インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下インフォコム)は、災害時の情報集約・共有と従業員間のコミュニケーションを強化し、事業継続(BCP)における初動対応の迅速かつ効率的な遂行をサポートする「BCPortal」 (ビーシーポータル)を2014年7月末より販売開始する。

同社は1995年1月に発生した阪神淡路大震災の際に神戸の方々へボランティアとして提供された安否確認システムをベースに、安否確認システム「エマージェンシーコール®」を製品化。利用企業から多くの意見としてあがった「必要な情報をすぐに集めたい・確認したい」「重要な指示を従業員にすみやかに伝えたい」「災害時に様々な情報を整理し、共有化したい」という要望を踏まえ、災害発生時に迅速な意思決定、事業継続をするためには “情報の集約・共有”と“従業員間のコミュニケーション”の強化が重要と考え、新たなサービス「BCPortal」を開発、提供を開始することとした。

「BCPortal」 (ビーシーポータル)は、緊急時や災害時に
・安全確保に必要な防災情報の集約・共有
・従業員への情報伝達とコミュニケーション
・現場のリアルタイム状況の把握
が可能となる、危機管理情報のポータルサービス。月額2万円~とリーズナブルな料金体系で、常に身に着けるスマートデバイスから、場所や時間を選ばずに利用が可能。主な特長は以下の通り。

1.掲示板機能
  会社から従業員に伝えたい情報の共有をスムーズにリアルタイムで行える。
2.防災情報
  地震情報などの自然災害情報を集約・共有する。
3.SNS
  従業員様間のタイムラインによる情報共有や、特定メンバーとのチャットによるコミュニケーションが可能。
4.拠点画像配信
  事務所や支店、工場など、各地の事業拠点の被害状況を画像で確認できる。
5.web会議
  各拠点の災害対策担当者とWeb会議できることで、状況に応じた指示伝達が可能。

これらの機能を活用ことで、企業の災害対策本部のスムーズな初動対応と迅速なコミュニケーションを可能にする。詳細はhttps://www.bcportal.jp/lp/から。

 

【お問合せ】
インフォコム株式会社 サービスビジネス事業本部 サービスビジネス営業部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3450
E-mail:emc-info@infocom.co.jp
URL:https://www.bcportal.jp/lp/