西日本豪雨で浸水被害を受けた倉敷市真備町地区は多くの人が自宅などに取り残され、51人が亡くなったが、被災した愛媛県大洲市の三善(みよし)地区では犠牲者がいなかった。決め手の一つが「災害・避難カード」。...