洪水被害から住民を守ろうと福井県は本年度、基準を超えた増水時だけ稼働する「簡易水位計」を県管理河川に順次設置する。昨年、複数の台風が県内を通過した際、水位計のなかった市街地で避難判断に混乱が生じたため...