一茶の「夕月や…」の句碑(千葉県流山市の一茶双樹記念館)

利根川東遷と江戸川誕生

千葉県と埼玉県の県境を流れ下る江戸川が、自然河川ではなく江戸時代初期に人力によって開削された「人工河川」であることは河川研究者や土木史研究者の常識である。だが開削のいわれや普請(工事)の経緯を記した巻物で春日部市(旧庄和町)指定文化財「小流寺(しょうりゅうじ)縁起」の存在は意外に知られていない。

日本一の大凧上げで知られる埼玉県の旧庄和町。江戸初期の江戸川開削事業で指揮を執ったのが、この地を統治した代官・小島庄右衛門正重(1588~1668)である。庄右衛門が建立した浄土真宗大谷派・小流寺は、旧庄和町西宝珠花(にしほうしゅばな)の大凧会館近くにあり、「小流寺縁起」が残されている。和様漢文で記された「縁起」は難解だが、それによれば庄右衛門は浄土真宗門徒として信仰心にあつく仏への祈りと掘削工事を指揮する日々であった。江戸川開削工事を人民救済の宗教活動の一環としてとらえていたようにも受け取れる。彼は初代小流寺住職(開祖)でもある。

江戸初期の江戸川開削関連図(提供:国土交通省)

江戸幕府初代将軍・徳川家康は天正18年(1590)江戸入府に際し、重臣で地方巧者(じかたこうしゃ、今日の土木技術者)の伊奈家に命じて関東平野を縦横に乱流する大小河川の根本的治水策(改修策)を計画させた。その中、最難関だったのが利根川瀬替え(東遷)事業である。それまで武蔵国(現埼玉県・東京都)を南流し江戸湾に注いでいた利根川を東流に付け替えて、流れを下総国(現茨城県・千葉県)、常陸国(現茨城県)を経て東方の銚子沖(鹿島灘)に落とすという大事業であった。

かつてない瀬替え(流路変更)事業は、文禄3年(1593)に始まり、試行錯誤を繰り返しながら、承応3年(1654)まで約60年もの歳月をかけた、忠次、忠政、忠治、忠克の伊奈家(関東郡代)4代にもわたる空前の大工事であった。

なぜ半世紀以上もかけて利根川を銚子方面に流路を変えたのだろうか。これを上回るような土木事業は江戸前期にはない。(江戸城の大規模築城も比ではない)。しかも利根川東遷だけでも大事業なのに、利根川の分派(放水路)として江戸川を5里(20km)にわたって固い地盤を開削し太日川(今日の江戸川中下流部)に繋げる大工事を行っている。この他に江戸初期には、荒川を旧利根川から分離し西の流路とする西遷事業や鬼怒川と小貝川の分離工事も行われている。
関東平野では伊奈家の計画に基づいて一大自然改造が敢行され今日の河川の流路原型となったのである。

なぜ利根川東遷を行ったのか。その狙いに関しては様々な学説があり定説はない。(1)将軍のお膝元である江戸や武蔵国を水害から守る<治水事業>(2)埼玉平野の新田開発や開墾を目指した<農業土木事業>(3)江戸を中心とした舟運網の確保と拡大を目指した<水運事業>(4)東北の雄藩・伊達藩に対する備えとして江戸の外堀とした<軍事事業>…。利根川東遷後も水害は一向に減らなかったし、むしろ洪水により堤防が切れ江戸下町が水没することもしばしばだった。たとえ治水事業のねらいがあったとしても功を奏していない。埼玉平野の米の増産にはつながったから、結果的には開発・開墾によい結果をもたらした。江戸の繁栄を考えると、東日本の舟運の水路ネットワーク(大動脈)を開こうとしたのが最大の狙いだったと考えるのが穏当であろうが、確証はない。

江戸川全図(江戸中期、千葉県野田市立図書館蔵)

土木事業と親鸞の教え

小島庄右衛門は伊奈家の姻戚筋に当たり、利根川の流れの一部を江戸に南流させる新川開削を担当させられた。新川(江戸川)開削は、利根川東遷に関わる不可欠な事業として推進されたのである。

江戸川開削は寛永12年(1635)秋、着工された。周辺の農民らを駆りだしての人海作戦で行われた固い岩盤の台地を切り裂く工事は、幕府からの資金援助も限られていたこともあって10数年の長い歳月を要した。流頭部にあたる関宿から宝珠花を経て金杉に到る5里の水路を新たに開削し、これに太日川を接続させて、流れを江戸湾に注ぐ江戸川の原型が生まれた。

