「ぱなま運河の話」(青山自著、提供:高崎氏)

よく生きて帰れた!

明治37年(1904)6月7日、熱帯の夕日が燃えるパナマ大西洋側の港コロンに測量隊を乗せたユカタン号が接岸した。大勢の隊員中、日本人は背丈の低い青山だけである。晩年になって、青山は当時を振り返って言う。

「熱帯無人の境における測量は中々費用を要するのみならず、天然との戦争で大いなる苦痛を伴うものでありますが、今になって顧みると血湧返(わきかえ)るを覚えて愉快のこともあります」(「ぱなま運河の話」)。

青山は現場を愛し現場にすべてをかけた土木技術者であった。カリブ海に面したコロン港は不潔であり、生水を飲むことは厳禁であった。良い宿泊施設もないため、測量隊は船中で一晩を過ごした。翌日、測量隊の隊員各人に蚊帳(かや)と毛布1枚が渡され、港から7マイル(約11km)離れたチャグレス川河畔の村ボヒオまで歩いた。(ボヒオはガトゥンダム人造湖の湖底に沈む。パナマ運河の重要な水源となるガツン湖は琵琶湖より一回り大きい。)。青山は、ドーズ班長が指揮するチャグレス川支流トリニダード川測量部隊の一員になった。「闇の奥」ジャングルとの戦いの始まりである。その晩は、フランスの運河会社(すでに撤収)が残して行った古い朽ちかけたコロニアル風洋館に入り、殺菌用の石炭酸水で床や壁を洗い、鼻を突く石炭酸水の臭気が残る部屋で寝た。屋根裏には何千匹ものコウモリがギイギイと鳴き、床にはアブラムシがはいまわっていた。その後、この廃屋を前線基地として使うのである。

青山は、サウナの中のような異常な湿度と暑さの中、テント生活を続けながら野外測量班の班員として蚊よけの網を頭からすっぽり被り、ダム候補地の測量と地質調査を続ける。ひとつ班は5人ないし6人の現地労働者に加えて、荷物食糧運搬人と料理人の5人ないし6人の編成である。測量の結果は、その日のうちに班長が白人の上司(組長、技師)に報告し、それをもとに組長が図面に地形や地質をプロットしていく。

明治39年(1906)から、セオドア・ルーズベルト大統領の発案で、現地の労働者・技術者をゴールド組とシルバー組に分けた。ゴールド組は2年間勤続し優秀な成績をあげれば金メダル(高級な金貨)が与えられる白人高級技術者らを中心とする幹部グループである。優秀な技術者確保のための褒章制度である。シルバー組は現地労働者らであり、その大半が黒人であったが、中国人も少なくなかった。青山の遺族宅には、青山が獲得した純金のやや小ぶりな金貨が残されている。金貨は赤い布に包まれており、白い縦長の布に「汗ト涙トヲ以テ獲タル」と青山は筆で書きこんでいる。アメリカ人の中でも、この金貨を与えられた技術者は必ずしも多くはなかった。

当時のアメリカ人の日本や日本人に対する認識は薄く、日本国がどこにあるかを知らない者が多く、また黄色人種に対する人種差別的行為もあった。「(現場作業は)下から認めてやらしてもらうので容易ではなかった。気候は暑く不衛生地で蚊が物凄く、家は金網張りだからいいが、作業は袋をかぶってやる事には閉口したが、よく生きて帰れたものだ」。

青山は後年内務省の後輩技師に述懐している。(牧野雅樂之丞「青山士句君追悼号」、旧交会刊行)。「日本などどこにあるかわからない労働者」(青山)の中に入って蚊や毒蜘蛛などから身を守るネットをかぶりながら働くのである。工事初期、特に1905年頃は黄熱病などが激しく発生し、逃げ帰る者が相次ぎ、またパナマへ働きに来るや途中恐ろしい話に勇気を失い、コロン港へ着くや、ここには死が住んでいるといって次の船で帰る者もあった。

「我々は天幕中に帆布のコット(注:折りたたみ式簡易ベッド)に蚊帳を吊って寝、土人は大概パーム(注:ヤシ)の種類の葉にて葺(ルビふ)いた掘建(ほったて)小屋で(中略)毛布一枚へくるまって寝るのであります」
青山はこう書いている。(「ぱなま運河の話」)。
 

