品質、環境、情報との統合運用も視野に

 

雷防護機器などの開発・製造メーカーである株式会社日辰電機製作所 (本社:埼玉県入間市)は、8月28日付けで事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際標準規格であるISO22301を認証取得したと発表した。認証機関はSGSジャパン。認証範囲は、同社本社、蓼科事業所、東京事務所(営業本部)で、規格の適用範囲はNTT納入物品の製造(通信用保護装置)。

同社BCMS管理責任者の小出年昭氏は、「BCMSの構築時には、社内外の様々な情報を入手・集約することができ、気づかなかったリスクや機会を発見することができた。社員一人ひとりに役割を持たせることにより、事業継続への共通認識を持つことができた。今後も演習を充実させ、社員一人ひとりの認識をさらに高めてまいりたい」とSGSのインタビューに答えている。

同社は、品質マネジメントシステム(ISO9001)、環境マネジメントシステム(ISO14001)、 情報セキュリティマネジメントシステム(ISO27001)を運用しており、今後は、これら3システムとの統合運用も視野に入れるとしている。