軟弱な地盤を避けて開削された20kmの人工水路は、江戸初期としては最長であり、江戸と関東・奥州(東北)を結ぶ最大の運河(約60km)が開かれることになった。江戸川は江戸中期頃まで「利根川」「新利根川」と呼ばれている。江戸川と呼ばれるようになるのは江戸中期以降である。当初江戸川を利根川本流にする予定だったのだろうか。

小島庄右衛門は江戸川の開削工事がひと段落した正保3年(1646)、江戸浅草の本願寺派・西照寺の僧玄覚を招いて同川沿いの吉妻村(旧庄和町)に小流寺を建立した。ここは掘削工事の元小屋(現場事務所)のあった場所でもあった。堤防の補強なども済ませて、最終的に新利根川(江戸川)が誕生したのは、明暦3年(1657)秋である。22年の歳月をかけた開削工事であった。同年11月19日、関宿藩重臣、伊奈家、小島家それに名主などの農民代表らが参集して竣工を祝った。庄右衛門から「小流寺縁起」が出席者に披露された。巻物は伊奈家の赤山陣屋(現川口市赤山)に近い蓮沼の小島家菩提寺の普門寺住職によって記されたものとされ、庄右衛門の素案に住職が荘重な和様漢文を用いて庄右衛門の親鸞の教えに支えられた「土木事業史」を記したものである。庄右衛門は70歳の高齢であった。

「縁起」の後半の部分を現代語訳(石川道彦氏訳)で引用してみよう。「…ある時、正重公(庄右衛門)の夢に真仏如来が現われ『汝、この土地を拓き、庶民百姓の窯をうるおす。誠に上品の慈悲上人である』と言われました。正重公は感激しておりますと、或る日、何処から来たとも知れない旅の僧が現れ、一巻の巻物を出して正重公に見せました。公が見ますと、青や赤の絵の具を用いて、何か描いてありますが、よくわかりません。よく見ますときらびやかな色彩、絶妙の筆で、幾体にも仏の頭上に一讃をかいてあります。山の名前などもあり、その僧は、始祖(親鸞)と同時代の人、または始祖と同門の人だとわかりました。正重公は驚いて、丁重な言葉で『その巻物をお譲り下さい』と請いました。僧は否とも言わず、巻物を下さいました。正重公は先に夢を見た真仏如来の御言葉と思い合わせて、これこそ夢のお告げに依って、ありがたい御像をいただいたのだ、と玄覚和尚と相談して、これを寺の宝といたしました。昔、中国の尊い導師が夢の中で釈迦のお骨をいただいたと同じ、国は違えど、仏閣の基は皆同じようです。…」

庄右衛門は晩年まで小流寺住職を勤め、寛文8年(1668)81歳で没した。同寺には庄右衛門の墓(埼玉県指定文化財)、木造の庄右衛門像などゆかりの品や文書が家宝として残されている。

一茶の第二の郷里・東葛地方~知人(しるひと)いくら~

ここで話頭を転じる。

私は、江戸後期を代表する俳人小林一茶(本名弥太郎、1763~1827)を愛する。一茶の東葛地方(千葉県北西部)との関わりを論じたい。中でも、江戸川とその洪水を一茶がどうとらえたかを考えたい。

一茶は宝暦13年(1763)、信州の豪雪地・柏原村(長野県信濃町)に生まれた。翌々年、実母が亡くなる。8歳になった明和7年(1770)、継母が来て安永元年(1772)異母弟専六(「仙六」とも)が誕生した。家庭内の雰囲気が嫌悪になる。安永5年(1776)、一茶が14歳の時、祖母かなが他界する。一茶の「かばい役」がいなくなり、継母との間が一段と気まずくなった。翌安永6年(1777)、彼は江戸に奉公に出されてしまう。一茶と継母との間柄を心配した父弥五兵衛の判断であった。江戸に出てからの一茶の足跡は不明な点が多い。信州の寒村から出てきた一茶は「椋鳥(むくどり)と人に呼ばるる寒さ哉」との切ない句を残している。俳句を葛飾派(素堂)の二六庵竹阿に学び、俳人として頭角を現わすようになる。

