28人が犠牲になった1978年の宮城県沖地震から40年となる12日、仙台市と宮城県が、各地で大規模災害を想定した防災訓練を実施した。 仙台市は、市内を走る断層帯を震源とし、マグニチュード7.5、最大震...