三井住友がリース業界初の融資契約

 

株式会社三井住友銀行は、NECキャピタルソリューション株式会社に対し、「SMBC事業継続評価融資」による融資契約を締結したと発表した。

「SMBC事業継続評価融資」は、株式会社インターリスク総研と共同で開発した独自の評価基準に基づき、企業の事業継続計画(BCP)および事業継続マネジメントシステム(BCMS)の構築・運用状況を評価し、評価結果に応じた融資条件の設定を行うとともに、事業継続における今後の改善余地について、株式会社インターリスク総研が支援を行うというもの。

今回対象となったNECキャピタルソリューション株式会社の事業継続への取組みに対する評価では、①取引先等のステークホルダーのニーズや自社の事業ポジション等を把握した上で、事業継続取組みを推進している点、②経営層が事業継続の取組みに積極的に関与し、初動対応対策の充実化、事業継続上の課題の解決等の取組みを推進している点、③組織面においては、社長を委員長とするリスクマネジメント委員会、全社的なリスクマネジメントを推進する経営企画部リスクマネジメント室等の全社的かつ統合的な体制整備が行われている点などが高く評価された。

三井住友銀行では、「SMBC事業継続評価融資」により、有事における企業の事業継続対応のための体制構築を支援するとともに、企業のリスク管理の取組みを金融の立場から支援することで、持続可能な社会の実現に貢献していきたいとしている。