※画像はイメージです

 

 

「事業所に入る前にアルコール洗浄」という光景は、最近珍しくなくなってきている。インフルエンザなどのウイルスを除去するためには、アルコール消毒は有効な手段の1つだ。しかし、「アルコール洗浄しているからウイルス対策は大丈夫」と考えるのは間違いだ。最も大切なことは「石けんで、適切なタイミングで、正しい方法で」手洗いを行うことだ。家庭でも事業所でも使える「正しい手洗いの基礎」とは?

 

編集部注:「リスク対策.com」本誌2015年9月25日号(Vol.51)掲載の連載を、Web記事として再掲したものです。(2016年10月23日)

「インフルエンザなどの感染症対策には、もちろんアルコール洗浄も大切だが、最も重要なのは通常の石けんによる丁寧な「手洗い」と「換気」だ。アメリカで報告された学会のデータによると、手洗いを水洗いだけのグループと、石けんを使ったグループに分けたところ、水洗いだけのグループは石けんを使ったグループの3倍の人が風邪や肺炎にかかったというデータが出ている」

 

と話すのは慈恵医科大学分子疫学研究室室長の浦島充佳医学博士。「最近、アルコール消毒は定着しているようだが、肝心の石けんによる基本的な手洗いができていなければ意味がない」とする。では、なぜ石けんの手洗いが風邪予防に有効なのだろうか。

適切なタイミングで、正しい方法で

そもそも石けんとは、どのようなものなのだろうか?

洗剤、石けん、歯磨きなどを手がける大手メーカーライオン株式会社のヘルスケアマイスター山岸理恵子氏は、「石けんの歴史は古く、約5000年前にはシュメール人が使用していたとされています。一説によると羊を焼いた時に出る脂と灰が混ざり合い、自然にできたものが洗浄に利用されるようになったと言われます」と話す。 

石けんとは、主に動植物の油脂から製造される界面活性剤の一種だ。水になじみやすい親水基と、油と馴染みやすい親油基で構成され、汚れの成分である油に馴染むと同時に、親水基が水と結びつき、汚れを包んだような形で浮かして洗い流す(図1)。界面活性剤とは、油と水をなじませる役割を果たすもの全般を指し、自然界にも存在する。マヨネーズやチョコレートなどにも含まれているという。 

汗などは水で流し落すことができるが、皮脂などの油性の汚れは、水だけで洗い落とすことはできない。石けんのような界面活性剤は、皮脂などの汚れとともに、ウイルスや細菌などの病原体を皮膚からはがれやすくする効果がある。 

ではなぜ、インフルエンザ対策に手洗いが有効なのだろうか。インフルエンザウイルスは基本的に飛沫感染で人から人に移ることが多いと言われている。

しかし、ウイルスがモノに付着した場合、それを触ってしまい、その手を洗わずに目をこするなど、人間の粘膜に触れてしまえば接触感染する。ウイルスの付着した手でモノを食べることも同様だ。

人間の体の中で、病原体が付着するモノを触る可能性が高く、それを体の中に取り入れてしまう経路としての可能性の高い「手」を適切に洗うだけで、インフルエンザなど感染源対策としては非常に有効な手段になるのだ。さらに、最近の研究では石けんに大腸菌の殺菌効果があることもわかってきているという(図2)。

では、どのような時に手洗いをすることが効果的なのだろうか。山岸氏によると、「洗い過ぎも良くない」という。病原体に対する耐性がなくなったり、必要な皮脂までを傷つけてしまうと手荒れの原因にもなったりする。山岸氏は「ぜひ手洗いはタイミングで習慣化してほしい」としている。山岸氏が習慣化してほしいと語るタイミングは以下だ。


企業として、最も勧めなければいけないのは「外出から帰った後(会社に出社した時も含む)」のタイミングだろう。同社が社員に対し、食品業界で使われる調査方法であるATP「ふき取り検査」を活用して「通勤後の手の汚れ」を測定したところ、「清潔である」(食事をしても安心なレベル)が1500以下であるのに対し、「通勤後の手の汚れ」は7022。実に「公衆トイレ入り口ドア内側の取っ手」よりも汚れが多いことが判明した(図3)。

意外なところが菌の温床に!
意外なところで汚れが多いのが、実はパソコンのキーボードやマウス(図4)。そしてバッグの持ち手だ。同社が調査を行ったところ、キーボードの汚れは6512。先ほどと同じく、「公衆トイレ入り口ドア内側の取っ手」よりも汚れが多いことが分かった。これは机の上で食事などをした後の食べかすや、外出から帰ってきて手を洗わずにパソコンを操作していることなどが原因だと考えられる。 

山岸氏は、「パソコンの作業中に手を清潔に保つのは、水なしで使える除菌シートなどが効果的だが、企業の従業員の方々にはまず外出先から帰ってきたら石けんで手を洗うことを習慣化してほしい。できればよく石けんを泡立てて、少なくとも30秒以上は正しく手を洗ってほしい」と話している。同社が勧める正しい手の洗い方をここに記載した(ダウンロード可能)ので参考にしてほしい。

(了)