青山はゴールド組に所属していたが、黄色人種の技術者であり、現場作業の経験もないことから、低い地位からスタートせざるを得なかった。1905年頃撮影された技術陣の記念写真を見ても、まっ黒に日焼けした青山は、アメリカ白人のグループ(士官グループ)に属していたことは間違いない。彼は現地労働者の逃亡やストライキを日記などに記述しており、末端労働者に同情を寄せている。アメリカ政府は、疫病や事故の防止策として風土病根絶対策を徹底して行った。現場の福利厚生の充実にも努めた。

青山はジャングルの中で下痢にかかり何の手当ての術もなく3~4日絶食を強いられ、1週間後にめまいのする身体を労働者に背負ってもらい前線基地に帰って来た。雨期には、豪雨に打たれての作業である。豪雨で水かさが増した川幅10mほどの谷川を測量手帳(野帳)を口にくわえて渡っている際に、激流に流され滝壺の直前で濁流から脱出して岸にたどり着いたこともあった。

「死んではならぬ。パナマ運河で働く唯一人の日本人なのだ。死んではならぬ」と自らを励ました。猛獣、大蛇などの爬虫類、ワシやタカなどの猛禽類に出くわすことはたびたびで、大きなアリやハチに刺されることも珍しくなかった。明治38年(1905)には、伝染病の黄熱病が大流行した。「恐怖の年」と言われ、帰国者や作業現場を捨てて逃亡する労働者が続出した。こうして「泥と汗にまみれた」2年半のジャングル生活が経過する。

米国政府から送られた金貨(実力が高く評価された。提供:高崎)

兄・紀元二の戦死

明治37年(1904)2月8日、日露戦争が勃発した。「富国強兵」「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」が政治スローガンとなった。軍備拡張の狂気の叫びだった。戦費確保のため増税が続いた。国民感情が、同戦争を国力・国費を使い果たしたギリギリの辛勝と理解ぜずに、空前の大勝利とあおられ浮足立ったところに近代日本の悲劇が始まった。明治38年(1905)3月7日に兄・市川紀元二(きげんじ)の日露戦争戦死の訃報が郷里の静岡県中泉の父徹からパナマの奥地の青山のもとに寄せられた。紀元二は妻と幼い息子を残して戦死した。彼は帝大卒業(工学士)では珍しい志願兵であり、当時中尉であった。奉天に近い李官堡の激戦で戦死したのである。享年32。

徴兵逃れの養子縁組までした虚弱な紀元二が、妻子を残したままなぜ進んで戦場に赴いたのか。紀元二は帝国大学卒の英雄と新聞ジャーナリズムによってもてはやされ「軍神」となった。日露戦争後、剣を抜いた突撃姿の勇士ブロンズ像(帝国芸術院会員・彫刻家・新海竹太郎作)が東京帝大運動場の南側に、また制服姿の立像(製作者不詳)が郷里の中泉駅東脇に建立された。

異郷の地パナマにいる青山は父徹への返信で言う。(現代語表記)。

「父親の送りし訃報に接するや児(私)の半身すでに奪われたるの意地(ここち)ぞする。然れども日本武士として恥ざるの戦死をなされたるの一事。せめてもの心慰である。児は阿兄(注:次兄)と幼時より争いたりき、論じたりき。又た、喜びたりき、悲しみたりき。今や彼の人遠く去りて呼べども応えず、招けども来たらず。唯滔々(とうとう)たるパナマ河声の音のみぞ聞く。武士や桜と共に散りにけり、嗚呼(ああ)」(『市川紀元二中尉伝』)。

この年、青山家にもう一つの「事件」が起きる。士の弟衡一(こういち)が山口高校(現山口大学)文科2年で中退し、士の跡を追うようにして5月18日に単身渡米してシアトルに住むのである。彼は労働者から身を起こし、日本から妻を迎えて農場や商店を経営しながら終生アメリカに住む。当時、アメリカ西海岸に住んだ日系移民はカリフォルニア州とワシントン州を中心に7万人を越えた。鉄道労働者、農場労働者、庭師などが主な職業だった。

青山士が熱帯雨林のジャングルの奥地で測量に従事している間に、アメリカ政府はパナマ運河早期実現のために計画を変更する。当初の海面式(シーレベル)運河案を取りやめて、3カ所の巨大な閘門(こうもん)で水位を調節する閘門式運河案を採用した。閘門とは船舶の円滑な運航と安全確保のために、運河の一定区間の水位を同じレベルに保ち、船舶を階段式に移動させる水門である。

