成田空港は本年度の防災週間(8月30日~9月5日)にあわせ、防災訓練を実施したと発表した。訓練開始直前にターミナルビルに緊急地震速報を放送。初動確認や利用者の避難誘導、安否確認システムを用いたグループ会社社員の安否確認などを行い、約1800人が参加した(成田空港プレスリリース)。

 

■実施日時:平成25年8月30日(金)  14:00~16:00

■災害想定:成田直下地震マグニチュード 6.9(成田空港:震度 6 強 千葉港頭:震度 6 強)の地震が平日 14:00 に発生し、重軽傷者数十名、非構造部材の破損・落下等やエレベータ等設備の機能停止

■訓練内容:

(1)避難誘導訓練等
 ①第 1 旅客ターミナルビル
  ・一般エリア 館内各所から P1 駐車場への避難誘導訓練
  ・制限エリア 館内各所からバスゲートへの避難誘導訓練
 ②第 2 旅客ターミナルビル
  ・一般エリア 館内各所から立体駐車場ビル中央広場、P3 駐車場への避難誘導訓練
  ・制限エリア 館内各所からバスゲートへの避難誘導訓練
  ※①、②の一般エリアにおいては、デジタルサイネージ(日・英・中・韓の 4 ヶ国語)による情報提供
 ③空港管理ビル、NAA 本社ビル

(2)当社緊急対策本部の設置運営及び情報収集・発信訓練(NAA 情報通信センタービル)

(3)当社東京事務所、千葉港頭事務所へのITV映像配信訓練、緊急対策本部とのWEB会議を実施

(4)各施設の設備停止等発生時の初動対応訓練

(5)安否報告書、安否確認システムを用いた当社及び当社グループ会社社員の安否確認訓練

■訓練参加者:成田空港、グループ会社および空港内事業者(約250社、1800人)