海外で新型インフルエンザが発生、流行した場合に備え、成田空港で15日と27日、情報伝達訓練と機内検疫訓練が行われた(成田空港検疫所プレスリリース)。

 

■目的
(1)情報伝達訓練
新型インフルエンザ等の検疫感染症を疑う有症者の情報等を入手した際に、成田国際空港保健衛生協議会と検疫所の情報伝達が正確かつ迅速に機能するかを確認することを目的とする。
(2)機内検疫訓練
機内検疫から患者・検体搬送及び消毒措置までの検疫対応について、検疫所職員を中心に成田国際空港保健衛生協議会構成機関等職員も乗客等として参加し、検疫所職員の機内検疫対応等の熟練度の向上を図るとともに、検疫所と協議会構成機関相互の連携の強化を図ることを目的とする。

■実施日時:
(1)情報伝達訓練平成24年11月15日(木)※保健衛生協議会構成機関との連絡のみ
(2)機内検疫訓練平成24年11月27日(火)13:30~16:30

■実施場所:
(1)情報伝達訓練成田空港検疫所検疫課事務室
(2)機内検疫訓練成田国際空港株式会社本社ビル1階S1~S4会議室

■災害想定:
(1)鳥インフルエンザ(H5N1)が変異し、ヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザの発生事例がX国を中心に東南アジアの各地で頻発
(2)WHOは新型インフルエンザに対するフェーズ4を宣言
(3)我が国では、新型インフルエンザの国内侵入阻止、国内蔓延防止のため、政府が新型インフルエンザ対策本部を設置
(4)厚生労働省からは「新型インフルエンザ対策行動計画」に基づき、検疫強化、検疫空港の集約化が指示
(5)成田空港検疫所においても、新型インフルエンザ対策本部が設置され、検疫対応を強化
(6)成田空港検疫所では、X国から到着する航空機に対しては全便「機内検疫」実施
(7)機内検疫を行っていた航空機から新型インフルエンザ感染が疑われる乗客を発見

■訓練項目:
(1)情報伝達訓練
新型インフルエンザの流行を受けて、検疫を強化する旨の訓練用文書を検疫所から成田国際空港保健衛生協議会構成機関に対しFAXにより一斉送信し、受信時刻を記入のうえ、検疫所に返信する。
(2)機内検疫訓練
機内検疫実施中に、新型インフルエンザを疑う有症者が発見されたとの想定で、機内での有症者の診察、検体採取、同行者確認、健康監視対象者の確認等の一連の検疫手続き、その後の有症者の搬送、検体検査、航空機等の消毒及び関係機関への連絡を、今回は、NAAの会議室を航空機内に見立てて、機内検疫を中心に実施する。

 ■訓練参加者:44機関、参加人員は117名、報道機関 12社23名(事前申込み)