船舶が運河を上流に向かって航行する場合を例に、閘門式ゲートの機能を確認したい。船舶が運河を上りゲートに差し掛かると、下流側のゲートのみ開かれ、上流側のゲートは閉じられる。これによってゲート内の水位が運河下流の水位と等しくなり、船舶はゲート内に進むことが出来る。船舶がゲート内側に入った後、下流側のゲートも閉じられて、両ゲートを閉ざした閘門式ゲートの内部の水位が調整される。この水位が運河上流側の水位と等しくなった時点で、上流側のゲートのみが開かれ、船舶は上流に向けてゲートを通過できるのである。船舶が運河を下る場合はこれとは全く逆の操作が行われる。

測量技師に昇進

青山はジャングルでの測量生活から大西洋側(カリブ海側)の港湾建設現場クリストバル工区に移り、月給125ドルの測量技師になった。この時代に、青山とアメリカ人技師が昇進した。ICCの評価によると、青山は「優秀な測量技師」であり、アメリカ人技師は「まずまずの仕事ぶり」であるが、二人とも同時に昇進・昇給した。月給150ドルとなる。外国人技術者では異例の昇給といえる。この頃、白人のアメリカ人青年技師(ゴールド組)、ラッセル・チャットフィールドらと親しくなる。青山とチャットフィールドは、フィーストネームで呼び合う仲となり、青山帰国後も手紙を交わしあう。

孤独が青山を襲う時もあった。青山は椰子の生い茂るパナマの宿舎で、故郷の友人(文学者・小山内薫)から書き送られた島崎藤村の詩「椰子の実」を読んだ時、胸にこみ上げるものがあり感慨無量になった。

1.名も知らぬ 遠き島より
  流れ寄る 椰子の実ひとつ
  故郷の岸を はなれて
  汝(なれ)はそも 波に幾月

2.旧(もと)の樹は 生いや茂れる
  枝はなお 影をやなせる
  我もまた 渚を枕
  ひとり身の 浮き寝の旅ぞ
 (中略)
 思いやる 八重の汐々
  いずれの日にか 国にかえらん
  郷愁の歌である。夜ひとり賛美歌を歌うこともあった。

明治39年(1906)6月、パナマ運河の心臓部のひとつガトゥン・ダムの巨大工事が開始される。設計陣が不足となり、測量技師として現場を指揮していた青山は、実力と勤勉な仕事ぶりが評価されて、設計班の一員になる。この人事異動はアメリカ人事委員会(在ワシントン)の委員長の許可が必要であった。パナマ運河には通商上の役割とともに軍事施設の役割もあり、設計という国家機密にかかわることを外国人技術者に担当させるべきかどうか、その可否を決裁の形でうかがったのである。許可の採決は明治43年(1910)4月5日に下された。

青山は大西洋工区の設計部の10人の設計技師のひとりに昇進した。ガトゥン・ダムや同閘門の測量調査と同時に洪水吐(こうずいばき)と閘門の設計を精力的に行った。アメリカ人技師からトランプ、チェス、ビリヤードに誘われることもあったが、青山はこれを断り仕事に打ち込んだ。この頃から、青山の緊急連絡先は、シアトル在住の実弟衡一宅となる。その理由は不明だが、帰国を意識しだしたのかも知れない。青山の月給は175ドルに昇給する。当時1ドルは2円程である。(今日の米価換算で約100万円の高給である)。同僚のアメリカ人技師に比べても遜色のない高水準であり、異例の待遇である。まことに「汗ト涙ヲ以テ獲タ」昇進である。

この間、明治39年3月、日米政府は紳士協定を締結し、翌年2月以降日本からアメリカへの移民を自主規制することになった。同年、運河開削工事現場で相次いで大地滑りが発生し労働者の人命を奪った。青山は明治44年(1911)3月からガトゥン閘門の湖水側の翼壁(よくへき)、下流の中央繋船壁の設計施工を手掛けた。パナマ運河関連資料によれば、当時大西洋工区の設計班には主任設計技師1人の下に9人の設計技師がおり、青山はこのうちの一人だったと思われる。中でもガトゥン村で工事中の給水施設である鉄筋コンクリート製のアグア・クララ濾過プラントは青山の設計施工である。運河中枢部の設計施工は任せられていないことに注目したい。

突然の帰国

明治44年(1911)11月11日、青山はパナマ運河がほぼ80%完成したところで、突然60日間の長期休暇を取って帰国する。その後辞表を送るのである。

パナマ滞在は7年半に及んだ。アメリカ西海岸を中心に反日運動が高まり、その影響はパナマにまで及んだ。パナマ運河工事のような軍事施設建設に日本人技術者が参加するのは難しくなった。「青山はスパイだ」「アメリカ市民権のない者がパナマ運河建設に働くことはできない」などとの嫌がらせもあった。もとより青山はスパイなどではありえない。しかしながら、そこには外国人技術者の限界があった。バア教授や友人のラッセル・チャットフィールドらは、事態を深刻に受け止め「早く戻って来い。アメリカ市民権は取ってやる」と激励した。だが、青山は再びパナマには戻らなかった。辞表は明治45年(1912)1月9日、正式に受理された。青山の青春は終わった。33歳。

