神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地で11日、日米合同の原子力防災訓練「平成24年度 横須賀市の原子力空母に係る日米合同訓練~市民の安全と安心の観点から~」が行われた。

 

■実施日時:平成24年12月11日(火)

■災害想定:三浦半島断層群を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生した(震度6強・市内全域停電・津波なし)

■訓練項目:

①情報伝達・共有:大規模災害発生時においても、横須賀市と米海軍、関係機関との密接な連携
②広報:市民が必要とする情報の適確な発信
③基地内従業員の避難:基地内の倒壊建物から仮設避難所への避難、連邦消防隊による倒壊建物からの救出
④基地内負傷者対応:救急対応チームによるトリアージ(建物倒壊に伴う負傷)、重症患者の基地外病院への受け入れ調整
⑤モニタリング:文部科学省モニタリングチームによる環境モニタリングの実施(横須賀港、基地内モニタリングポスト)

 ■訓練参加機関:日本側:横須賀市、政府機関(外務省、内閣府、文部科学省、防衛省、海上自衛隊、海上保安庁)、神奈川県、神奈川県警察、横須賀共済病院
米国側:米海軍、米国大使館

 

※ 本記事は、以下のサイトの情報をもとにまとめたものです。

http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2005/nagekomi/documents/kunnrengaiyou.pdf