災害時の万全なITシステム継続サポートの提供目指す

 

株式会社ビーティス(本社:東京都中央区)は、2013年4月8日付で、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格「ISO22301:2012」の認証を取得したと発表した。認証機関はビューローベリタスジャパン株式会社。

同社は顧客向けのBCP(事業継続計画)の構築から運用、保守までを幅広くサポートする企業。特にセキュリティとバックアップに力を入れており、災害発生時やシステム障害等発生時のデータ保護、事業継続サポートサービスを提供している。緊急時にはバックアップに切り替えてITシステムを途絶えさせない体制を整え、契約者は災害時に確実に同社のITシステム継続のためのサポートが受けられるという。

今回取得したISO22301の適用範囲は、24時間365日対応のHADR(High Availability Disaster Recovery)製品の技術保守サービス。認証の対象事業所は東京、大阪、札幌の3事業所。

ビーティスによると、24時間365日対応の技術保守サービスの品質を向上し、有事の際も途絶えないITシステム環境を提供するために、災害時においてもできる限りの準備をしてサポートできるようISO22301の規格を取得したという。

今後も同社は、事業継続力の向上を目的にBCMSの改善に努めていくとしている。