福岡県内ではしかの感染者が相次いでいた問題で、県は5日、6月4日に最後の患者が発生してから新たな患者が出ておらず、患者と接触した人の経過観察期間も目安の4週間を経過したことから、はしかの感染拡大が終息...