アフリカ中部の国、コンゴ民主共和国で続いている、エボラ出血熱の流行。国境なき医師団(MSF)は関係各所と連携しながら、対応を強化しています。実はこの国でエボラが流行するのは、1976年から数えて9回目...