国土地理院地図に対応したJ-SHIS Mapなど公開

 

独立行政法人防災科学技術研究所(理事長:岡田義光)は6月30日、地震ハザードステーション「J-SHIS」(http://www.j-shis.bosai.go.jp/)に新機能を追加した。J-SHISは、防科技研が地震ハザードの共通情報基盤として防災関係者が広く活用できることを目指して開発したウェブサイトで、今度のバージョンアップでは背景地図として国土地理院のデータを取り込むなど、機能を高度化した。新しく追加した機能は以下の3つ。

 

1.ベースマップに国土地理院地図を追加
J-SHIS Mapの背景地図として、国土地理院の地理院地図を追加した。従来のGoogle Mapなどもレイヤー切り替え機能で利用できる。

写真を拡大図1 地理院地図上に表示されたJ-SHIS地図(確率論的地震動予測地図2013年モデル1)

 

写真を拡大図2 縮尺の表示

 

 2.3つのAPI(*1)を新規に公開
J-SHIS Web APIより、地震活動モデル情報提供API、長期間平均ハザード情報提供API、地すべり地形情報提供APIを新規に公開した。例えば地震活動モデル情報提供API(http://www.j-shis.bosai.go.jp/api-pshm-fltinfo)は、J-SHISから公開している様々な種類の地震活動(震源断層)モデルに関し、マグニチュードや平均発生間隔等のデータを取得できるAPI。

開発者向けに、APIのレスポンスを確認しつつリクエストの生成を行えるURLビルダー(*2)(http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/api-builder/)も同時に公開した。

 

*1 API…アプリケーション・プログラミング・インタフェース。J-SHIS Web APIではプログラムからJ-SHISの情報を簡単に利用できるようにするため、利用者と提供者間でのやりとりの取り決めを行い、それに従ったデータを提供する。

*2 URLビルダー…APIをプログラムに組み込むにあたり、出力を求めたい条件を指定(リクエスト)することで、戻り値として対応するJ-SHISの情報(レスポンス)が正しいかどうか事前に確認することを可能にした、URLの生成機能。

写真を拡大図3 地震活動モデル情報提供API(ドキュメントページ)

 

写真を拡大図4 地震ハザード情報提供API URLビルダー

3.スマートフォン向けJ-SHISアプリのアップデート
J-SHISアプリ(iOS版)の改修を行い、新しい地図などを追加。地震ハザードカルテのスマホ表示が手軽に利用できるようにした。追加した機能は以下の通り。
・iOS 7に対応。
・2013年版の全国地震動予測地図に対応。
・長期間平均ハザード地図が表示可能になった。
・地点情報から地震ハザードカルテが表示可能になった。
 (J-SHISアプリ(iOS)は2013年版のモデル1を表示している)

 

写真を拡大図5 地震ハザードカルテのスマホ表示

図5 地震ハザードカルテのスマホ表示