辞表はガトゥンにある大西洋工区の主任技師からICC理事長G・W・ゴーザルス大佐に出され受理された。青山の意表受理を伝える公式文書である。

日本人技術者青山士の評価は極めて高く、ゴーザルズ大佐宛ての辞表(上記)に添付されているカバリング・レター(説明書き)には、”His workmanship and conduct have been excellent”と明記されてある。最高の評価である。青山は「世紀の大土木事業」パナマ運河開削にジャングルの現地調査の段階から参加して、アメリカ技術陣から高い評価を受けた。その自信は並々ならぬものがあった。帰国後、日本を代表する土木技師の一人になって行くのである。

負け菊を 独見直す 夕かな

青山が後年自著「ぱなま運河の話」に書き込んだ一茶の句である。運河工事の完成を目前にしながらも、完成を見ずにやむなく帰国した青山の心境を語ったものであろう。パナマ運河は青山帰国の翌年、大正2年(1913)9月25日にほぼ完成して、一部船舶の通行が始まる。パナマの閘門式運河は、二重になったコンクリートの厚壁と水管による流水の移動を利用して船舶を昇降させ通過させる仕組みである。約60kmの運河の中には、大西洋側からガトゥン閘門、ペデロ・ミゲル・閘門、ミラ・フローレス閘門が構えている。運河工事で掘削した土砂量は2億4200立方ヤード、掘削した土砂を工事用貨車に積めば、その列が地球を3周半するという膨大なものである。

アメリカが投じた総工費は3億2500万ドル(当時)の巨額である。第一次世界大戦が勃発した翌年(1915)8月15日パナマ運河開通宣言が正式に出され、アメリカ汽船アンコン号は運河を初めて通過した。当時世界で最大級の船舶であったアメリカ海軍戦艦ペンシルベニアや豪華客船タイタニック号の通過が可能な設計であった。アメリカの国際航路は大幅に縮小された。ニューヨーク・横浜間はスエズ運河経由の航路に比べて3356海里(約6215km)も短縮された。パナマ運河の開通は世界の通商・交通史上、スエズ運河とともに革命的な進歩をもたらした。

昭和42年(1967)のジョンソン政権時代に、アメリカは運河地帯に対する主権を放棄することになった。両国政府は条約を結んで、運河地帯を両国の共同管理のもとに置き、パナマ政府への支払いを増額した。2000年にパナマ政府に全面返還された。

<付録>パナマ運河委員会の公式記録
 <青山人事記録(英文)>
「Following is the service record of Mr.Akira Awoyama with the Isthmian Canal Commission:
Employed as Rodman at $75.00 per month ,June 1,1904.
Promoted to $83.33 per month, March 1,1905.
Promoted to Levelman at $100.00 per month, June 1,1905.
Promoted to $125.00 per month, July 16,1906.
Promoted to Transitman at $150.00 per month,April 1,1907.
Reduced to Levelman at $125.00 per month,November 23,1906.
Promoted to Transitman at $150.00 per month, March 1,1909.
Rating changed to Draftsman at $150.00 per month, March 1,1910.
Promoted to $170.00 per month,September 1,1910.
Resignation accepted to become effective January 9,1912.
His workmanship and conduct have been excellent.」
「<訳>1904年6月1日、月給75ドルで測量員に採用。
 1905年3月1日、月給83.33ドルに昇給。
 1905年6月1日、測量技師補に昇進、月給100ドル。
 1906年7月16日、月給125ドルに昇給。
 1907年4月1日、測量技師に昇格、月給150ドル
 1908年11月23日、測量技師補に降格、月給125ドル。
 1909年3月1日、設計技師に昇格、月給150ドル。
 1910年9月1日、月給175ドルに昇給。
 1912年1月9日、辞表を正式に受理。
 青山の(技術者としての)技術力と仕事ぶりはすばらしいものであった」

唯一人の日本人土木技術者青山士が、年ごとに昇進していった事実がよくわかる。外国人技術者として類まれなことであろう。 

(参考文献:拙書「技師 青山士」鹿島出版会、筑波大学附属図書館資料)

(つづく)