高野山(和歌山)の寺院に勤める40代男性僧侶のうつ病が労災と認定された。僧侶の労災認定は非常に珍しいという。共同通信の報道(4月7日)によると、男性は午前5時前から、長いときは午後9時過ぎまで働いてい...