テレネット株式会社

事業継続の命運を握る拠点間の情報収集、連絡手段としてIP無線が注目を集めている。無線機同士の通話や複数の端末に一斉連絡ができる機能をそのままに全国 的な通信網で屋内外や地上地下を問わず利用できる。テレネット株式会社はこのIP無線にGPSを連動させ、エリア別の緊急災害速報を受信できる災害速報付きIP無線機「HAZARD TALK(ハザード・トーク)」を発売した。地震や津波到達時間をカウントダウンで知らせたり、台風・洪水・豪雨などの避難や初動対応をサポートする。

 

災害時の通信手段に何を選べばいいのか──どの企業や団体も頭を悩ませてきた問題だ。非常時の通信に求めるのは高い信頼性と優れた機能性、そして低コストのシステムだが、この条件を満たす数少ないシステムとして注目されているのが、IP無線機だ。「建物や雨の影響も受ける衛星携帯の室内利用は実用的ではない。MCA無線もエリアが狭く、地下やトンネル内は特に弱く室内利用も厳しいケースが多い。アンテナや特別な装置などを必要とせず、全国的なネットワークで初期導入コストが抑えられるのがIP無線の利点だ」とテレネット株式会社代表取締役社長の青山貴子氏は語る。 

緊急災害速報サービス付きIP無線機「HAZARD TALK(ハザード・トーク)」が通信に使うのは「docomo」が提供するデータ通信網で、通信エリアは通話と同一。全国各地で確実につながり、現在で も地下施設など利用エリアは拡大中だ。青山氏は「発災時に制限を受けやすい音声通信ではなく、データ専用の通信網を使うことで制限の可能性を最小限にとどめた」と説明する。 

各拠点への指示には一斉連絡や強制割込機能が使え、エリア別や事業部別など無線機のグループ化もできる。「全通話録 音がされ、聞き直しが簡単にできる事も慌ただしい災害時には必要なこと。また、通話時間に制限がなく、途切れのない連絡もメリットの1つだが、外線への発着信やテザリング機能も評価頂いている」(青山氏)。 

さらに事業継続の上でHAZARD TALKの有用性を際立たせているのが緊急災害速報サービス「DEWS(デュース)」の機能。気象庁が発表する高度利用者向けの緊急地震速報をもとに全国 を縦横に細分化したGPSの位置情報から「現在地」に発せられた警報を知らせる。これはテレネットが新たに自社開発したシステムだ。全国各地の事業所に配 備すれば、設定なしに災害速報を受信でき、地震や津波到達時間をカウントダウンで知らせるため、素早い避難や防御行動だけでなく機材や設備の保護にも先手 を打てる。今後は自然災害や武力攻撃を知らせるJアラートや自治体の避難勧告や避難所情報を提供するLアラートの配信も予定している。



DEWS 機能のついたHAZARD TALKは発災時の通信確保と的確な初動を導くツール。青山氏は「これまでに利用できた高度利用者向けの緊急災害速報は、事前に登録した地点の速報のみを配信していた。登録せずにGPSに連動して追尾する移動端末向けのサービスは日本初。導入コストを抑えつつ防災対策を向上させた、『つながる無線』として 是非、拠点に1台利用してもらいたい。デモ機を貸し出すので皆様にご確認頂きたい」と話す。

 

製品に関する問い合わせ
テレネット株式会社/TEL.0120-266-860