事業継続マネジメントへの取り組み加速

 

事業継続マネジメントシステムの国際規格であるISO22301が2012年5月に発行されてから、国内でのこれまでの認証取得組織は12社になった(2012年12月24日現在。※登録件数は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会JIPDEC認定のもの。12社のほか、NTTコミュニケーションズ、株式会社フォーラムエイトがISO22301を認証取得したと発表している)。

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)では、2010年からBCMSへの組織の取り組みについて、その適合性を判断する認定制度を開始。当初、認定基準として英国のBCMS規格「BS25999-2」を採用していたが、ISOが発行されたことに伴い、認定基準をISO規格に移行することを発表したこともあり、既にBS25999-2を認証取得した企業のISOへの移行が進むとともに、新規でのISO22301の認証取得を目指す動きも出始めている。

現在、ISO22310の認証を取得している企業は、アイソ・ラボ株式会社(福岡県)、アルファーテック株式会社(東京都)、株式会社インターネットプライバシー研究所(東京都)、AZエレクトロニックマテリアルズグループ(静岡県)、大塚製薬株式会社(東京都)、株式会社河本総合防災(対象事業所は非公開※JIPDEC未登録)、株式会社キューデンインフォコム(対象事業所は非公開)、株式会社サン・パートナーズ(東京都)、株式会社大宣(大阪府)、株式会社ディスコ(東京都)、日本コーンスターチ株式会社(愛知県)、富士通株式会社(インフラサービスグループ)(神奈川県)。現時点では、大企業、コンサルティング会社、ITなどシステム開発会社の認証取得が目立つ。

JIPDECによるBCMSの認証取得組織は以下の通り(★がISO22301認証取得組織)。

一般財団法人日本情報経済社会推進協会資料もとに作成

 

各組織の登録範囲などは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会のホームページで閲覧できる。

http://www.isms.jipdec.or.jp/bcms.html