扱いやすく保管が簡単

 

 

本田技研工業株式会社(HONDA)が開発した発電機「エネポ」は、鍋や焼き肉をするときに使う卓上カセットこんろ用のカセットボンベで動く。専用の容器が必要なガソリンと違い、持ち運びやすく、手軽に扱うことができる。一般的なカセットボンベのため、自宅での保管も楽だ。ちなみに、ガスボンベ内部のブタンガスは変質しないため使用期限はないという。メーカーでは「古い容器を使用する場合はサビの有無を確認し、サビが発生している場合はその部分からガス漏れがないことを確認してなるべく早く使い切ってほしい」としている。

燃料をセットするには、カセットボンベをガイドに沿って2本差し込み、レバーを押さえて固定するだけ。初めての人や機械が苦手な人も手軽に、安心して使うことができる。また、凹凸が少ない縦型のスリムなデザインのため、余計な場所を取らず収納することができる。車載時には横倒しで置くことも可能だ。

また「エコスロットル」をONにしておけば、それほど消費電力が大きくない機器を使うとき、ガスを余分に使うことなく必要な分だけ電気を作れる。発電量は1台で900VAで、二台連結も可能。連続運転時間は最大約2.2時間。価格は11万円(税抜き)。

 

問い合わせ先:Honda発電機 取扱店
http://shopsearch.honda.co.jp/power/area/cat_generator/op_shopping/