西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区では避難所で過ごさず、被災した自宅で暮らす「在宅避難者」が少なくない。住み慣れた自宅への愛着や防犯面への懸念が背景にある一方、行政の情報が得にくい“情報弱...