本社、相馬工場の潤滑油添加剤の製造

 

株式会社ADEKA(代表取締役社長 郡 昭夫)は、2013年 11月29日付で事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格 ISO22301:2012の認証を取得したと発表した。

認証の対象範囲は同社本社および福島県相馬工場における潤滑油添加剤の製造。認証機関はSGSジャパン。

同社は2009年4月に事業継続マネジメント(BCM)の取り組みを開始。リスク評価、事業継続計画(BCP)の策定等を行い、2010年3月に英国規格 BS25999-2:2007 の認証を取得している。

同社によると、「相馬工場は、東日本大震災で津波による重大な被害を受けたが、BCM による体制構築によってお客様へ製品供給責任を果たすことができたとともに、早期復旧を実現することができた。今後も BCM のレベルアップを図るべく、リスク対策を講じるとともに継続的な改善活動を行い、お客様にご満足いただける製品をお届けするため、さらなる努力をしてまいりたい」と話している。