企業調査で初の1位

 

リスクマネジメントなどの調査・研究を行うトーマツ企業リスク研究所は1月8日、2013年版「企業のリスクマネジメントに関する調査結果」を公表した。企業が優先すべきリスクとして「海外拠点の運営にかかるリスク」がはじめて1位(29%)となった。2011、2012年と1位であった「地震・風水害など、災害対応の不備」は3位(26%)と一定の落ち着きをみせた。

調査は2013年5月~10月に行われ、主に企業のリスク管理部門、コンプライアンス部門、内部監査部門の担当者が参加したセミナーでアンケートを実施。223社から得た回答を分析した。2002年から始まったこの調査は今回で12回目となる。

調査結果によると、リスク評価を実施している企業は87%と2年ぶりに増加。リスクマネジメント体制の整備状況は「現状維持」が79%とほぼ横ばいだったものの、18%が「拡大した」と答えた(図2-2)。しかし、リスクマネジメント体制の構築状況をみると「適切に構築されている」が8%減少し56%、「適切に構築されているとはいえない」は10%の増加をみせ44%となった(図2-3)。その理由として、企業の求めるリスクマネジメント水準の上昇を挙げている。

「海外拠点の運営にかかるリスク」が優先すべきリスクで29%とはじめて1位となった(表1)。海外の拠点をリスクマネジメント対象にしている企業に注視すると、「適切に構築されている」は27%で「適切に構築されているとはいえない」が69%を占めたことから(図3-2)、海外拠点に対する高い問題意識が明らかになった。前出のリスクマネジメント体制の構築状況(図2-3)で「適切に構築されているとはいえない」が10%増加したため、多くの企業が海外拠点をリスクマネジメントを対象としている一方で、体制の構築が伴っていない構図が浮かび上がった。また、企業の規模に関わらず「子会社ガバナンスに係るリスク」の上昇も目立つことから(表1)、同研究所では、事業拡大により増加する拠点でのリスクマネジメントがますます重要になってきたと分析している。

リスク評価を実施している企業では「内部監査」単独ではなく、「自部門による自己チェック」や「リスク管理の主管部門によるモニタリング」を組み合わせて実施する割合が増えている(図5-2)。企業がリスクマネジメントのモニタリングを高度化し、体制を充実させる傾向にある。ITを導入している約3割の企業では、68%がリスク情報収集の効率化が得られ(図7-2)、リスクマネジメント体制を「適切に構築されている」と答える割合が大きくなり(図7-1)、ITが体制整備の一助となっている。

また、リスクマネジメント障害として「社内意識の低さ」「専門知識の不足」「社内コミュニケーション」と回答した企業が増加(図8-1)。同研究所では、リスクマネジメントの重要性に対する認識の高まりや、海外進出に伴うリスクマネジメントの広域化により、目指すべき体制とのギャップが認識されているのではと推定している。

 

※ 図、表の出典:トーマツ企業リスク研究所・企業のリスクマネジメント調査(2013)より
http://www.tohmatsu.com/assets/Dcom-Japan/Local%20Assets/Documents/Press/Release/jp_p_press20140108_report_080114.pdf