印刷業界で初の取得

 

情報管理ソリューションのトッパンフォームズグループは、2013年1月16日付で、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格ISO22301:2012を取得したと発表した。審査機関はSGSジャパン。印刷業界では初の取得となり、国内での認証取得は15社目となる。

トッパンフォームズグループでは3年前にBCMSの英国規格であるBS25999-2を新規取得し、継続したPDCA活動と対象事業及び事業所の拡大に継続的に取り組み、得意先の要望に対応してきた。今回のISO22301への移行にも早くから取り組み、今回、トッパンフォームズの2事業所と北海道トッパン・フォームズ株式会社の北海道工場、トッパン・フォームズ東海株式会社の名古屋工場を加えた全国19サイトで新たにISO22301認証を取得した。

同社は、主要事業であるデータ・プリント・サービス(DPS)事業およびデジタルプリント・オン・デマンド(DOD)事業などを対象範囲とし、本認証取得を通じて適切な事業継続マネジメントシステムを実践していくとしている。