しばらくして、一茶は東葛地方(現松戸市・流山市・柏市)にしきりに脚を運ぶようになる。江戸川を上り下りする船をよく利用した。(「関宿船中」と前書きして「暑き夜の荷と荷の間に寝たりけり」の句がある。江戸川を夜くだる六斎船を利用していたことをうかがえる)。それは一茶の俳諧仲間であり、同時に頼りになる後援者(パトロン)がいたからであった。馬橋(松戸市)の俳人大川立砂(りゅうさ、平右衛門)の邸宅で暮らしたり、流山(流山市)の同秋元双樹(そうじゅ、5代目三左衛門)の豪邸に厄介になったりしている。

大川、秋元の両家は東葛地方を代表する豪商で、大川家は油屋、秋元家は造り酒屋兼味醂醸造業である。立砂と双樹はこの地域を代表する文化人でもあり、大川家では立砂の子息斗囿(とゆう、吉右衛門)が俳諧の道に入り、一茶の門弟となっている。流山の秋元双樹が「俳諧草稿」をまとめたのは文化元年(1804)だが、この頃から一茶の流山入りが急に多くなる。一茶の著書「文化句帖」(句日記)や『七番日記』によれば、文化元年から双樹が亡くなる文化9年(1812)10月までの9年間に42回も訪ねている。秋元家には2日間から3日間身を寄せるのが常だった。40歳を超えた中年の一茶は、生活の根拠を江戸に置きながらも東葛地方を活躍の舞台にしたのである。

・かつしかに知人(しるひと)いくら梅の花「享和句帖」
 東葛地方の俳人たちに会うのを心待ちにしている気持が表れていよう。

大洪水~流残りのきりぎりす~

東葛地方は利根川や江戸川の直接影響を受ける流域である。両大河の大きな恩恵を受ける半面、大洪水という自然災害の犠牲にもなった。一茶は江戸川をどう描き、中でも洪水やその惨状をどのように描写したのだろうか。

享和2年(1802、一茶40歳)の句、
・洪水の尺とる門よ秋の風
・助舟(すけぶね)に親子おちあふて星むかひ

2句とも私の愛唱する作品である。この年6月から7月にかけて、全国各地で水害が頻発し物価は高騰した。一茶が住む江戸下町でも大洪水に襲われている。2句とも、大水害にあって全てを失った被災者の惨状を温かい視線でうたっている。2番目の句の「星むかひ」には惨事の中でも生きる望みを失わないでと祈る一茶の被災家族に対するシンパシーが表現されている。心打つ作品である。この大水害では町奉行所はじめ船手方、代官などが500隻もの船を集めて救助にあたり各地で炊き出しを行なった。9月になってようやく落ち着き一茶は秋雨の道を利根川べりの布川に旅だった。その時の句、
・越後節蔵に聞へて秋の雨
 越後から来た杜氏たちが歌う越後民謡が、秋雨の蔵の中から聞えたのである。

文化元年(1804、一茶42歳)の句、
・刀禰川(とねがわ)は寝ても見ゆるぞ夏木立
 この句は水害とは関係ない、真夏のゆったりとした暮らしをうたっている。流山の双樹邸から見た利根川の風情であろうか。利根川は明らかに今日の江戸川のことである。江戸時代後期になっても江戸川は利根川(または刀禰川)と呼ばれていたことがこれでわかる。今日、一茶双樹記念館から指呼の間に江戸川が流れているが、江戸川の川面は見えない。小高い堤防のためである。

・朝顔やたぢろぎもせず刀禰の水
同年9月1日のこの句には以下の前書きがある。「亦洪水2尺(約70cm)加わる。根本といへる邑(むら)の入樋より」。台風襲来である。洪水の急流に負けない朝顔に被災者一茶は勇気をもらったのだろう。堤防が切れる場所は入樋の場合が多い。一茶の観察は鋭い。この出水の翌2日の句帳には、前書きとして「水いよいよ増つつ川添の里人は手に汗を挙り足を空にして立さはぐ。今切れこみしほどの入樋、彼堤とあわれ風聞に胸を冷して家々の驚き大かたならず。」と記している。暴風雨が荒れ狂った。

・魚どもの遊びありくや菊の花
・夕月や流残りのきりぎりす
・我植し松も老けり秋の暮
私は「夕月や…」の句を愛唱する。一茶双樹記念館の庭園の句碑に彫り込まれている。大洪水の惨状を写しても、一茶の句調は絶望の淵に落ちこまない。人生の試練をにじませる哀愁が漂っていても、希望を与える調べが残されている。

参考文献:流山市・松戸市・柏市の各市立図書館資料、筑波大学附属図書館文献

(つづく)