自治体・協力会社とともに災害対策用機械操作訓練を実施

 

国土交通省東京国道事務所、相武国道事務所、荒川下流河川事務所では災害対策用機器を配備しており、災害発生時に迅速な復旧活動を行うため、荒川ロックゲートにおいて機器の操作訓練をしたと発表した。

■実施日時:平成25年6月18日(火) 13:00~17:00

■目的:災害発生時に迅速な復旧活動を行うため

■実施場所:荒川ロックゲート(東京都江戸川区小松川1丁目地先)

■災害対策用機器の設置(設営)及び操作演習
①対策本部車(拡幅型)
②待機支援車
③排水ポンプ車
④照明車
⑤衛星通信車
⑥衛星小型画像伝搬装置(Ku-SAT)

■訓練参加者:国土交通省職員、災害時協定会社(※1)社員、関係自治体職員  総勢146人

※1:各事務所と「災害応急対策業務に関する協定」を締結している会社。

訓練には、災害発生時における自治体との円滑な支援や連携を図るため、関係自治体の職員も参加。東日本大震災の直轄管理施設の災害復旧や地方自治体の要請に基づき災害対策用機器による応援を行っており、今後も首都直下地震などの災害発生時には直轄管理施設の災害復旧とともに地方自治体への支援活動を行うとした。

 

※ 本記事は、以下のサイトの情報をもとにまとめたものです。
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/02kisya/pdf/20130614001.pdf