージは受け身になるとコントロール不能となるからです。

現在、世界中が新型コロナウイルスで不安な状態にはありますが、明るい情報発信に躊躇せず取り組むことが、生き残りをかけたマネジメントになると感じます。

「いい情報はなかなか取り上げてもらえないんですよ」といった愚痴をよく聞きますが、文面を見ると大抵は宣伝色、広告色が強く「これでは無理だな」と思うものも多くあります。広告と広報は異なります。広報には社会的課題解決の切り口が求められるのです。

「キャンペーンをやります」では、ニュースになりません。単なる広告です。そのため、ここに社会的要素を盛り込みます。例えば「内定を取り消された方を応援する〇〇をします」といった具合。「内定を取り消されて困っている人がいる」ことが、ここでの社会的課題です。

テクニカルな整理としては、社会性のほか新奇性、突発性、人間性、記録性、著名性、地域性、国際性、普遍性、影響性、といった10の切り口があります。これはニュースの切り口にもなります。

話題の切り口は数多くある(写真:写真AC)

社会性とは、前述したように社会問題解決型サービス、新奇性は、他社がやっていないような珍しい取り組みであること、突発性は、突然現れた動物に〇〇をしてあげたなど、人間性は社員の努力などの物語、記録は受賞など、著名性は著名人に絡めた企画などです。

著名人頼みは、皆がすぐに頼りたくなりますが、著名性以外にも話題の切り口はあるのです。まずは10個の切り口で自社の生き残りをかけた明るい情報の発信を探してみませんか。

「あー」「へー」「ほー」でチェック

10個も覚えらないという人のために、3つの視点を提供します。「あー」「へー」「ほー」です。自分の企画や書き上げた文章に「あー」「へー」「ほー」のいずれもなければ、その企画は止めた方がいいでしょう。ニュースにならないからです。

話題になる広報には驚き、意外、納得がある(写真:写真AC)

「あー」「へー」「ほー」とはどういうことか。皆さんはどんな時に「あー」「へー」「ほー」と発しますか。驚き、意外、納得の時ではないでしょうか。こういう言葉が出るような内容にすると、情報が広がる可能性が高まります。つまり「面白い!」と思わせることです。

では、どうしたら面白い企画が思いつくのでしょうか。それは、毎日面白いことに対する感性を上げること。面白いことにはリスクもともないますが、リスクは取らないと前に進めません。

面白いことを考えて、リスクを恐れずやってみること(写真:写真AC)

自分自身が毎日面白いことを考えたり、感じたりしていると、面白いことを考えつく感性は育つでしょう。面白いことを考えて、やってみて、リスクを恐れず発信することで道は開ける。ダメだったら、切り口を何度も変えてチャレンジしてみたらよいのではないでしょうか。

国と自治体での温度差、専門家によるさまざまな情報発信で混迷を極めているとしか言いようがない時代です。企業においても、個人ができることは自分の信じる軸を立てて、失敗を恐れず、情報発信をし続けることが生き残るための広報戦略だろうと思うこの頃です。