米粉100%使用の非常食クッキー

 

 

亀田製菓グループの尾西食品株式会社が2015年10月27日に販売を開始した非常食クッキー「尾西のライスクッキー」は、アレルギー物質(特定原材料等)27品目を使用せず、食の安全に徹底して配慮している。

通常、クッキーの材料として最も用いられる「小麦・乳・卵」を使用せず、主原料には米粉を100%使用した。特定原材料等27品目とは、アレルギー物質のとして表示義務のある特定原材料7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、甲殻類(えび・かに))と、特定原材料に準ずる20品目の計27品目をいう。

安心の上、おいしさへのこだわりもある。

これまでの非常用のクッキーは硬いものが多いため、同社は老舗洋菓子店の株式会社美松(新潟県長岡市)のクッキー製法を取り入れ、口どけのよいサクサクした食感になるように新潟県産米粉とココナッツなどを使用し、子どもから高齢者まで食べやすいクッキーを作り上げることに成功した。親会社の亀田製菓は、米どころ新潟県の企業であることも安全な原料にこだわることができる理由の1つだ。

また長期保存の視点として、製品劣化の要因である光・酸素・湿度から守るためアルミ蒸着袋と脱酸素剤を使用し、5年保存と常温での備蓄を可能にしている。

尾西食品は、従来よりノンアレルギー製品への取り組みを続けており、定期的に製品のアレルギー物質検査を実施することで衛生面やアレルゲン対応への管理体制を徹底してきた。包装作業は完全に隔離された専用作業場のクリーンブースでノンアレルギー製品専用の包装機で行うためアレルギー物質の混入の恐れは極めて小さいという。

これにより、安全な備蓄食を提供し続ける尾西食品のラインナップに、災害時にも安心して食べられるおいしい非常食クッキーが新たに加わった(8枚入(48g)/箱)。

(了)