熊本地震の仮設住宅で暮らす被災者が、保証人がいないことを理由に民間賃貸住宅に入居できない事例が相次ぎ、県は今夏から民間企業による定期訪問を通じた支援制度を始める。孤独死や家賃滞納といった貸主側の不安を...