SCSK BCP支援でサービス強化

 

SCSK株式会社(東京都江東区)は、同社が運営する東京と大阪の4地区のデータセンター(netXDC:ネットエックス・データセンター)が、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格である「ISO22301:2012」の認証を、2月28日で取得したと発表した。認証機関はに一般財団法人日本科学技術連盟。

SCSKでは、2012年4月には西日本(千里)地区にBCP支援データセンター(netXDC大阪第1センター)を開設。BCP支援ならびにクラウドサービス基盤の強化の観点から、データセンター設備の拡充を継続的に進めている。

対象となったデータセンターは、東日本地区がnetXDC東京第1センター、netXDC東京第2センター、netXDC東京第3センター、西日本地区はnetXDC大阪第1センター。

認証登録範囲はファシリティーサービスとした。

同社は、netXDCを含め、東日本地区と西日本地区の計10ヶ所のデータセンターを展開している。複数のデータセンターが、広域ネットワークで接続されており、仮想的に1つのデータセンターとして機能するよう、統合的な運用を実現している。

一般財団法人日本科学技術連盟情報セキュリティ審査室長の村上治氏は「今回対象となったデータセンターにおける事業継続活動は、ITインフラの重要性から非常に有効な取組みだと思われる。今後も、継続的な事業継続活動を通し、事業継続性の向上に努めることを期待する」とコメントしている。